日本共産党・民青同盟悪魔の辞典+ キンピー問題笑える査問録音公開中

日本共産党や民青同盟、またやりよった……ぼやきのブログ キンピー問題サイトアドレスはこちら

2006年03月

(日本共産党研究)2006士別市議選・党費返還の黒幕

クニチュウ・国忠崇史党費返還は、士別共産党の仕業ではないことが判明。

昨年12月19日。北海道委員会副委員長がわかもの社・国忠崇史に党籍がない&党費返還を言ってきた模様。これにより党費返還が、少なくとも道委員会、ないしは党中央委員会の意思によって行われたことがほぼ確定した。

理由は、国忠崇史が東京から北海道に住まいを移した時も転籍に不備があったと言うもの。2001年にクニチュウは除籍されていたが、北海道委員会&士別市委員会は気づかずにいたという。

これは明白なウソである。日本共産党の党規約を見てみよう。

第十一条 党組織は、第四条に定める党員の資格を明白に失った党員、あるいはいちじるしく反社会的な行為によって、党への信頼をそこなっ た党員は、慎重に調査、審査のうえ、除籍することができる。除籍にあたっては、本人と協議する。党組織の努力にもかかわらず協議が不可能な場合は、おこな わなくてもよい。除籍は、一級上の指導機関の承認をうける。
続きを読む

(きょうの赤旗)防衛庁一日10万円のどこが癒着?

防衛庁が軍需産業からの労務借り上げに一人一日十万円払っているのが高い・癒着だとする記事。

ちょっと計算してみよう。
たとえば、社員に年間500万の給料を払うとすると、ここであげられているような大企業の福利厚生などを含めた社員一人当たりコストはだいたい1000万円になる。これを労働分配率35%で経営を維持していこうとすると、売上は2850万円必要だ。

労働時間を1800時間とすると時間あたり一万五千円の売上がなければいけない。すると一日8時間拘束して10万払うのは、それほどおかしな数値とはいえない。

日本共産党の、専従一人当たりコストを基準に考えてはいけません。

(きょうの赤旗)自民党なら冤罪事件の被害者ほったらかし?

日歯連事件で在宅起訴された村岡兼造元官房長官無罪のニュース。村岡氏の裁判のニュースなので、当然どこでも「村岡無罪」を最初に持ってくる。

しんぶん赤旗は、記事としては大きいのだが、村岡氏についてほとんど触れず、一面でもサブタイトルと本文でちょこっと触れるのみ。15面の村岡氏の言葉は付け足しのようである。

加えて、この判決は、検察の捜査手法が強引で不適切であったことを示すものでもあるのだが、佐々木憲昭くんはそんなことは全く気にしてない。検察は控訴するようだが、当然冤罪事件の可能性にも全く触れない。

(GoGo宮本たけし)そりゃカルト放浪者だって!

たけし先生は大阪狭山市の日本共産党女性後援会でお話をされてきたようでつ。そこでなかなか面白い経験もされたようでつ。

 大変な盛り上がりで、終わった後の質疑応答でも、次々とご発言が、中には「私、創価学会員だったんですけど、やめて日本共産党に入党させていただきまし た」っていう人もおられて、「どうやったら創価学会にだまされている人の目を覚まさせることができるか」っていう質問も飛び出して…とっても、おもしろ かったですよ。「来年の選挙での躍進めざして、みなさん日本共産党に入党して下さいね」っていうメッセージを残して、大阪狭山市を後にしました。

先生、その人はカルト放浪者でつよ。もともと創価学会員だったのに目覚めた人が、普通創価学会のだましかたが、わからないはずがないじゃないですか!

わからないのは、たぶん自我が確立できない特殊な能力をお持ちの方だからでつ。カルトに走りやすいとも言えまつが、才能がうまく開花すれば大作家にもなりかねない人でつ。作家の才能って、「何かが欠落している」ことだと言ったのは誰でしたっけ?

続きを読む

(きょうの赤旗)自分たちの秘密はそのまでつか?

政府とアメリカが結ぼうとする軍事情報保護一般協定の記事。類似の協定が40もあるらしいが、もう一つ増えるらしい。

ま、それはともかく軍事機密を守ろうとするのは世界中どこでもやっていることだ。そいつを批判する前にやることはないのか?

民青系全学連の財務情報は昔から大会時に予算案が出席者に配られて、決議が済むと回収される。加盟自治会の者が内容を知りたいとしても、大会出席者の記憶から引き出すしかない。公式文書としては出てこないからだ。

全学連の、こういう秘密体質はどうにかならんのかね?

(GoGo宮本たけし)やっと覚えたHTMLリンク

先生の再選を目指す宮本たけしプロジェクトチームの成果が、続々と現れておりまつ。HPの写真が変ったのにつづき、要請していたメールマガジンのバックナンバーも公開されました。

それも素晴らしいことに、当blogが再三要請してきたHTMLリンクもされるようになりました。やはり要請はしてみるものでつね。

それでは、さっそく以前先生にメールを出したPちゃん(リンク先最後のコメント)が問題にしていた先生のメルマガの内容を見てみましょう。

この問題は、やり出すと長くなるので、一発だけやっときましょう。
続きを読む

(日本共産党研究)2006士別市議選・志位委員長への質問状

士別に流布しているクニチュウ「隠れ共産党」論に対抗するため、わかもの社・国忠崇史氏が日本共産党志位和夫委員長に質問書を送付した。郵送手段は内容証明郵便で、既に志位委員長に届いている模様。

クニチュウ側としては、自分の党籍はなくとも家族の党籍は残っており、しかも家族が自分の選挙葛藤を手伝うものだから、隠れ党員説がなかなか消えない危機感があったようだ。

たぶん、まともな返答は帰ってこないと思われるが、党の対応が注目される。

内容は以下の通り

続きを読む

(用語解説)コンピューター

1,電子計算機のこと。基本原理は19世紀にバベジが作ったが、実用となるのは戦中戦後、リレーや真空管によってデジタル技術が使われるようになってからである。

一般には長くただの大量計算機としてみられていたが、終戦直後にはブッシュが人間の能力を拡張する機械としてコンピューターを提起し、その論文を見ていた当時一兵卒のエンゲルバードが1968年にNLS会場で行った伝説のプレゼンテーションで脚光を浴びる。そして、そのプレゼンテーションを目撃したケイによって作られたパーソナルコンピューターの試作機AltoがMacやWindowsの源流となったのはあまりにも有名である。

2.日本共産党の衰退に拍車をかける道具のこと。人間の能力はコンピューターによって拡張されるが、その方向性はユーザーに依存する。生産的な方向にユーザーが向いているなら、コンピューターは生産性を拡張する。逆に生産性を落とす方向性をもつユーザーが使えば、ますます速く生産性を落とすことになるからである。


(用語解説)JRグループ

1.旧国鉄が分割民営化されて発足した鉄道会社のグループ。

2.客からの要望に対して「ご理解下さい」という返事しかしない会社のグループ。

3.客がシステムの不手際を指摘しても(例えばややこしい切符の購入を緑の窓口でお願いしたとき、エライ人の許可が要ると言って、エライ人を緑の窓口に来させず、窓口のオペレーターを何度も小間使いとして行ったり来たりさせるということがあった)、システムの問題と認識せずに、窓口のオペレーターの個人責任として認識するような会社のグループ。

4.選挙で負けても「国民に理解されなかった」とか「下部党員の頑張りが足りなかった」と言う総括で済ませられる、幹部にとって生ぬるい政党を思い出させてくれる会社のグループ。

(きょうの赤旗)パイロットの給料は無視でつか?

航空会社が人員削減を進めたことが空の安全を脅かしていると指摘する記事。

まぁ、確かにそういう側面はないとは言えないだろうなぁ。でも人員削減の前に賃下げやワークシェアリングの発想ができないのも問題ではあるなぁ。

日本の民間旅客機パイロットの給料のばか高さは、これまで何度も指摘されてきたし、批判も多い。でもなぜやらないかというと組合が強いからなんだよね。

パイロットの給料をもう少し下げれば、整備担当者の数の確保はかなりやれるのではないかと思うが、組合は批判しないんですよね、小林みえこたん

(用語解説)炎上

1.一般に火がついた、大きなものの状態。城や山などが燃えた時に使われることが多い。

2.不用意な投稿をblogに掲載したら、反対意見のコメントやトラックバックが大量に投稿される状態のこと。共産党では、くまがい桂子夕張市議の個人情報漏えい事件が有名である。

3刺激的にしているはずなのだが、なぜか当blogとは縁のない状態のこと。一度や二度は炎上しないと一人前のプロガーではないと「Windowsを使っているのが馬鹿なだけ」みたいな挑発をしているのに、なかなか燃えてくれないねぇ……炎上を期待しているのが、ばれてるらしい((((((^^;


(日本共産党研究)2006士別市議選・クニチュウパンフの変遷

クニチュウ2 クニチュウ・わかもの社・国忠崇史氏の講演会パンフをゲット。
まず共産党が公認しようとしていた2005年11月頃の士別新報版
あちらこちらでコピーしすぎたか、劣化か激しく顔がよく見えないので、当方で真っ黒に処理したもの。


裏側は、次のカラー版と共通である。

選挙リーフ21カラー版の第一は士別新報2005年11月の表記があるものの、時期は三月中旬以降のものと見られる。

ウラには、共産党前職で、今回の改選で引退した共産党市議会議員、寺下亘氏の推薦の言葉が見える。


選挙リーフ2 続きを読む

(GoGo宮本たけし)だったら医師を全員公務員にしましょう!

たけし先生は、オフの日を利用して二冊本を読まれました。二冊合計で500ページ。午後から読んでこのペースは驚異的です。たけし先生は、素晴らしく本を読むのが速いようです。

ま、それはともかく、両方の本も小泉政治批判で一致していようでつが、最初の「市場原理が医療を滅ぼす」を挙げてみましょう。アメリカの医師に相談の電話をかけたら、相談料の請求書を送ってくると言われますが、アメリカ式市場原理で医療を行うのはダメだとおっしゃるのでつね。
続きを読む

(きょうの赤旗)横浜市長選・敗北記事は片隅に

横浜市長選 昨日開票され、中田宏現市長が得票率史上最高記録を打ち立て、結果共産党候補松川康夫が記録的大差で敗北した横浜市長選。

しんぶん赤旗の敗北宣言は、四面の一番下の右端という目立たぬところでこっそり……敗戦の弁は「十四万四千二百八票を獲得しましたが、及びませんでした」であった。

京都府知事選では、本日志位委員長の一ページ丸ごと使った演説が掲載されている。京都府知事選の投票日翌日のしんぶん赤旗がどう扱うのか、注目される。

(用語解説)名物

骸骨21.地域における、名の知られた生産物のこと。伊勢の赤福もち、博多のめんたいこ、北海道の家具など生活に密着した産品であることが多い。

2.地域や社会で、特に目立つモノや人物のこと。大阪では岸和田のだんじり祭りが有名。知る人ぞ知るものとしては、千早赤阪村309号線沿い、グロワールゴルフクラブ付近の骸骨がある。

3.日本共産党の、宮本たけし前参議院議員、小選挙区全敗、民主集中制、査問キンピー問題などのこと。ここに最近クニチュウ士別市議選にからんだ党費返還事件が加わった。

(明日の赤旗)横浜市長選・共産党候補大差で落選

まぁ〜誰しも予想はしていたが、横浜市長選で現職である中田宏氏が過去最高の得票率という圧倒的な勝利を収めた。

834815 中田  宏 無現

144208 松川 康夫 無新

 18607 遠藤賢次郎 無新

共産党候補の圧倒的大差での落選を、しんぶん赤旗はどう伝えるのか注目である。「惜しくも届きませんでした」とは間違っても言えない。「健闘しましたが届きませんでした」ともいいにくい。

ま、悪政から市民を守るどころか、福祉・公的サービスを切り捨て「百施策、百億円を削り、その一方で日産の本社移転に際して、合計百億円もの税金をつぎ込んだ市長に敗けた反省はしないのはわかってますけどw


(GoGo宮本たけし)先生、ショックだったの(^^)?

ちょっとわけあって、本日、たけし先生の名言「『革命戦士の碑』で会おう」を思い出しまつた。あの名言をもう一度見たくて、先生のページにアクセスすると、アラ不思議。あの名言が消えて、写真に差し替えられています

「軍靴の響き」と印象を述べたのが、そんなにショックだったんでつか?それとも護憲を標榜する先生の正体がばれたと思って慌てたのでつか?いやー、悪いヤツを追いつめるときには、たしかに「ケンカに強い男の、思いがけない一面を見せていただき、大変恐縮しております。

でも、そんな心配は無用でつ。当blogを見て下さい。間違っても全然気にしてないでしょ?いや、気にはしていますけど、誤字はともかく、こっそり訂正なんてチンケなことははやめとこうと考え、あえて恥をさらしておるのです。先生も見習ってはいかがでしょう?

(きょうの赤旗)Windowsなんか使っているのが馬鹿なだけ

Winnyに感染するウイルスによって情報が流出する事件が続出している記事。
民間はほっとくとして、政府関連で公務用パソコンが不足しているってあーた……そんなことよりウィルス感染のしようがないものを公務に使うべきだとは思わないわけ?

政府関係のパソコンを、独自アーキテクチャのモノにしようとする動きがかつてあった。そいつに猛反対したのがマイクロソフトと結託したNECの関本会長だったのは有名な話。彼らの謀略によって日本発のOS、TRONは、組み込み用や通信用では十分な実績を持ったが、PCではほとんど使われなくなった。

世界的に売れているというだけでWindowsを使おうとした政府の対応が、そもそも間違っていたというのが実際のトコ。この当時だってWindows用のウイルスなんてうじゃうじゃいたのだ。

シェアの低い日本政府専用パソのウイルスなんて作るヤツはそういない。これこそ、アメリカ追従のパソコン政策の成れの果て……ところで、日本共産党の情報は流失していないの?いくらでもありそうだけどw

(用語解説)転落

1.高所から足を踏み外すなどして落下すること。

2.落ちぶれること。特に左翼は自分たちが高所に立っていると思っているので、思想を捨てた者を「転落者」などと呼ぶ。

3.宮本たけし前参議院議員が、HPで前議員バッジに触れる時、「嗚呼、この人、ただの人になったの認めたくないんだ」と共産趣味者がいだく感慨をひと言で表す言葉。

(きょうの赤旗)借金減らしの手法は教えないのか?

多重債務者にアンケートをとったニュース。まぁそんなことだろうとは思うが、シンキのノーローンを使った金利削減テクは教えないの?

この方法は、基本的に50万円までしか借りられないし、かならず金利ゼロの七日間までに返済を行わなければならない縛りはあるものの、借金が比較的低額のうちなら相当な金利削減ができる。うまく使えば多重債務に陥る前にの対処に使えるだろう。

それから多重債務に陥った時にどうすればいいのかは、いつになったら書くのかな?書いてしまうと民商を党拡大に利用するネタが減るから書かないの?

(GoGo宮本たけし)戦前共産党の歴史

たけし先生は、「科学の目ゼミナール」で若い民青同盟員相手に講義をされてきたようでつ。内容は綱領の一章、二章で、戦前の共産党の歴史についても語られたようでつ。

使い込みがばれて脱党し、その後共産党員が大検挙されたのに怒って赤化防止団長米村嘉一郎宅を襲撃した、高尾平兵衛については語られましたでしょうか?米村を懲らしめてやった、どんなもんだと意気揚々と帰ろうとして後ろから撃たれて死んだ人ですけど……


続きを読む

(日本共産党研究)2006士別市議選・党費返納内訳

党費返納内訳クニチュウ・国忠崇史氏が、隠れ共産党員ではない証拠である党費返納内訳を公開する。サインによると、書いたのは小池浩美氏と見られる。

ただ、ここで注意しておかなければならないことは、共産党としてはこれで縁を切ったつもりだろうが、法律上はたぶん切ったことにならないことだろう。

日本共産党の党規約によれば、やめさせるなら除名ないしは除籍にしなければならないはずである。それができないからこうした方法をとったのだろうが、これは完全な規約違反である。

要するに、わかもの社・国忠崇史が地位保全の訴えなどを起こすとしたら、たぶん敗けるだろうということだ。

ま、国忠氏は、戻る気もないだろうが……。


(民青同盟研究)他党のやりかたを研究せよ

大阪市会議員、柳本顕氏のblogに面白い記事が出た。自民党青年局学生部の街宣報告だ。民青みたいなのが自民党にもあるとは、知らなかったぞ(笑)

ま、内容としては、ほほ笑ましい。でもやるなら、街宣慣れした民青と競えばもっと面白くなるのに……。

街宣する日時を民青に通告し、民青と論争やりましょうなんてやると、ただの街頭演説より道行く人は注目すると思うぞ。

民青も受けて立てばいい。そうすればお互い、無党派層にもアピールするだろうし、論争に勝とうが敗けようが鍛えられる。

自民党、共産党共に将来を担う人材を作っていくのに、いい方法だと思うがどうかな?



(用語解説)信任投票

1.組織の役員が、組織内で新任されるに足る役員か否かを問う投票のこと。

2.選挙で、与党VS共産党+泡沫候補という構図になった時、選挙終了後にマスコミがつけるレッテル。与党候補は当選しても共産党の票が多いと、遠回しに、おまえはダメだと言わんばかりに新聞に書かれる。




(きょうの赤旗)1/17の最大手

大門議員が従業員十三万五千人の派遣最大手・クリスタルグループの経営指針を批判

派遣の最大手クリスタルグループ?そんな会社知らんぞ。パソナとかテンプスタッフくらいなら知っているが、いつの間にかそんな大きくなった会社があったのかと調べると、パソナの1/17の年商しかないのね、この会社。

せいぜい中堅どころじゃんか……ま、それはおいといて、この会社、記事を読むとろくでもない会社のようだが、大企業の清造現場にはほとんどこの会社が入っているって……ホントか?

全国に営業所を持っている会社だが、日本有数の大企業の工場が集まっている静岡県に、営業所一つないんだぞ。東京の拠点の多さから見ると、オフィス派遣も多そうだし、そいつを考えに入れたら、この年商ではとてもじゃないがほとんどの大企業の生産現場には人は送り込めてないだろう。

どうして大門議員は、こんな見え透いたハッタリを言うんだろうなぁ……。

(日本共産党研究)破れても、目覚めない

JCP京都のページにこんなエッセイがある。映画「男たちの大和」を題材にしていて、水上特攻にいく前の修羅場に臼淵大尉が言ったという次の文句が核となっている。

「進歩のない者は決して勝たない。負けて目覚めることが最上の道だ。日本は進歩ということを軽んじ過ぎて私的な潔癖や徳義にこだわって、真の進歩を忘れて いた。敗れて、目覚める。それ以外にどうして日本は救われるか。今日目覚めずしていつ救われるか。俺たちはその先導になるのだ。日本の新生にさきがけて散 る、まさに本望じゃないか」

小選挙区選挙で何回全滅しても命を落としたことがないから、日本共産党は学ばないらしい。そしてまた、これから死屍累々の選挙を続けるのだろう。

(きょうの赤旗)暴論というより呆論

関西のページ
21日、京都市と亀岡市で開催された知事候補の公開討論会で現職の山田啓二候補は商店街振興に関して「商店街の方にも努力してもらいたい」「土日になると朝から店を閉じている」と発言。われらがどんぶり……じゃない衣笠候補は、土日や祝日になると大型店に客をとられて商売が大変になる実情を知らない暴論だと批判。

ま、ほかにも「暴論」はいっぱいあったようだが、とりあえずこれを……。
一体どこの商店街のことを言っているのかしらないが、たぶん休日に客が減るのは通勤客を当てにした駅前商店街のことだろうね。集客要素が少ない立地では、逆に大型店に出ていって欲しくないことは以前に指摘した

言うほうも答えるほうも、これは暴論じゃない。小売について知らない者同士の呆論だ罠。

(日本共産党研究)ホントにこれ、掲載していいのか?

日本中の共産趣味者が注目する士別市議選立候補者、クニチュウ・国忠崇史氏から、爆弾資料が送られてきた。日本共産党士別中央支部幹部の書いた、返納党費の内訳だ。

党幹部の名前の入ったサイン入り。返納は二回にわたって行われ、しんぶん赤旗日曜版の集金額二ヶ月分をを差し引いた金額在中とある……ここまで書けば、内訳を書いた党幹部は、本物だと断定するであろう。

問題は、この資料を公開すれば、下手をすると党攻撃ととられかねないことだ。しかし、党が公式見解を士別市民に示さないと、公開せざるを得ないのも確かである。昨日に書いたように隠れ共産党論が出ている立場上、クニチュウとしては、これを否定しなければならないからだ。

もう一つ、これを公開すると、わかもの社・国忠崇史氏の払った党費がいくらか明らかになる。すると、党規約から自動的に彼の収入も明らかになるわけである。本人の了解があるとは言え、迷うところである。

当blog読者のご意見も賜りたい。

〈用語解説〉衣笠丼

1,日本共産党京都府委員会の(K)なる人物が、食堂に入った時に発する言葉。「ご注文は」といわれて「衣笠丼はありますか」と聞いて、「実は…」と衣笠洋子候補を応援してねとやるらしい。

2.衣笠洋子候補の対立陣営に売り込むと、喜ばれる可能性があるどんぶりのこと。小さめに作るのがコツ。すると女子供でも簡単に平らげることができる。

〈日本共産党研究〉士別市議選・隠れ共産党論出る

にちゃんねる共産党板にできているクニチュウスレに、国忠崇史本人らしき書き込みが登場。

士別で「隠れ共産党論」が発生しているようだ。すなわち、党費返還という変な処分のため、クニチュウは共産党員なのか、そうでないのかが不明瞭になっている。隠れ共産党ではないかと疑われるのも当然だ。

以下のような質問書を出すことについて、支持者の間でも賛否両論があるようだが、「隠れ」でないことを示すには、市民に説明するしかなかろう……。


続きを読む
プロフィール
キンピーをネットアイドルにする怪
正式名称「キンピーを応援する会」サイト構築運営部による息抜きBlogです。
「キンピーを応援する会」サイトは、2005年7/17日にオープンいたしました。
しかし、息抜きというわりには、おかたいこと書いているな……
蛇足……当運営部には、共産党員はいないので、党中央は党員にぬれぎぬを着せることなきようお願い申し上げます。
連絡先

busayodic@gmail.com

コメントは、ライブドアblogの仕様上、一コメント800字まで(以前は400字でした)。スパムに頻出するキーワードを使用すると、コメントがはねられることがあります。スパムメールによく使われるキーワードを使っていないのにコメントが拒否される場合は、上記メールアドレスにお問い合わせ下さい<(_ _)>

当blogは赤旗日刊紙購読だけでも年4万以上の経費がかかっております。少しは助けてやろうかと思うおめでたい方は、下記のリンクからアマゾンや楽天などに飛び、お買い物をしていただけると幸いです。
下記リンクから飛んで行くなら、何を買っていただいても当方に手数料が入ります。

少なくない常連さんから「ブログ運営費用と赤字を寄付してやるから、送金先を書け」とのご要望がありましたので、寄付口座を開設しました。



こちら

をクリックしていただくと、クレジットカードで寄付ができます。

支払いに必要な受取人情報
ちょコム登録メールアドレス busayodic@gmail.com

送金口座番号 312786815

振込先氏名 busayo_dic
おすすめリンク









激安?ギフトショップあい はこちら












Recent Comments
Archives
ケータイで見る時にお使い下さい
QRコード
  • ライブドアブログ