日本共産党・民青同盟悪魔の辞典+

日本共産党や民青同盟、またやりよった……ぼやきのブログ

4月12日

 1919年4月12日、ソ連で共産主義的土曜労働が始まる。

 「社会主義という列車が走っていると、急に止まった。レーニンが見にやらせると、レールがなかった。レーニンは同乗者に「土曜労働」を布告し、レールを敷かせた。
 スターリンが部下を見にやらせると、レールがなかった。スターリンは鉄道関係者を粛清し、囚人たちの手でレールを建設させた。」(『ロシアのユーモア』)

 1919年−−革命ロシアでは、激しい内戦、そして反革命のテロルが続いていた。1918年にはレーニンはテロリストに2度にわたり狙撃され、特に8月の凶弾では一時危篤に陥るという、厳しい情勢が続いていた。

 そのなかで、革命ロシアを守りぬくために、鉄道労働者の一部が、土曜日は自発的に無償労働にたちあがる。レーニンは6月に発表した論文『偉大な創見』で、この「共産主義的土曜労働」(スプポドニク)の意義を称える。続きを読む

立命評論

立命館大学内にあった、ミニコミ誌。京都大学政経研という謎のセクトが裏にいるとの噂もあるが、詳細は不明。
もともと学内のミニコミ誌だったが、日本共産党と民青同盟を批判したため、解散命令を受けた。
そして解散命令に従わないため、さらに多くの弾圧を今も受け続けている。
http://members.ld.infoseek.co.jp/rituhyou/

ちなみに同編集部の掲示板は、数分おき数ヶ月に及ぶ、エロサイト広告の連続書き込み攻撃によって閉鎖に追い込まれた。犯人の正体は、定かではない。

4月11日

 1961年4月11日、 イスラエルでユダヤ人虐殺の責任者アイヒマンの裁判を開始。12月に死刑判決。

 アドルフ・アイヒマン。ナチス親衛隊中佐。第2次大戦中、その指揮のもと強制収容所で殺されたユダヤ人は600万人。「ユダヤ人問題に関する最終解決策」といわれるホロコーストの兵站作業の責任者として、強制収容所への人々の識別および輸送を統率したため、「第三帝国の主任死刑執行人」とも呼ばれる。

 敗戦時、米軍に拘束されるが、捕虜集世所から脱走。1960年、アルゼンチンのブエノスアイレスにリカルド・クレメントと名乗って家族とともに潜伏しているところを、イスラエル秘密警察(モサド)に突き止められ、勤務先から帰宅途中、強制的に連行され、イスラエルまで拉致された。
続きを読む

立命館大学

社会ニーズに合致した大学作りで、日本トップクラスの評価をされる大学。同時に日本共産党と民青同盟の、日本最大最強の大学拠点でもあるという、奇跡といっても過言ではない特徴を持っている。ひょっとして、日本共産党・民主青年同盟が躍進するとすれば、立命館大学が起爆点になるかも知れない。

教授含む大学職員の共産党支持者は非常に多い。学生の方は、他の大学とくらぺて民青同盟や日本共産党にも籍をおく学生が比較的多い程度。それでも2004年には、学内だけで地区委員会が再建されたというから、相当な数である。
そのため学内サークルで、日本共産党や民主青年同盟のおおっぴらな批判をやると、徹底した学内弾圧を食らう。
→「立命評論」参照……って、明日書きます(^^;)

ただし、政策科学部は例外で日本共産党・民主青年同盟の影響力はほとんどないようだ。

4月10日

アグネス論争

 1988年4月10日、林真理子が「文芸春秋」5月号に「いい加減にしてよアグネス」を掲載。「アグネス論争」が本格化する(子連れ出勤の是非)。

1988年の新語・流行語大賞では、流行語部門・大衆賞を受賞するほどの社会論争となった「アグネス論争」。この背景には、男女雇用均等法の施行にともない、「女性の社会進出」がマスコミで話題になっていたことがあげられる。

 今やユニセフ大使でわが新日本出版社から著書も刊行しているアグネス・チャンだが、芸能活動のきっかけも、中学生の時にギターを片手に始めたボランティアのチャリティ募金活動だった。姉のアイリーン・チャンと共にジョニ・ミッチェルの「The Circle Game」をカバーした曲が香港で大ヒットしたことから平尾昌晃によって日本に紹介され、来日して『ひなげしの花』でデビュー。1973年「草原の輝き」で日本レコード大賞新人賞を受賞する。高く澄んだ歌声、愛くるしいルックス、そしてたどたどしい日本語が受けて、人気アイドルとなる。続きを読む

土屋たかゆき

民主党のタカ派都議会議員
独協大学在学中に学内正常化(って何だ?)に取り組み、学長表彰を受けた経歴を持つ。百貨店勤務後、政治家秘書を経て現職。時々「正論」や「諸君」といった論壇誌に論文を発表。
民青同盟関連では、旧都立大学の民主青年同盟を叩いた実績を持つ。
www2u.biglobe.ne.jp/~t-tutiya/ronbun/ronbun2.html
民青同盟の横暴に対する批判は、傾聴に値する。だが民青に支配されているというだけの理由で、自治会の生命線である代理知徴収制度までなくせと主張するのは、いただけない。
経歴からして民青の横暴が通用する背景に考えが至らない人物ではなかろう。にもかかわらず、民青同盟の横暴と自治会組織の切り分けをしない点で、彼の主張は、民青同盟のそれと五十歩百歩である。

4月9日

ヤーシンの虐殺

 1948年4月9日、パレスチナのデイル・ヤーシンで254人のアラブ人がユダヤ人に殺される。

 デイル・ヤーシンは、エルサレムからそう遠くない西側にある山間の村である。このテロ行為の指揮をとったのが、アルゴン(民族軍事組織)の指導者で、後にイスラエル首相となるペギンだった。

 「攻撃隊員は一軒一軒しらみつぶしに制圧していかねばならなかった。そのため多数の手榴弾を使用した。われわれの警告を無視した一般住民は、当然戦闘にまきこまれたのである」(ペギン『反乱』)

 実際には手榴弾だけではなく、TNT火薬を使って家屋を爆破している。あらゆる家を破壊することが命令であったことは明らかだろう。事件直後にヤーシン村を訪問した国際赤十字委員会によると、400人以上の人たちがこの村にいたが、約50人が逃げ、254人が虐殺されたと証言している。
続きを読む

シール投票2

03f1c0a7.gif最初に大きなシールを貼り、投票に参加する人には小さなシールが与えられる。
これは、もし反対の意見に多くのシールが貼られるケースを想定しての工夫と思われる。
ただ。シール投票が進むにつれて、なぜか大きなシールも増える。

シール投票

81ab8737.gif近年、民主青年同盟や日本共産党が力を入れている、ますます本来の目的から逸脱したアンケート手法の劣化形。
大きな板の中央に書かれた「憲法九条を守る」「消費税増税に反対」といった文章の左右にYes,Noのシールを貼る空間があり、通行人にシールを渡し、どちらかに貼ってもらう方式をとる。
日本共産党中央委員会のサイトにある
http://www.jcp.or.jp/movie/news_mov/20040627_tohyo.html
によると、
最初から自分たちの主張の方に目立つよう多くの大きなシールを貼っておき、相手を恣意的に自分たちの主張に誘導しようとするのが、シール投票のテクニックのようである。

上記写真は、日本共産党中央委員会が上記アドレスにある動画を削除した場合に備えたスナップショット。クリックすると捌ウインドウで実寸サイズで表示します。
QuickTimeのバーボタンの位置に注目。スタート段階で、すでにシールが恣意的に貼ってある。
最初のセリフは「今からシール投票やります」

4月8日

 1903年4月8日、黒岩涙香、幸徳秋水、内村鑑三、堺利彦らが「萬朝報」に非戦論を発表する。

 『萬朝報』1892年(明治25年)11月、黒岩涙香によって東京で創刊。「万朝報」は「よろず重宝」にあやかる。 「永世無休」を掲げ、「一に簡単、二に明瞭、三に痛快」をモットーとし、権力悪に対しては徹底的に追求する態度、涙香による翻案探偵小説の人気によって急速に部数を伸ばし、1899年(明治32年)末にはその発行部数が東京の新聞中1位に達した。

▽萬朝報
http://www.honco.net/japanese/04/caption/caption-3-07-j.html

▽黒岩涙香と万朝報
http://kochi-bunkazaidan.or.jp/~bungaku/yorozutyouhou.html

 「萬朝報」に非戦論が掲載されたこの日、「時事新報」は「露国・満州占領を宣言」とロンドン発の外電を伝える。
 新聞が各紙とも主戦論に傾く中にあって、非戦論を堅持していたのが「萬朝報」である。この日発表されたキリスト者・内村鑑三の「戦争廃止論」を引用する。続きを読む
プロフィール
キンピーをネットアイドルにする怪
正式名称「キンピーを応援する会」サイト構築運営部による息抜きBlogです。
「キンピーを応援する会」サイトは、2005年7/17日にオープンいたしました。
しかし、息抜きというわりには、おかたいこと書いているな……
蛇足……当運営部には、共産党員はいないので、党中央は党員にぬれぎぬを着せることなきようお願い申し上げます。
連絡先

busayodic@gmail.com

当blogは共産党関係なら何書いても原則削除しませんが、一つだけ、マルチハンドルはご遠慮下さい。毎回違うハンドルネームを使うのは禁止にしております。今後気がつけば、警告した後、改善が見られない場合は書き込みを禁止します。




スパムに頻出するキーワードを使用すると、コメントがはねられることがあります。スパムメールによく使われるキーワードを使っていないのにコメントが拒否される場合は、上記メールアドレスにお問い合わせ下さい<(_ _)>

当blogは赤旗日刊紙購読だけでも年4万以上の経費がかかっております。少しは助けてやろうかと思うおめでたい方は、下記のリンクからアマゾンや楽天などに飛び、お買い物をしていただけると幸いです。
下記リンクから飛んで行くなら、何を買っていただいても当方に手数料が入ります。

少なくない常連さんから「ブログ運営費用と赤字を寄付してやるから、送金先を書け」とのご要望がありましたので、寄付口座を開設しました。



こちら

をクリックしていただくと、クレジットカードで寄付ができます。

支払いに必要な受取人情報
ちょコム登録メールアドレス busayodic@gmail.com

送金口座番号 312786815

振込先氏名 busayo_dic
おすすめリンク









激安?ギフトショップあい はこちら












Recent Comments
Archives
ケータイで見る時にお使い下さい
QRコード
  • ライブドアブログ