日本共産党・民青同盟悪魔の辞典+ キンピー問題笑える査問録音公開中

日本共産党や民青同盟、またやりよった……ぼやきのブログ キンピー問題サイトアドレスはこちら

4月30日 ヒトラー死す

 4月30日、ヒトラー(1889年−1945年)、妻エヴァ・ブラウンと共に自殺。56歳の生涯を閉じる。

 ヒトラーももはやこれまでと覚悟した。28日の深夜、ヒトラーは総統地下壕で愛人エヴァ・ブラウンと結婚式をあげる。ゲッベルスとボルマンが証人として結婚証明書にサインした。公式には二人の結婚が「29日」とされているのは、インクが乾く前に書類を重ねたため、しみができて日付が消えてしまい、書き直したときには時計が29日の午前0時を過ぎていたからである。

 結婚式をあげたヒトラーは、早速、遺言の作成にとりかかる。

 「さらにわたしは、ユダヤ人によって準備され、扇動された大衆を喜ばすための見世物の必要な敵の手に落ちるつもりはない。
 従ってわたしはベルリンに留まり、総統・首相の座が自らもはや維持されないと判断した瞬間に、自由意志からここで死を選ぶ決心をしたのである。」(ヒトラー「政治的遺言」)


ヒトラー 最期の12日間

私はヒトラーの秘書だった

ヒットラーのむすめ続きを読む

クニチュウ

日本共産党の党内問題を外部に出すタブーをおかしても、査問も除名もされない謎の共産党員。本名国忠崇史。

学生時代に共産党員だったが、自らの意思でいったん離党。その後、紆余曲折を経て共産党系の日本労協連(センター事業団)に就職、鹿児島事業所に配属される。そこで事業団幹部の不正を発見、改善を求めるも幹部は不正を隠蔽し、クニチュウら告発者たちを査問、解職する。(鹿児島事件)

これに対し、クニチュウは反攻を決意。その過程で、某共産党員から、日本労協連は共産党内でも対応に苦慮していると聞き、応援するから入党せよと言われて再入党する。
ただし、事件発生後5年を経ても、日本共産党は民の膏血を私的に浪費した幹部を左遷するのみで、犯罪者として告発はおろか、査問も除名もしておらず、告発者の名誉回復も行っていない模様。
http://members.ld.infoseek.co.jp/kukchung/

4月29日 みどりの日

 4月29日はみどりの日。かつては「天長節」「天皇誕生日」ともいわれた日である。

 共産党の勤務規定も変更になり、これまで党本部職員の勤務規定で「休日」としていなかった「建国記念の日」「みどりの日」「天皇誕生日」を、昨年暮れの天皇誕生日から「休日」にすることにしたという。

 党本部の職員が素敵なホリデーを過ごしてくれたのなら、非常にうれしい……というのは、「こちとら休みじゃねーんだよ」という、あくまでも社交辞令にすぎない。

 わが日本共産党が天皇制にちなむ「祝日」を党職員の休日にするに至ったのも、新綱領における「象徴天皇制」の容認論の影響だろう。
続きを読む

供託金没収

日本共産党が、選挙のたびによく行う政府・自治体への寄付活動の形態。

選挙時の供託金制度は、最低水準の得票も得られない候補者からは、供託された金を没収することで候補者の乱立を防ごうとする制度である。日本共産党は市議会や県議会では、当選できる人数に候補者を絞り込むことが多いが、首長選挙や国政選挙では当選見込みもないのに共産党候補をよく立てる。

最低得票数に達しないことが多いのをわかってやっているので、明らかにこれは、国家財政を潤すための寄付活動である。

4月28日 「国家」という名のマスゲーム

 1995年4月28日、北朝鮮、平壌の5・1競技場で「平和のための平壤国際スポーツと文化の祭典」が開幕する。

 十数万人の市民を動員したマスゲームを主体にしたイベントであり、日本のプロレス団体も興業を行っている。日本からはアントニオ猪木(当時参議院議員)が来賓の挨拶に立ち、自らリングに立っている。このイベントに参加した旅行者のサイトに、写真も含めた貴重な記録がある。

▽マスゲーム
http://www.dia.janis.or.jp/~nasimoto/massg/masg.htm
▽プロレス観戦
http://www.dia.janis.or.jp/~nasimoto/puro/purores.htm

 数万人の規模で演じられる北朝鮮のマスゲームこそは、『主体思想』のもっとも「高度」な思想的表現だろう。電光掲示板かと見まがう、少年少女の掲げる色板で作られる背景画。少年少女たちは一糸乱れぬ統率のとれた行動で、「父なる首領様」「親愛なる指導者同志」への賛辞と忠誠を謳いあげる。続きを読む

専従

1.労働組合や政治団体などのメンバーで、他の仕事をせずに組合や党の活動で生活の糧を得ている者のこと。大きな労働組合の幹部ともなれば、集票力を背景に大きな権力を持ち、高い給与を得られて「労働貴族」と呼ばれることもある。

2.日本共産党や民青同盟の専従者は、通常たいした給与が出ているわけではなく、多くは質素な生活をしている。しかし党内で出世すると神奈川県津久井町に別荘が立ち、真面目な党員が少ないおこずかいをはたいて買う高価な著作を書いて得られる印税収入を背景に、悠々自適のブルジョア生活ができる可能性もある。

4月27日 哲学の日

 4月27日は哲学の日。

 紀元前399年のこの日、古代ギリシアの哲学者ソクラテスが、死刑宣告を受けて、獄中で毒を煽って亡くなったことにちなむ。

 当時のアテナイ(アテネ)は、宿敵スパルタとの28年におよぶペロポネソス戦争に敗戦して、黄金時代にも翳りがさしはじめていた。ペリクレスの完成した民主制のシステムもその弊害が目立つようになっていた。重要な公職は人気投票の対象になり、有能な人物が陶片追放になったりした。デマゴーグ(扇動家)によるいわゆる衆愚政治の時代である。この時代に活躍したのが、ソフィストの哲学者たちだった。ソフィストの哲学者たちは、よりよい公職に就いたり、裁判に勝つための弁論術(修辞学)の教師だったのである。

 混乱の時代には、理想が失われ、相対主義的な価値観が流行するのは、今も昔も替わらない。ソフィストを代表するプロタゴラスの有名なことばが「万物の尺度は人間にある」である。正義も美も、その真理は人さまざまによって異なるものでしかないのである。続きを読む

しんぶん赤旗

日本共産党が党費以外に、低原価高粗利の収入を確保するためのメディア。十枚ほどの紙両面に一般紙と比べて少ない通信社配信記事と、戦争に負け続けていた頃の大本営発表を彷彿とさせる、インクのシミのような党記事を載せ、党員やシンパに売りつける。通信社から買う記事が少ないのに加え、配達・集金業務を下っ端党員に無料でやらせるため、きわめて利益率の高い尻ふき用紙の販売が可能となっている。

選挙結果は、共産党の推した候補が当選したり、接戦で負けるという珍事がない限り選挙結果の数字は載せない。3日前の福岡二区補欠選挙のように、共産党は山拓の十分の一も票が取れない事実を正確に記録する必要はない。ほとんどの選挙が「××候補は善戦しましたが及びませんでした」といったようなテンプレートの候補者名だけを変えれば記事ができるので、記事を書くのもラクである。

価格以上に、内容が安い、逆コストパフォーマンスあふれる紙面づくり。日本共産党本部が自民党より立派なビルを建てられるのには、党機関紙というビジネスモデルが背景にある。

4月26日 ゲルニカの夜 チェルノブイリの子どもたち

 1937年4月26日、ゲルニカ爆撃。

 「画面一帯は惨憺たる状景である。阿鼻叫喚。引き裂かれたもの、押し潰されたもの、断末魔の馬、折れた剣、死児を抱え、叫び狂う女。ただ一匹、たくましい残忍な牡牛だけが冷ややかにこの犠牲を見下ろしている。灯が悪夢を照らし出す。それは深夜の出来事である。」(「ゲルニカ」岡本太郎)

 ゲルニカは、ビルバオの東方、約20キロにあるビスカヤ州の、人口7000人の古都である。東にはピレネーをのぞみ、北にはビスケー湾、スペインとフランスの国境に位置して、14世紀以来、バスク地方の自治の中心地だった。

 4月26日は月曜日だった。市の開かれる日だった。ナチスは市に集まる人たちでシティ・センターが一杯になることを知っていたのだ。教会の鐘の音が空襲を知らせた。フランコの反乱軍を支援するドイツのハインケル機がゲルニカに最初の爆弾を投下する。逃げまどう住民に続いて現れたユンカース機が機銃掃射をあびせ、さらに一斉の焼夷弾をあびせた。住民皆殺しを意図した絨毯爆撃。20分おきの波状攻撃は7時半まで続けられた。ゲルニカの犠牲者は、今ももって正確な数字はわからないが、1654人が定説とされている。

続きを読む

都道府県委員会(民青同盟)

民青同盟の、共産党員師弟の巣窟。さざなみ通信によれば、都道府県委員は、約1000人いるとされる。民青の同盟員数が2万人程度だから、20人に一人は都道府県委員という状態である。

都道府県委員会が共産党員師弟の巣窟になるのは、党内に身内重視の組織体質があるからではない。有能な新規加盟者を確保できるに十分なほど、民青同盟に魅力がないためである。だから、消去法でなんとか使いものになりそうな人を探そうとすると、党員の師弟くらいしかいない。都道府県委員会の党員師弟の巣窟化は、意図せざる結果である。

しかも、その師弟が、若さを持たず、すでに化石と化したオヤジたちの道筋をたどろうとする、年寄りくさい体質を持っているから、ますます組織の活力と柔軟性がなくなっている。
プロフィール
キンピーをネットアイドルにする怪
正式名称「キンピーを応援する会」サイト構築運営部による息抜きBlogです。
「キンピーを応援する会」サイトは、2005年7/17日にオープンいたしました。
しかし、息抜きというわりには、おかたいこと書いているな……
蛇足……当運営部には、共産党員はいないので、党中央は党員にぬれぎぬを着せることなきようお願い申し上げます。
連絡先

busayodic@gmail.com

コメントは、ライブドアblogの仕様上、一コメント800字まで(以前は400字でした)。スパムに頻出するキーワードを使用すると、コメントがはねられることがあります。スパムメールによく使われるキーワードを使っていないのにコメントが拒否される場合は、上記メールアドレスにお問い合わせ下さい<(_ _)>

当blogは赤旗日刊紙購読だけでも年4万以上の経費がかかっております。少しは助けてやろうかと思うおめでたい方は、下記のリンクからアマゾンや楽天などに飛び、お買い物をしていただけると幸いです。
下記リンクから飛んで行くなら、何を買っていただいても当方に手数料が入ります。

少なくない常連さんから「ブログ運営費用と赤字を寄付してやるから、送金先を書け」とのご要望がありましたので、寄付口座を開設しました。



こちら

をクリックしていただくと、クレジットカードで寄付ができます。

支払いに必要な受取人情報
ちょコム登録メールアドレス busayodic@gmail.com

送金口座番号 312786815

振込先氏名 busayo_dic
おすすめリンク









激安?ギフトショップあい はこちら












Recent Comments
Archives
ケータイで見る時にお使い下さい
QRコード
  • ライブドアブログ