日本共産党・民青同盟悪魔の辞典+ キンピー問題笑える査問録音公開中

日本共産党や民青同盟、またやりよった……ぼやきのブログ キンピー問題サイトアドレスはこちら

【暦】6月2日 裏切りの日

 記念日協会によると、きょうは「裏切りの日」だそうだ。続きを読む

(きょうの赤旗)5月2日  主張より

住基ネット。個人の選択認めた判決は重い。
憲法一三条が定める「すべて国民は、個人として尊重される」という人格権と国民のプライバシー権を保障するのは政府の責任です。


コメント
正反対の判決が出たりして、まだまだ迷走しそうな問題ですね。
私個人としては、役所の窓口で少々時間がかかっても、管理なんてされたくないんですが。
ところでメアド転用や元同盟員へのプライバシー漏洩は、党内問題と仰ってたんじゃなかったですか?政府は責任を持つべきという前に、党内での責任を持たないと、「口だけ立派」と言われかねません。

自己批判

1.自分で自分のあやまりを批判すること。
2.日本共産党においては、下っ端と外部に求められる義務。党は絶対に誤っていないから、40万人党員が一ヶ月がんばって、しんぶん赤旗購読者を300しか増やせなくても、それは党の戦略ミスではないのである。反共謀略策動に阻まれたか、党員の意識が低いということになる。

フィリップ・コトラーなら、この状況を見て党中央のやりかたが間違っていると言うだろうが、そんなことを党中央に言うと、コトラーすら自己批判を要求される可能性が高い。

あかはたともみさんに聞いてみた3

12c28376.jpg私の発言に反応されないのはいいとして、その後のあかはたともみさんの書き込みに、精神的な変化は見られないようだ。

写真をクリックすると、拡大します。

あかはたともみさんに聞いてみた2

b037d347.jpg前回の書き込みのあと、メールをいだいたので、他の読み手を意識して書いてみる。おそらくここの掲示板に出入りする方たちには初耳のことだろう。どう反応されるだろうか?

画像をクリックすると拡大します。

(きょうの赤旗)6月2日

15面 日勤教育 恐怖だけが残った
JR西日本の、見せしめとしか思えない日勤教育。高見運転士や犠牲者の死を無駄にせず、意見を出して会社をよくしていきたいとA運転士は国労に加入したというニュース。

Aさんっていい人だね。でも共産党にも日勤教育みたいなのがあるって知ってた?それは「査問」と「学習」って言うんだ。JRと違って日共の場合は、10日以上軟禁されることも珍しくないからね。「査問」川上徹や「汚名」油井喜夫あたりを読んでおくことをすすめるよ。

(きょうの赤旗)6月2日

学習・党活動のページ
5月の「党勢拡大の大運動」の成果
全国的にしんぶん赤旗読者数
日刊紙333人、日曜版810人

都議会選を目前にしている東京都党組織の成果
日刊紙330人、日曜版1444人
そして中見出しは、東京は読者1474人増

25都道府県142地区が日刊紙、日曜版共に前進
10県92地区が、日刊紙と日曜版の合計数で前進

……40万人の大運動の成果がこれでは先が思いやられる。
たぶん、共産党の嫌う代表的経営者であるジャック・ウェルチ曰く
「変化するか、さもなくば死ぬだけだ」

【今日の赤旗】 教科書展示会開始

2005年6月2日(木)「しんぶん赤旗」

中学の教科書展示会開始
17日からは全国で

------
 来年四月から四年間、中学校で使われる教科書の展示会が一日始まり、十七日からは全国一斉に行われます。展示会後、八月までには全国五百八十三地区(二市郡)で、どの教科書を使うかを決める採択が、各教育委員会などによって行われます。
------続きを読む

交流

違う文化、違う立場、違う考えの者同士が交わることを交流といいます。
日本の国内に目を向けますとプロ野球の交流試合の真っ最中で、多くのエキサイティングなゲームや、新鮮な組み合わせで私たちは楽しませてもらっています。
そして「やっぱり野球は面白い」と再認識し、観客も球場へ戻ってきました。

あれだけ改革に後ろ向きだった、ジャイアンツの会長の氏家さんにさえ「交流戦はやってよかった」と言わせるほど「交流」には変化を生み出す力、新しい風を吹き込む力があります。

まだ、交流戦のの中盤で気が早いのですが、成功したと言って良い結果をもたらしたのは、イベント的な盛り上がりと本気でプレーする選手達の姿があったからこそだと思います。

共産党においても機関紙、赤旗には「交流」という言葉が躍り、活動の中でも「交流」という言葉はよく使われます。しかし、これだけ「交流」「交流」と言ってるのに国民の注目も支持も集めず、党内が停滞しているのは何故でしょうか?続きを読む

【暦】6月1日 新ライン新聞創刊

 1848年6月1日、「新ライン新聞」創刊。続きを読む
プロフィール
キンピーをネットアイドルにする怪
正式名称「キンピーを応援する会」サイト構築運営部による息抜きBlogです。
「キンピーを応援する会」サイトは、2005年7/17日にオープンいたしました。
しかし、息抜きというわりには、おかたいこと書いているな……
蛇足……当運営部には、共産党員はいないので、党中央は党員にぬれぎぬを着せることなきようお願い申し上げます。
連絡先

busayodic@gmail.com

コメントは、ライブドアblogの仕様上、一コメント800字まで(以前は400字でした)。スパムに頻出するキーワードを使用すると、コメントがはねられることがあります。スパムメールによく使われるキーワードを使っていないのにコメントが拒否される場合は、上記メールアドレスにお問い合わせ下さい<(_ _)>

当blogは赤旗日刊紙購読だけでも年4万以上の経費がかかっております。少しは助けてやろうかと思うおめでたい方は、下記のリンクからアマゾンや楽天などに飛び、お買い物をしていただけると幸いです。
下記リンクから飛んで行くなら、何を買っていただいても当方に手数料が入ります。

少なくない常連さんから「ブログ運営費用と赤字を寄付してやるから、送金先を書け」とのご要望がありましたので、寄付口座を開設しました。



こちら

をクリックしていただくと、クレジットカードで寄付ができます。

支払いに必要な受取人情報
ちょコム登録メールアドレス busayodic@gmail.com

送金口座番号 312786815

振込先氏名 busayo_dic
おすすめリンク









激安?ギフトショップあい はこちら












Recent Comments
Archives
ケータイで見る時にお使い下さい
QRコード
  • ライブドアブログ