日本共産党・民青同盟悪魔の辞典+ キンピー問題笑える査問録音公開中

日本共産党や民青同盟、またやりよった……ぼやきのブログ キンピー問題サイトアドレスはこちら

隠れ左翼

1.本当は左翼を支持しているが、公言したり左翼運動したりすると就職や昇進に響くと考え、黙っている人のこと。基本的に小心者で、左翼に近づかないため、左翼に無知である。

親しい人には自分の考えをしゃべることもあるが、それが左翼を知らずに左翼を支持する世間知らずであると、自ら告白しているのに気が付かない。反論すると小心者ゆえ傷つくので、「うんうん、キミの言う通りだね」とでも相づちを打って、あとは放っておくのが吉である。

2.見つけたら、左翼を知るのに使えるサンプル。このタイプの人は、割と人に影響されやすいので、隠れ左翼の変化を見ていれば左翼の動向がわかる。

5月17日 五月の別れ

======
 白が黒になったとき、「あいかわらず基本的には同じだ」という人がいる。かと思えば、別の人は、色がちょっと暗くなっただけで、「すっかりかわってしまった」という。(ヴィトゲンシュタイン)
======

 1927年5月17日、トロツキーはクルプスカヤに手紙を書く。
続きを読む

プロ市民

1.市民運動のプロフェッショナルのこと。転じて、市民の立場を隠れみのにして、特定党派の政治目的を達成しようとする党派活動家のことを言う。何か市民の不満が高まるような事件があると、関係団体に入り込み、団体全体を自分の党派支持で固めようとすることが多い。

しかし、プロ市民の意図を見抜く市民から叩き出されることが多くなってきたため、近年はあたりさわりのない団体名をもつNPOを作って隠れみのにすることも増えてきた。

2.新聞が喜ぶタイプの、独特の中途半端な「いい人」を演ずる人。8月15日にマイクを向けられると「戦争はいけません。問題は話し合いで解決すべき」と言うような人はプロ市民の可能性が高い。
そんな簡単なことを、戦争の前に政治家がやらないと思っているのだろうか??

文化大革命はじまる

 1966年5月16日、中国で文化大革命が始まる。

 中共中央委が各級機関に対して、彭真らの「2月提綱」批判と中央文化革命小組設置の決定を通達する(5・16通知)。

 文化大革命を特徴づけるのは、紅衛兵の青年たちの活躍だろう。だから文化大革命の展開は、紅衛兵の項にゆずるとして、今回は、毛沢東が文化大革命に到るプロセスをおさらいしてみたい。続きを読む

民青幹部学校

1.民青同盟の幹部養成のための教育合宿のこと。合宿で行われていることは、基本的に班会とそう変らない。ごく普通に科学的社会主義や党の魍魎……ではなく綱領などの授業を受け、合宿参加者で作られた班で議論して内容を深める。たいていは民青の幹部が講師となるが、綱領に関しては党から講師がやって来る模様。
外部との連絡は本部スタッフの立ち合いがなければ許可されないものの、特に洗脳など特殊なことは行われていない。しかし、そんな合宿でも、中には最後に「私はこの合宿に来て確信しました」なんて涙を流して発表する人もいる。洗脳されやすい人は、洗脳しなくとも洗脳されたようになるようだ。

2.先輩同盟員に謎を付加して、後輩の脱退を防ぐ、ハッタリのキャリアのこと。どこでいつやるかなど基本的に秘密にしろと言われている幹部学校で学んだというと、新入同盟員に謎を与えることができる。新入同盟員は先輩が下らん奴だから民青なんか辞めようと思っても、先輩に謎があると、謎の究明までは組織に留まろうという気になる。しかし、そんな同盟員が実際に幹部学校の実態を知るとどうなるのかは、人による。

「沖縄返還」から33年

 1972年5月15日、沖縄本土復帰。

 「米軍再編行方混沌」ときょうの沖縄タイムスは伝えている。

 「沖縄県は15日、本土復帰して33年を迎えた。在日米軍専用施設の約75%が集中する実態は変わらず、戦後60年を迎える今なお、基地から派生する事件・事故も絶えない。県は年内にも結論が出る米軍再編で負担軽減に期待するが、再編の行方は混沌としている。一方、復帰後、社会資本の整備は着々と進んだものの、県民所得は全国最下位、失業率は全国2倍で推移、財政依存度も高く、「自立的発展」に向けた模索が続いている。」

 日本政府とアメリカ政府が結んだ「沖縄返還協定」は、1972年5月15日午前0時をもって発効した。
続きを読む

党史

日本共産党のみならず、一般に左翼党派には、正確で歴史的に価値あるものを書くことが不可能なジャンルの文章。革マルや中核の場合、ふだんの活動が忙しいため、党史編さんをそもそもやっていない。そのため内ゲバの歴史なども正確に書いている、立花隆の「中核VS革マル」をテキストにして党史の学習を推奨する。

日本共産党の場合、党史編さんに人材を投入する余裕はあるのに、歴史の捏造が露骨なので、党の手による党史は間違い(捏造)さがしにしか使えない。

日本共産党と中核・革マルと比べると、日共の方がマシだというのが一般のイメージだが、中核・革マルは、日本共産党のように党員をも騙そうとしないだけ、良心的である。

それにしても、立花隆は「日本共産党の研究」という評価の高い党史も書いている。近年DQN系の著作が多いと言われるが、党史研究においては今なお偉大な足跡を残しているといえるだろう。

5月14日 オーウェンとその時代

 きょうは、オーウェン(1771−1858)の誕生日である。

 ロバート・オーウェンは、イギリス産業革命のなかに活躍した、先駆的な社会主義者である。高校の世界史の教科書では、こんな風に紹介されている。

 「1800年に紡績工場を経営して成功、労働者の生活改善に努力した。1825年にはアメリカでニューハーモニー村(理想的共同社会)を建設したが失敗した。工場法の制定や、労働組合・協同組合の育成にも努力した。」
                      (桐原書店『新世界史A』)

 オーウェンは、1771年、ウェールズのニュータウンという町に生まれた。ヘーゲルと、ベートーヴェンはこの前年、1870年の生まれで、ほぼ同年代だ。
続きを読む

分派

1党外の人間が日本共産党内で、成長途上の優秀な人間を探す時に見る指標の一つ。党から分派の認定を受けると、将来性のある人かもしれないとリストアップされる。真に優秀な人と認められるためには、そこから査問を受け、党に屈服することなく除籍・除名される必要がある。

2.日本共産党がもっとも嫌う、党主流派の言うことに異論を唱える人や考え方のこと。異論といっても、たとえば憲法九条改正に賛成する人はめったになく、いくら選挙に負け続けても責任を取らず、相変わらず負け続けるのがわかっているような指令が下りてくることに不満をいだくような場合がほとんどである。それを犯罪と同等に扱うのが、共産党らしさである。

5月13日 バリケードの日 カクテルの日

 1588年5月13日、バリケードの日。

 フランス第8次宗教戦争における歴史の一幕。パリの旧教徒市民と、ギーズ公の旧教同盟貴族が蜂起したのだ。旧教徒は夕方にはパリを制圧して、国王アンリ3世はシャルトルに逃れる。

 バリケードの歴史はかくも古い。パリの歴史は革命の歴史であり、また革命はバリケードの歴史である。

 不屈の革命家ブランキは、その主著『武装蜂起教範』バリケードについて図解入りで詳細に論じている。このブランキ式バリケードは、防禦壁・内壁・斜堤の 3層構造から成り立っている。ブランキは、このバリケードの構築にあたり、どれだけの石が必要になるか、事細かに計算している……計算違いもあるのだが。防禦壁・内壁は高さ3メートル、厚さ1メートル。敵の侵入をはばむ斜堤は、45度の傾斜で長さ4メートル。パリの公道を舗装する敷石は25センチ角である。道路の幅が12メートルとした場合、バリケード全体の容積は合計144立方メートル。したがって、敷石は全体では9186個、公道から長さ48メートルにわたって敷石をはぐことが必要になる。
続きを読む
プロフィール
キンピーをネットアイドルにする怪
正式名称「キンピーを応援する会」サイト構築運営部による息抜きBlogです。
「キンピーを応援する会」サイトは、2005年7/17日にオープンいたしました。
しかし、息抜きというわりには、おかたいこと書いているな……
蛇足……当運営部には、共産党員はいないので、党中央は党員にぬれぎぬを着せることなきようお願い申し上げます。
連絡先

busayodic@gmail.com

コメントは、ライブドアblogの仕様上、一コメント800字まで(以前は400字でした)。スパムに頻出するキーワードを使用すると、コメントがはねられることがあります。スパムメールによく使われるキーワードを使っていないのにコメントが拒否される場合は、上記メールアドレスにお問い合わせ下さい<(_ _)>

当blogは赤旗日刊紙購読だけでも年4万以上の経費がかかっております。少しは助けてやろうかと思うおめでたい方は、下記のリンクからアマゾンや楽天などに飛び、お買い物をしていただけると幸いです。
下記リンクから飛んで行くなら、何を買っていただいても当方に手数料が入ります。

少なくない常連さんから「ブログ運営費用と赤字を寄付してやるから、送金先を書け」とのご要望がありましたので、寄付口座を開設しました。



こちら

をクリックしていただくと、クレジットカードで寄付ができます。

支払いに必要な受取人情報
ちょコム登録メールアドレス busayodic@gmail.com

送金口座番号 312786815

振込先氏名 busayo_dic
おすすめリンク









激安?ギフトショップあい はこちら












Recent Comments
Archives
ケータイで見る時にお使い下さい
QRコード
  • ライブドアブログ