日本共産党・民青同盟悪魔の辞典+ キンピー問題笑える査問録音公開中

日本共産党や民青同盟、またやりよった……ぼやきのブログ キンピー問題サイトアドレスはこちら

民青に入ろう7キンピー問題が解決しないと民青にいられません!

数日してから、しおらしく戻る。くらーい顔をして先輩の前に行く。
そして、深刻そうに、先輩に相談を持ちかける。
「民青をやめたいと思います」

当然先輩は、理由を聞く。
「民青同盟は、評判が悪いんです。キンピー事件って知ってますか?」

「いや、知らない」(注:本当に知らないなら勉強不足、知っていてトボケるなら腹黒い)

「キンピーという共産党員の方が、大阪の民青の大会でビラをまいて、その事件をにちゃんねるに流した嫌疑で除名された事件です。ネットで民青同盟と検索すると、『キンピーをネットアイドルにする怪』という、いかにも怪しげなページがありまして、そこに書いてありました」

「それは民青同盟を誹謗中傷する反共謀略の団体だよ」

「あれ、今、知らないっておっしゃいませんでしたか?」
続きを読む

4月4日

 1919年4月6日、英領インドのローラット法(刑事緊急権限法)の施行に抗して、ガンディーは総ハルタルを呼びかける。ハルタルとはあらゆる仕事をやめること。「ゼネスト」と訳されることもある。インド独立運動における非暴力・不服従運動の幕開けである 。

 グジャラートの庶民階級に属する商人の家に生まれたマハートマ・ガンディ(1869−1948)は、1888年から3年間、英国に留学し、弁護士資格を取得する。この3年間の留学中に、はじめて古代インドの叙事詩『バガヴァッド・ギーダー』(神の歌の意)の英訳に接し、新約聖書に学び、クロポトキン、トルストイ、ラスキンなどの思想に触れる。その後、南アフリカに渡り、インド系住民の非暴力不服従運動を組織しつつ、自分の運動をサティヤーグラハ(「真理の把持」)と名づけた。1914年に成功裡に南アフリカにおける抵抗運動を終え、翌年帰国した後は、北ビハールの農民運動を出発点に、インド独立運動に参加していく。
続きを読む

民青に入ろう6「国民のための政治」バージョンへの対応

「国民のための政治」バージョンへの対応

「大企業の利益中心の政治を、国民の利益中心の政治に変えようとしているんだ。そのために民主的な連合政権を造ろうとしているのが日本共産党だ」と反論してくる場合もある。

「今の政治が大企業の利益中心の政治だという根拠は何ですか。税率は大企業でも中小企業でも変わらないでしょ」

「大企業は、下請けの中小企業をいじめて大きな利益を取っているじゃないか」

「そういうこともあります。しかし中小企業に大企業がいじめられていることもよくあります。その考えは通用しません」

「たとえばどんな?」続きを読む

4月5日

 1968年4月5日、プラハの春。チェコスロヴァキア共産党中央委総会が、複数政党制などを含む新しい行動綱領を採択する。

 1956年のスターリン批判の衝撃は、チェコスロヴァキアにおいても、じわじわと広がっていた。1960年代に入ると、アントニーン・ノヴォトニー(党第一書記兼大統領)の統治体制は揺らぎ始めた。1950年代に猛威をふるった粛清裁判犠牲者の名誉回復問題。計画経済の行き詰まり。スロヴァキアの自治要求……。

 1967年に入ると、チェコスロヴァキア作家同盟大会において、文学者たちが公然と共産党批判を行う。プラハでは、学生たちの学生寮の設備をめぐる抗議デモが、警察隊によって鎮圧される事態に発展する。党内においても、ノヴォトニー政権に対して、スロヴァキア共産党側から強い不満が出された。続きを読む

民青に入ろう5平和スリカエバージョンへの対応

前回の続き……日本共産党の言うことと、レーニンの言うことが違うことを指摘した場合、昨日のような受け答えのほかに、

「日本共産党は、今の日本でレーニンのようなことはできないから、日米同盟と米軍基地を無くして、非同盟中立の国として平和を追求しようとしている」

といった反応が返ってくる場合がある。
その場合の答えは

「あのー、どこにも属さないで、中立でいるってのは、要は何もしないことですよ。たとえばここに、殴り合ってる二人がいるとしますよね。中立でいるということは、どちらにも与しないということだから、ケンカを止めることもない。そんなんで平和が保てますか。自分だけが幸せだったらいいんですか?」
続きを読む

4月4日 1975年4月4日、ルーマニアのチャウシェスク大統領が来日す

 きょうは昨日の補足である。はたしてスターリン主義は克服されたのだろうか。

 わが左翼政党・党派のいうことを信じれば、もちろん、「スターリン主義の誤り」は克服されたのである。わが日本共産党は「大国の覇権主義」との決別を宣言した。革共同両派は「反帝国主義・反スターリン主義世界革命」の旗のもと結集している。第四インターはトロツキズムを復権した。エトセトラ。しかし不思議なことに、スターリン主義の問題がそっくり残っているのはなぜだろうか?

 たとえば、連合赤軍の総括リンチや、革共同両派の「内戦」は、スターリン主義の粛清の国内版ではないのだろうか? 「正しい理論」に貫かれていれば、それはスターリン主義ではないとでも? 百歩譲って、理論は正しいのかもしれない。しかしどうしてまあ諸君は、同じような誤りばかり繰り返してきたのだろうか?
続きを読む

民青に入ろう4日本共産党の出版物を返してからやること

かならず感想を聞かれるので、その時に言うことは
「日本共産党の言うことって、レーニンの言う左翼小児病そのものですね。これじゃ共産主義とは言えないですね……」相手の目をじっと見つめて言うと、特に効果的。
あるいは「『左翼小児病』は手に入らなかったんで、『国家と革命』を読んだんですが、共産党って、レーニンの言う『日和見主義』じゅないですか?」でもいい。

レーニンの言う左翼小児病とは、簡単に言うと、プロレタリアート独裁と社会主義革命を実践しようとしないで、単に労働運動をやっているだけ(左翼用語で日和見主義という)という「病気」にかかっていることを指す。もちろんレーニンは、これを否定している。

すると、民青の先輩たちは「いやそうじゃない、日本はロシアと違うし、自主独立路線をとっているから」とか何とか、言い訳をする。
そこで、「じゃ、レーニンから私は何を学べばいいのでしょう?」と質問する。すると、「民主勢力の結集」とか「思想信条を越えて団結」とか言うはずである。
(ちなみに、そんなことをレーニンは言っていないが、そこは無視しておく)
そこで、
続きを読む

4月3日

1922年4月3日、共産党第11回大会でスターリンがソ連共産党書記長に指名される。

 「スターリン主義」という言葉は、狭義では、スターリンの指導下にあったソヴィエトの支配体制をさして使われている。しかし1956年のフルシチョフのスターリン批判以降も、ソ連ではスターリンなきスターリン主義が存続した。スターリン主義ということばから思いつくのは、「粛清」「官僚主義体制」「個人独裁」「収容所群島」というような忌まわしいイメージである。スターリン主義をどう規定するのか、スターリン批判以降の左翼運動・共産主義運動は、分岐と混乱と対立を繰り返してきた。この問題については、また別の機会に譲り、ここでは「スターリン書記長」誕生の背景の覚書にとどめる。

 1922年の共産党第11回大会は、レーニンの指導下における最後の党大会だった。1922年5月24日、52歳のレーニンは脳溢血で倒れる。1924 年1月21日の逝去まで、1922年から1923年の秋から冬にかけての短い期間を除いて、政治活動からは隠退した。しかしレーニンの退場は、共産党の体制を根底からくつがえすものになる。続きを読む

民青に入ろう3.新入団員歓迎コンパに出る時の心得

まずは、班の幹部のあいさつを素直に聞くこと。自分のあいさつの順番が回ってきたら、

・民青同盟に入れて、大変うれしいこと
・さっそく、マルクス・エンゲルスの「共産党宣言」を読み始めたこと(読んでなくとも読んでいるという……内容を聞かれたら、読みはじめだから分からないと言えばよい)
・つぎにレーニンの「共産主義内の『左翼』小児病」を読むつもりだ

と、少女マンガの主人公の目をして喋る。

多くの民青同盟員は、日本共産党のパンフレットや「しんぶん赤旗」と民青の機関誌「民主青年新聞」「われら高校生」は読んでも、マルクスやレーニンはほとんど読んでいないし、読んでいないことのコンプレックスを持っていることが多い。だから歓迎会の雰囲気が多少乱れる可能性がある。そんな雰囲気を察したら、
続きを読む

4月2日

 1996年4月2日、北海道・日高地方の二風谷(にぶたに)に建設されたダムが貯水を始める。
 アイヌの聖地が水没するとして、アイヌ民族の萱野茂参議院議員らが抗議する。

 北海道平取町の二風谷ダムの建設工事に反対して、二人のアイヌの地権者、貝沢正と萱野茂の両氏はダム用地として自分の土地を売ることを拒否していた。しかし1989年2月、北海道収用委員会は、建設省はこの申請を無視して二人の土地の強制収用を承認してしまう。萱野氏と貝沢氏の長男耕一氏は、1993年 5月、強制収用の裁決取り消しを求める行政訴訟を札幌地方裁判所に起こしていた。
 
 二風谷には、たくさんのアイヌ民族が暮らし、アイヌ語を学び、アイヌ文化を育んできた。しかしこのダム建設で、アイヌ民族の伝統行事であるチプサンケ(舟おろしの儀式)を行ってきた、かつての渡船場も水没してしまう。続きを読む
プロフィール
キンピーをネットアイドルにする怪
正式名称「キンピーを応援する会」サイト構築運営部による息抜きBlogです。
「キンピーを応援する会」サイトは、2005年7/17日にオープンいたしました。
しかし、息抜きというわりには、おかたいこと書いているな……
蛇足……当運営部には、共産党員はいないので、党中央は党員にぬれぎぬを着せることなきようお願い申し上げます。
連絡先

busayodic@gmail.com

コメントは、ライブドアblogの仕様上、一コメント800字まで(以前は400字でした)。スパムに頻出するキーワードを使用すると、コメントがはねられることがあります。スパムメールによく使われるキーワードを使っていないのにコメントが拒否される場合は、上記メールアドレスにお問い合わせ下さい<(_ _)>

当blogは赤旗日刊紙購読だけでも年4万以上の経費がかかっております。少しは助けてやろうかと思うおめでたい方は、下記のリンクからアマゾンや楽天などに飛び、お買い物をしていただけると幸いです。
下記リンクから飛んで行くなら、何を買っていただいても当方に手数料が入ります。

少なくない常連さんから「ブログ運営費用と赤字を寄付してやるから、送金先を書け」とのご要望がありましたので、寄付口座を開設しました。



こちら

をクリックしていただくと、クレジットカードで寄付ができます。

支払いに必要な受取人情報
ちょコム登録メールアドレス busayodic@gmail.com

送金口座番号 312786815

振込先氏名 busayo_dic
おすすめリンク









激安?ギフトショップあい はこちら












Recent Comments
Archives
ケータイで見る時にお使い下さい
QRコード
  • ライブドアブログ