日本共産党・民青同盟悪魔の辞典+ キンピー問題笑える査問録音公開中

日本共産党や民青同盟、またやりよった……ぼやきのブログ キンピー問題サイトアドレスはこちら

シール投票2

03f1c0a7.gif最初に大きなシールを貼り、投票に参加する人には小さなシールが与えられる。
これは、もし反対の意見に多くのシールが貼られるケースを想定しての工夫と思われる。
ただ。シール投票が進むにつれて、なぜか大きなシールも増える。

シール投票

81ab8737.gif近年、民主青年同盟や日本共産党が力を入れている、ますます本来の目的から逸脱したアンケート手法の劣化形。
大きな板の中央に書かれた「憲法九条を守る」「消費税増税に反対」といった文章の左右にYes,Noのシールを貼る空間があり、通行人にシールを渡し、どちらかに貼ってもらう方式をとる。
日本共産党中央委員会のサイトにある
http://www.jcp.or.jp/movie/news_mov/20040627_tohyo.html
によると、
最初から自分たちの主張の方に目立つよう多くの大きなシールを貼っておき、相手を恣意的に自分たちの主張に誘導しようとするのが、シール投票のテクニックのようである。

上記写真は、日本共産党中央委員会が上記アドレスにある動画を削除した場合に備えたスナップショット。クリックすると捌ウインドウで実寸サイズで表示します。
QuickTimeのバーボタンの位置に注目。スタート段階で、すでにシールが恣意的に貼ってある。
最初のセリフは「今からシール投票やります」

4月8日

 1903年4月8日、黒岩涙香、幸徳秋水、内村鑑三、堺利彦らが「萬朝報」に非戦論を発表する。

 『萬朝報』1892年(明治25年)11月、黒岩涙香によって東京で創刊。「万朝報」は「よろず重宝」にあやかる。 「永世無休」を掲げ、「一に簡単、二に明瞭、三に痛快」をモットーとし、権力悪に対しては徹底的に追求する態度、涙香による翻案探偵小説の人気によって急速に部数を伸ばし、1899年(明治32年)末にはその発行部数が東京の新聞中1位に達した。

▽萬朝報
http://www.honco.net/japanese/04/caption/caption-3-07-j.html

▽黒岩涙香と万朝報
http://kochi-bunkazaidan.or.jp/~bungaku/yorozutyouhou.html

 「萬朝報」に非戦論が掲載されたこの日、「時事新報」は「露国・満州占領を宣言」とロンドン発の外電を伝える。
 新聞が各紙とも主戦論に傾く中にあって、非戦論を堅持していたのが「萬朝報」である。この日発表されたキリスト者・内村鑑三の「戦争廃止論」を引用する。続きを読む

アンケート

キャッチセールスによく使われる、カモに話かけるきっかけを作るツール。民主青年同盟も勧誘によく使用する。「アンケートおねがいしまぁ〜す!」と寄って行っては、カモ候補の意見を聞き、カモにできるか事前調査ができる利点があるからである。もとより通常のアンケートのように、結果を集計・分析する気はない。

「憲法第9条についてどう思いますかぁ?」と聞かれて、「平和のために必要ですね」などと答えると、どんどん他の項目をネタに思想を探っていかれる。肯定的な雰囲気で接すると、ニコニコして最後に、「民青同盟に入りませんか」と勧誘される。続きを読む

4月7日

 1947年4月7日、労働基準法が公布される。

 日本国憲法27条で勤労条件に関する基準を法で定めるとしているため、これに基づいて包括的に労働者を保護する労働基準法が制定され、この日公布される。

 法律の条文はむずかしい。以下の口語訳サイトを紹介しておきたい。

労働基準法 わかりやすく逐条解説
http://www.roudou.net/law_ki2.htm


 まず最初におさらいしておこう。資本制経済の下で成り立つ市民社会は、以下の三つの原理で支えられている。
続きを読む

民青に入ろう7キンピー問題が解決しないと民青にいられません!

数日してから、しおらしく戻る。くらーい顔をして先輩の前に行く。
そして、深刻そうに、先輩に相談を持ちかける。
「民青をやめたいと思います」

当然先輩は、理由を聞く。
「民青同盟は、評判が悪いんです。キンピー事件って知ってますか?」

「いや、知らない」(注:本当に知らないなら勉強不足、知っていてトボケるなら腹黒い)

「キンピーという共産党員の方が、大阪の民青の大会でビラをまいて、その事件をにちゃんねるに流した嫌疑で除名された事件です。ネットで民青同盟と検索すると、『キンピーをネットアイドルにする怪』という、いかにも怪しげなページがありまして、そこに書いてありました」

「それは民青同盟を誹謗中傷する反共謀略の団体だよ」

「あれ、今、知らないっておっしゃいませんでしたか?」
続きを読む

4月4日

 1919年4月6日、英領インドのローラット法(刑事緊急権限法)の施行に抗して、ガンディーは総ハルタルを呼びかける。ハルタルとはあらゆる仕事をやめること。「ゼネスト」と訳されることもある。インド独立運動における非暴力・不服従運動の幕開けである 。

 グジャラートの庶民階級に属する商人の家に生まれたマハートマ・ガンディ(1869−1948)は、1888年から3年間、英国に留学し、弁護士資格を取得する。この3年間の留学中に、はじめて古代インドの叙事詩『バガヴァッド・ギーダー』(神の歌の意)の英訳に接し、新約聖書に学び、クロポトキン、トルストイ、ラスキンなどの思想に触れる。その後、南アフリカに渡り、インド系住民の非暴力不服従運動を組織しつつ、自分の運動をサティヤーグラハ(「真理の把持」)と名づけた。1914年に成功裡に南アフリカにおける抵抗運動を終え、翌年帰国した後は、北ビハールの農民運動を出発点に、インド独立運動に参加していく。
続きを読む

民青に入ろう6「国民のための政治」バージョンへの対応

「国民のための政治」バージョンへの対応

「大企業の利益中心の政治を、国民の利益中心の政治に変えようとしているんだ。そのために民主的な連合政権を造ろうとしているのが日本共産党だ」と反論してくる場合もある。

「今の政治が大企業の利益中心の政治だという根拠は何ですか。税率は大企業でも中小企業でも変わらないでしょ」

「大企業は、下請けの中小企業をいじめて大きな利益を取っているじゃないか」

「そういうこともあります。しかし中小企業に大企業がいじめられていることもよくあります。その考えは通用しません」

「たとえばどんな?」続きを読む

4月5日

 1968年4月5日、プラハの春。チェコスロヴァキア共産党中央委総会が、複数政党制などを含む新しい行動綱領を採択する。

 1956年のスターリン批判の衝撃は、チェコスロヴァキアにおいても、じわじわと広がっていた。1960年代に入ると、アントニーン・ノヴォトニー(党第一書記兼大統領)の統治体制は揺らぎ始めた。1950年代に猛威をふるった粛清裁判犠牲者の名誉回復問題。計画経済の行き詰まり。スロヴァキアの自治要求……。

 1967年に入ると、チェコスロヴァキア作家同盟大会において、文学者たちが公然と共産党批判を行う。プラハでは、学生たちの学生寮の設備をめぐる抗議デモが、警察隊によって鎮圧される事態に発展する。党内においても、ノヴォトニー政権に対して、スロヴァキア共産党側から強い不満が出された。続きを読む

民青に入ろう5平和スリカエバージョンへの対応

前回の続き……日本共産党の言うことと、レーニンの言うことが違うことを指摘した場合、昨日のような受け答えのほかに、

「日本共産党は、今の日本でレーニンのようなことはできないから、日米同盟と米軍基地を無くして、非同盟中立の国として平和を追求しようとしている」

といった反応が返ってくる場合がある。
その場合の答えは

「あのー、どこにも属さないで、中立でいるってのは、要は何もしないことですよ。たとえばここに、殴り合ってる二人がいるとしますよね。中立でいるということは、どちらにも与しないということだから、ケンカを止めることもない。そんなんで平和が保てますか。自分だけが幸せだったらいいんですか?」
続きを読む
プロフィール
キンピーをネットアイドルにする怪
正式名称「キンピーを応援する会」サイト構築運営部による息抜きBlogです。
「キンピーを応援する会」サイトは、2005年7/17日にオープンいたしました。
しかし、息抜きというわりには、おかたいこと書いているな……
蛇足……当運営部には、共産党員はいないので、党中央は党員にぬれぎぬを着せることなきようお願い申し上げます。
連絡先

busayodic@gmail.com

コメントは、ライブドアblogの仕様上、一コメント800字まで(以前は400字でした)。スパムに頻出するキーワードを使用すると、コメントがはねられることがあります。スパムメールによく使われるキーワードを使っていないのにコメントが拒否される場合は、上記メールアドレスにお問い合わせ下さい<(_ _)>

当blogは赤旗日刊紙購読だけでも年4万以上の経費がかかっております。少しは助けてやろうかと思うおめでたい方は、下記のリンクからアマゾンや楽天などに飛び、お買い物をしていただけると幸いです。
下記リンクから飛んで行くなら、何を買っていただいても当方に手数料が入ります。

少なくない常連さんから「ブログ運営費用と赤字を寄付してやるから、送金先を書け」とのご要望がありましたので、寄付口座を開設しました。



こちら

をクリックしていただくと、クレジットカードで寄付ができます。

支払いに必要な受取人情報
ちょコム登録メールアドレス busayodic@gmail.com

送金口座番号 312786815

振込先氏名 busayo_dic
おすすめリンク









激安?ギフトショップあい はこちら












Recent Comments
Archives
ケータイで見る時にお使い下さい
QRコード
  • ライブドアブログ