日本共産党・民青同盟悪魔の辞典+ キンピー問題笑える査問録音公開中

日本共産党や民青同盟、またやりよった……ぼやきのブログ キンピー問題サイトアドレスはこちら

曽於市の元共産党、五位塚市長再選

もっく氏のコメント
曽於市の五位塚市長が再選されましたが、共産党をおやめになったみたいですね。赤旗の記事も小さかったです。

曽於市ホームページ市長挨拶


市長プロフィール

全く共産臭がしない感じだし、プロフィールにもそれらしいことは書いてない。しかし、まがう事なき共産党の人ではあった。

今回改めて調べてみたが、もともと独立自営志向の空調屋さんがなんでまた共産党から市議、市長になったのか・・・そしてなぜ共産党から離れたのか?なかなか興味深い方のようである。

共産党都議団、1000万円越えの金額を都に寄付

報告があって知ったが

NHK

共産党都議団は、今月の東京都議会議員選挙に立候補せず引退した6人の前の議員が、任期中に交通費などとして支給された「費用弁償」と呼ばれる経費について、「議員報酬をもらいながら二重の受け取りになる」などとして、これまで使わずに1000万円余りを積み立て、25日、都に寄付しました。
東京都議会では、本会議などに出席する際の交通費などとして、地域によって1日当たり一律1万円か1万2000円の「費用弁償」と呼ばれる経費が支給されてきましたが、都議会改革の一環としてことし4月に廃止されました。
共産党都議団は、25日記者会見し、今月の都議会議員選挙に立候補せず引退した6人の前の議員が、この4年間の任期中に使わずに積み立てていた費用弁償、1017万円を都に寄付し、小池知事に目録を渡したことを明らかにしました。 


なかなかスマートなアピールですね。 ただ、今回も、そして将来もないから問題ないんでしょうけど、島嶼部(選挙区名は島部)選出都議の費用弁済は継続すべきだと思うよ。交通費が半端ないし宿泊費も相当発生するはずだから。

そういうところに目が行かないのは、共産党らしいと言えば、らしいけどもw 

有田芳生参議院議員、堂々と赤旗紙面に!




ということで、共産党がひたすら避けてきた元共産党員である有田芳生参議院議員、堂々と赤旗に登場である。同氏に関しては以前は無視から、無視したら批判されるようになって、名前は出すと来て、今回は写真まで出たと言うことで、野党共闘によるペレストロイカが進んだと言えよう。

ちなみに有田氏は共産党改革に資する書を編集した廉で除籍になった人。そのきっヵけになったのがこれ。27年も前の本だが、今なお新品で手に入る。それだけ共産党が変化せず、本が時代遅れになるのが遅れに遅れて今に至っているのだろう。
日本共産党への手紙
教育史料出版会
1990-06-30


共産党県議ら、宮城の話題CMにクレーム


産経新聞

タレントの壇蜜さんが出演する宮城県の観光PR動画を巡り、同県議会の女性議員7人が21日、「女性が性の対象として表現されている部分が多い」として県に配信中止を申し入れた。県側は配信を継続する考えを伝えた。

動画は県やJR東日本などが制作し、壇蜜さんが宮城県の名物や観光名所を紹介する内容。性的表現と受け止められかねないシーンもあり、物議を醸している。
民進党系会派と共産党の県議らは、村井嘉浩知事宛ての申し入れ書を河端章好副知事に手渡し「復興予算を投入したあの動画で、全国の人は県を訪れようとは思わない」と抗議した。
 河端副知事は「良い反応もあり、配信は続ける。意見は知事にしっかりと伝えたい」と答えた。
 申し入れ後、記者会見した共産党の天下みゆき県議は「配信中止が受け入れられず残念だ。宮城の豊かな自然と文化を発信していく上で、誤りだ」と訴えた。 

宮城って、そんなに涼しいのか?と思って調べたら、8月最高気温は東京より3度低い・・・なるほど。

それはそれとして、この手の CMと言えば、話題になってなんぼなわけで、宮城藩士の末裔である壇蜜タンを使ってギリギリのところを攻めた宮城県としては、本音は「してやったり」と言ったところだろう。文句をつけるのか無粋というもの。

まーこういう人が、福山雅治が女性に向けてセクシーなCMやったりしても問題にしないだろう。クレームをはねつけた宮城県の判断は正しい。


 

時給千円、そしてはじまる中小企業倒産なんか全労連には関係ありませんw

しんぶん赤旗

全労連は20日、中央最低賃金審議会の小委員会が開かれた厚生労働省前で、最低賃金の大幅引き上げ・全国一律最賃制度の実現を訴える宣伝をしました。

 全労連の斎藤寛生常任幹事は「地域別最賃制度が格差を生み出し、地方からの人口流出と地域経済の疲弊を招いている。どの地域でも人間らしく生きられる全国一律最賃制度を実現すべきです」と強調。審議会や小委員会の議事を公開することも要求しました。 

時事通信
 求人情報大手のリクルートジョブズ(東京)が20日発表した6月のアルバイト・パート平均時給調査によると、3大都市圏(首都圏、東海、関西)の募集時平均時給は前年同月比2.4%増の1012円と48カ月連続で増え、2006年1月の調査開始以来、過去最高額となった。

人手不足で都市圏の時給はすでに1000円に到達。地方もすぐに追いついてくるだろう。なのでこういう運動自体、今のご時世で意味なかろうと思っていたら、全国共通最低賃金を求めているんだね。

全国共通賃金はコストコが始めていて、しかも地方では飛び抜けて高い時給になるものだから、大手の小売りから中小企業まで、優秀な人材をコストコに取られて人集めに苦労している会社が多い。そんな会社は、最低時給を1000円、1500円にしていったら、商品価格を上げるか、廃業しかないってケースがほとんどだ。

すなわち、全労連の言うとおりにすると、地方の雇用がますますなくなって、地方はもっと疲弊してしまう可能性が高い。

時給上昇について来れない会社は市場から退場せよというならそれも一つの考えなんだが、そう言ってしまうと共産党がさんざ批判してきた新自由主義の考えそのものになるわけで、完全に自己矛盾に陥る。

でもそんなことなど共産党・全労連は一切考えなくていい。支持を広げようとせず、一部の愚か者だけを相手にしていたらいいのだから、これでいいのだw

でもね、そんなことで世の中変えられる?

 

党創立95周年講演会、志位たんの正直さが光るw

しんぶん赤旗
党創立95周年講演会、不破タンはいつものでどうしようもなく退屈だが、志位たんは正直さが垣間見えてよろしいw

 日本共産党が17議席から19議席へ躍進した今回の都議選。志位氏は「これまでの一連の選挙での躍進とは一味違う喜びがあります」と語り、少なくない選挙区で最後の1議席を自民党との激戦を制してかちとったことを強調。これまでの選挙では、自民党の支持が崩れるもとで「非自民」の「受け皿」がつくられ日本共産党は後退を余儀なくされ、今回も「都民ファーストの会」という「受け皿」勢力が登場する難しい条件の選挙でしたが、党は躍進を果たしました

志位たんも勝てるとは思っていなかったのだwww
もっとも

第二は、日本共産党が野党と市民の共闘を呼びかけ、実践してきたことに、これまでにない広範な人たちから評価を受けたことです。

 都議選で日本共産党は、6選挙区で他会派・無所属候補を支援・推薦し、21選挙区で他党・他会派の支援・推薦を受け、かつてない共同が広がりました。「野党と市民の共闘によって、本気で安倍政権を倒す、本気で安倍政権に代わる別の選択肢―『受け皿』をつくるという道に踏み出していたからこそ、党派の違いを超えて支援の輪が広がったのではないでしょうか」と語りました。

広範な支持を受けた割には、たった2議席しか増やせなかったということは党の足腰が弱ってきていることを如実に示すことであって、野党共闘に踏み出していなければ、たぶん敗北していたってことだろう。

しかし希望もある。都民ファーストは共産党以上に議員に人がいないみたいだから、共産党は野党だとは言え相当かき回せる可能性がある。それが支持率向上には繋がるとは思えないが、しばらく存在感は出せるだろう・・・4年後はそうはいかないだろうけどw

 

東大で民青・共産党活発に活動、そのわけは当然アレだw



なぜ今ごろ活発に民青・共産党が動くのかというと、東大教養学部自治会の脱退騒ぎを知る年代の学生が卒業してしまったからだろう。

学生の圧倒的な支持によって全学連脱退が進められ、その後自分たちのミスで学内拠点を失った民青・共産党だったが、今は失った拠点を回復しているのだろうか?

ま、学内に拠点はなくてもすぐ近くのマンションなどに拠点はあるからどうでもいいのだが、学生の反発は今もあるわけだから、ほどほどにしておかないとね・・・民青に敏感なオチャーは東大には多いし、毎年オチャーも入ってくるのだからwww

都議選野党共闘、実は内部で足引っ張ってた輩が

ということで、自由党界隈からw

東京都議選で自由党は野党共闘に前向きであったが、一部選挙区をのぞき共産党との共闘を断られたという信じがたい事態が判明! この件は小沢一郎もどこかのインタビューで答えているので動画を探せとのこと。

ちなみにこの共闘拒否の件は、地区委員会レベルには降りておらず、都委員会レベルまでしか伝わっていない模様だとか。なので選挙現場では自由党とも共闘していたと思っている運動員は多いはずだ。

で、小沢に対し共闘の断りを入れてきたのは穀田恵二で、裏には都委員会委員長若林義春もいる。問題は野党共闘を提案し現実に進めてきた共産党が、なぜ今ごろになって共闘潰しみたいなことを裏でやるのかだ。

そのあたりは自由党界隈からの情報なので共産党の内情まではわからないとしながらも、某情報網のリサーチによると、志位和夫に対する不破哲三に嫌がらせらしい。

以前から当blogでは野党共闘の仕掛け人は不破哲三だと言ってきた。党内事情を鑑みれば志位のアイディアに不破が乗るはずがないからだ。しかし、どうも本当に志位たんのアイディアで志位主導でやられたらしい。

でもって、その野党共闘が何のかんのと言ってもそれなりに成果を収めつつあるのが不破としては面白くない。
で、勝てそうなところの共闘は要らないと元不破七加子秘書の若林に言って、若林から穀田に話が行った模様だ。

不破ちん、死ぬまで志位たんに嫌がらせするつもりなのだろうか?そんなことしてたら死んで七加子たんだけ残された時、どんな扱い受けるようになるか知らんぞ・・・・ 

北海道反原発連合で170万円着服事件

北海道新聞
毎週金曜夕に札幌市中央区の道庁前で脱原発デモを行っている任意団体「北海道反原発連合」の30代の男性スタッフが、デモ参加者から募ったカンパ(寄付金)を着服していたことが13日、分かった。金額は2年半で約170万円に上るとみられる。同連合は5年間毎週続けた道庁前デモについて、次回の14日以降、当面自粛する。 

北海道反原発連合
1 この度、北海道反原発連合スタッフの一員であった渋谷和也が、道庁前抗議行動の際に参加者の皆様からいただいたカンパ金について、私的流用をしていたことが発覚しました。渋谷和也は、抗議行動の際のカンパの担当でしたが、そのカンパ金が2年間にわたり、北海道反原発連合の口座に送金されておらず、預かったカンパ金の使途を問いただしたところ、カンパ金を私的に流用したことをを告白しました。
抗議行動支援のためにカンパ金を拠出していただいた皆様、抗議行動に参加していただいた皆様の信用を裏切るかたちとなってしまったことを深くお詫び申し上げます。 


首都圏だけでなく、北海道にも反原発連合があるとは恥ずかしながら初めて知ったのだが、 カンパ担当から2年間にわたりカネが送金されていなかったのに気がつかないって、わけがわからないのだが・・・一部は送金されていて、一部を着服していたなら、まだ話はわかるというか、サイト書いてる人の頭が真っ白になっていてそみまで説明できる精神状態に無い状態で書いているのかも知れない。

まぁ、反原発と言うだけで身分属性関係なしに運営されている団体であろうから組織管理は当然甘いだろうし、こういうことがあってもしょーがない(良くはないが)とは思う。 

とはいえ、北海道反原発連合は、以後資金管理を厳しくする必要はあるわけだが、首都圏反原発連合や、他にもあるかもしれない反原発連合がそこまで管理できているのか?よくわからん。 

西ドイツは憲法違反として共産党を解散させていた

産経新聞
先進国で共産党が伸びるのは日本だけなのははなぜってな感じの記事で、日本人は共産党に寛容だとする記事。
まぁ、寛容と言えば寛容だが、これには戦前の反省やGHQの政策などと同時に、名もなき党員たちが町や村で一生懸命住民のために頑張ってきたことも背景にあるのだろう。

しかしそんなことよりこんな記述にびっくりした。
▼ただ、こうした日本の現状は、世界的には稀有(けう)な事例らしい。歴史資料収集家の福冨健一氏の著書『共産主義の誤謬(ごびゅう)』によると、先進国で共産党が躍進しているのは日本だけで、欧米では消えつつあるという。米国や英国、ドイツ、イタリアなどでは共産党は国政の場に議席を持っていない。

 ▼「どうして日本には、共産党があるの?」。福冨氏が、諸外国の若者たちを国会議事堂に連れて行くと、決まって驚くのだそうだ。確かに、共産党は憲法違反だとして1956年に解散させた西ドイツ(現ドイツ)のような国からみると、日本の無防備なまでの寛容さは不思議なのだろう。


西ドイツって、共産党は憲法違反として解散させたって・・・戦前の日本の左翼政党への弾圧みたいな事やってるわけだ・・・意外とドイツって抑圧的な国なのね。

プロフィール
キンピーをネットアイドルにする怪
正式名称「キンピーを応援する会」サイト構築運営部による息抜きBlogです。
「キンピーを応援する会」サイトは、2005年7/17日にオープンいたしました。
しかし、息抜きというわりには、おかたいこと書いているな……
蛇足……当運営部には、共産党員はいないので、党中央は党員にぬれぎぬを着せることなきようお願い申し上げます。
連絡先

busayodic@gmail.com

コメントは、ライブドアblogの仕様上、一コメント800字まで(以前は400字でした)。スパムに頻出するキーワードを使用すると、コメントがはねられることがあります。スパムメールによく使われるキーワードを使っていないのにコメントが拒否される場合は、上記メールアドレスにお問い合わせ下さい<(_ _)>

当blogは赤旗日刊紙購読だけでも年4万以上の経費がかかっております。少しは助けてやろうかと思うおめでたい方は、下記のリンクからアマゾンや楽天などに飛び、お買い物をしていただけると幸いです。
下記リンクから飛んで行くなら、何を買っていただいても当方に手数料が入ります。

少なくない常連さんから「ブログ運営費用と赤字を寄付してやるから、送金先を書け」とのご要望がありましたので、寄付口座を開設しました。



こちら

をクリックしていただくと、クレジットカードで寄付ができます。

支払いに必要な受取人情報
ちょコム登録メールアドレス busayodic@gmail.com

送金口座番号 312786815

振込先氏名 busayo_dic
おすすめリンク









激安?ギフトショップあい はこちら












Recent Comments
Archives
ケータイで見る時にお使い下さい
QRコード
  • ライブドアブログ