日本共産党・民青同盟悪魔の辞典+ キンピー問題笑える査問録音公開中

日本共産党や民青同盟、またやりよった……ぼやきのブログ キンピー問題サイトアドレスはこちら

絶滅寸前の職場支部の学習会記事がすごい

しんぶん赤旗
26、27の両日に開かれた日本共産党の職場問題学習・交流講座では、44人が発言し、困難な状況のもとでも明るく元気に奮闘する全国の日本共産党の職場支部の姿が浮き彫りになりました。参加者から「頑張る方向に確信をつかんだ」「大変明るいトーンに貫かれた会議だった」「困難な職場にありながら元気に活動している党支部の発言を聞き、救われた思い」などの感想が寄せられています。討論の様子を紹介します。 

ごく一部のまだそこそこ活動できている職場支部の人が集まっての学習会だろうが、 やたら力が入っている記事だ。しかも、当blogを意識してか民医連と役所以外の民間企業支部が最初の方にいくつか出てくる。実名が出ているのは川重だけだが、この感じだとまだ一ケタくらいは民間企業支部が活動を続けているようだ。

それとネットに情報公開している有名な民間企業支部はトヨタ、スズキ、デンソーがあるけど、これらの支部の人は参加していなかったんだろうか?こういうとこの支部は匿名にする必要はないと思うんだが?

 

宮本たけし先生、やはり変わらずw

しんぶん赤旗

衆院国土交通委員会は23日、所有者不明の土地利用を進める特別措置法案を賛成多数で可決しました。日本共産党は、憲法29条の財産権に基づく土地所有者の手続保障の権利が不当に奪われるとして反対しました。

 同法案は、道路などの公共事業の際に行う土地収用法の手続きを簡素化し、収用委員会による裁決を都道府県知事の裁定に代える特例などを盛り込んでいます。

 日本共産党の宮本岳志議員は、法案の目的が公共事業を進めるコストと時間を省くことだと指摘。住民合意のない公共事業で、安易に所有者不明土地とされる危惧があると批判しました。 

久しぶりにたけし先生ネタw。昔だいぶ鍛えてあげましたが、少しは成長したでしょうかw?

この所有者不明の土地ってのは、増田寛也元総務相ら民間有識者でつくる研究会の推計で全国で410万ヘクタール。2040年には720万ヘクタール(北海道の面積に匹敵)も出るらしい。

ぼくちんとこの近くでも道路建設でこの手の所有者不明の土地があったと聞いた。面積ほんの数十平米だったが、これを所有者の不明として避けて通せば、工費は上がるわ、さらに立ち退き家屋は増えるわ、安全性に問題のある設計になるわとかたいへんで、所有者不明土地の扱いに相当時間がかかってたいへんだったそうな。

ま、それはそれとして、公共事業で安易に所有者不明の土地にされるってどういうこと?こういうのは住民合意もとり付けられて、最後に残るのがこうした所有者不明の土地ですよ。住民合意が取り付けられなかったら、誰が好き好んでこんなややこしい土地を使おうとすると思います?

土地収用の手続きがどのような手順で行われているのか、勉強してから質問しましょうね(というか、収容者の立場に立って想像するだけでもわかるけどもw)




 

職場支部って、どれくらい生き残っているんだろ?

しんぶん赤旗

日本共産党の職場問題学習・交流講座は27日、前日に続いて討論と、山下芳生副委員長が討論のまとめを行い、終了しました。

 山下氏は、職場で党を大きくし、党の灯を消さないと取り組まれており、「苦労は多いけれど、明るく奮闘しているのが特徴だった」と述べました。 

共産党の支部は、居住支部と職場支部の二種類がある。居住支部は、住んでいる地域の人が集まる支部。職場支部は、会社の従業員が集まる支部だ。まだ二万数千は残っている共産党の支部のうち、職場支部がどれくらい残っているのかは発表がないのでわからない。

 労働運動の立場で考えるとメインとなめのは職場支部だが、現在それなりに活動できている職場支部は民医連病院など共産党系の職場がほとんどで、一般企業ではほとんど死滅し、残っているのは定年退職者しかいないなんてところがほとんどだと言われる。

なので
討論で、大企業職場の代表は、突然の工場閉鎖の発表に、党として閉鎖中止を訴えるビラを門前で配布したとして、「職場に党があるからたたかえる」と語りました。
なんてのは、本当に希有な事例である。

いったいどれくらい生き残っているもんなんでしょうかね?

相談・地方選挙監視員&ふみたんの投稿について

読者諸兄にご相談
数カ月前から、主に地方選挙監視員たんとふみたんから地方選挙情報を寄せていただいているのだが、blogの仕様上、その時期のエントリにコメントを付ける形になっている。
蓄積すれぱ良いデータで、ばらばらになっているのが以前から気になっていた。で。読者の中にもそういう方はいらしたようで「まとめろボケぇ」とお叱りを受けた。

なわけで、地方選挙情報は別立て(エントリ建ててタグを付けるか、「地方選挙情報」エントリを一つ建ててそこにコメントしていただくか) など考えているのですけど、どういう形式が良いでしょうかね?

筆坂たん、議員時代年収1000万なかった。



たぶん今日のそこまで言って委員会だと思うが、筆坂タンが自分書いた時の給与事情を話している。にしても給与の所得税を払わなければならないのは当然としても議員歳費2500万円分の所得税も払わなければならなかったというのは初めて知ったというか......ちょっと考えれば簡単にわかることではあるのだけど。

このあたり、以前もめて報道されたこともあるので近年は違っているかもしれない。以前聞いた気がするんだが、申し訳ない、忘れてしまった(爆)

神奈川で赤旗包囲網が拡大する

産経新聞
全国の自治体で「タブー」とされてきた共産党議員による自治体職員に対する同党機関紙「しんぶん赤旗」の購読勧誘問題。神奈川県内で今年に入り、藤沢市議会と茅ケ崎市議会で相次ぎ市庁舎内での購読勧誘・配達・集金を行わないよう求める陳情が採択された。さらに、市職員が管理職に昇進した際、言葉巧みに購読勧誘を持ちかけるなど、議員の立場を利用した「手口」も明らかになってきた。庁舎内での赤旗勧誘を問題視する動きは全国規模で拡大しつつあるとみられ、両市の取り組みに注目が集まりそうだ。 

もう何年前からか忘れたが、着々と赤旗包囲網が築かれている。  
神奈川の場合、記事にもあるが藤沢市が端緒となってもう四年になり、仕掛け人の上畠寛弘市議は現在神戸市議会に移っているので、神戸市でもいずれこの問題は取り上げられる可能性がある。加古川近辺ではすでに問題にもされているしね。

日本全国の役所でみんなこういう措置をとられると、少なくとも赤旗は1割は減る。 

シール投票のデタラメが映像化されましたw


昨日行われた五党1会派の野党緊急街宣で行われたもののようで、一人で何枚も貼っている姿が撮影されている。これに連なるツイートにも注目。こうして共産党は信用をなくすw

シール投票なんか10年以上前からこのblogでデタラメなのは書いているが、インチキの現場をこうして撮影されても改善したりはしないだろうw
 

共産党、自民に笑えるカウンターで逆襲される



西村と言うのは、たぶん西村康稔たんだと思うが、確かに面白い切り返しだ。
 
まぁ、CO2対策を超え高々に叫びながら原発反対を言っている党には、全く矛盾には見えず、暴言だとか言うかもしれないが、それは明日の赤旗のお楽しみとしようw

 

まだ野党共闘にしがみつく志位委員長

しんぶん赤旗
『週刊朝日』6月1日号に日本共産党の志位和夫委員長のインタビューが掲載されています。安倍政権の横暴に対する怒りと野党共闘の展望、来年の参議院選挙に向けた決意、米朝首脳会談をめぐる日本外交への提案など縦横に語っています。


参院選の見通しを問われたのに対し、志位氏は、全国32の1人区で野党統一候補を擁立し、16年の参院選を上回る「本気の共闘」の実現がカギを握ると強調。共産党が一方的に候補者を降ろす対応はしないと強調し、「相互推薦・相互支援によって、共闘に参加する政党がお互いに議席数を伸ばしていくことを目指したい」と語りました。

いやぁ、調整が大変ですな。それでなくても立憲も、それとえ〜となんて名前でしたっけ?国民何ちゃら党とかも消極的なのに大丈夫でしょうかw?それにしてもこれはすごいですね。

志位氏は、北朝鮮情勢をめぐって「圧力一辺倒」の日本政府に対し、非核化と平和体制の構築を一体に進めることの意義を強調。日朝平壌宣言に基づき核・ミサイル、拉致、過去の清算などの諸懸案を包括的に解決し、国交正常化を目指すことの重要性を力説し、「憲法9条にもとづく外交の大戦略をもち、この大激動に対して主体的・能動的に対応すべきです」と表明しました。

外交の大戦略ですよ、大戦略w
きっと北朝鮮のみならず、アメリカや中国の核も無くそうとすごいことを考えているに違いありません・・・粘り強い話し合いで解決とかだったら笑うぞwww

狛江市長辞任、共産党は誰を市長選候補に立てるのかな?

しんぶん赤旗
東京都狛江市の高橋都彦市長は22日、記者団に対し、自らのセクハラ行為の責任を取って辞職する意向を表明しました。 

とこんなことはどうでも良くて、問題は狛江市長選に共産党は誰を立てるのか?狛江市は前に共産党市長が君臨していたとこで、党としてはぜひとも奪還したい。

共産党の市長奪還が成功するかどうか、これは目が離せない選挙になりそうですw 
プロフィール
キンピーをネットアイドルにする怪
正式名称「キンピーを応援する会」サイト構築運営部による息抜きBlogです。
「キンピーを応援する会」サイトは、2005年7/17日にオープンいたしました。
しかし、息抜きというわりには、おかたいこと書いているな……
蛇足……当運営部には、共産党員はいないので、党中央は党員にぬれぎぬを着せることなきようお願い申し上げます。
連絡先

busayodic@gmail.com

コメントは、ライブドアblogの仕様上、一コメント800字まで(以前は400字でした)。スパムに頻出するキーワードを使用すると、コメントがはねられることがあります。スパムメールによく使われるキーワードを使っていないのにコメントが拒否される場合は、上記メールアドレスにお問い合わせ下さい<(_ _)>

当blogは赤旗日刊紙購読だけでも年4万以上の経費がかかっております。少しは助けてやろうかと思うおめでたい方は、下記のリンクからアマゾンや楽天などに飛び、お買い物をしていただけると幸いです。
下記リンクから飛んで行くなら、何を買っていただいても当方に手数料が入ります。

少なくない常連さんから「ブログ運営費用と赤字を寄付してやるから、送金先を書け」とのご要望がありましたので、寄付口座を開設しました。



こちら

をクリックしていただくと、クレジットカードで寄付ができます。

支払いに必要な受取人情報
ちょコム登録メールアドレス busayodic@gmail.com

送金口座番号 312786815

振込先氏名 busayo_dic
おすすめリンク









激安?ギフトショップあい はこちら












Recent Comments
Archives
ケータイで見る時にお使い下さい
QRコード
  • ライブドアブログ