日本共産党・民青同盟悪魔の辞典+ キンピー問題笑える査問録音公開中

日本共産党や民青同盟、またやりよった……ぼやきのブログ キンピー問題サイトアドレスはこちら

小池も、こたつぬこもアホだな

朝日新聞
日本維新の会の足立康史氏が2日未明の衆院本会議で「破防法(破壊活動防止法)の監視対象と連携する政党がまっとうな政党を標榜(ひょうぼう)するのはおかしいと考えているし、そう思う国民は少なくない」と発言した。共産党と立憲民主党など野党の共闘を批判する文脈の中での発言で、一時、場内が騒然となった。




ちがや、破防法を読んでないと、よくもぬけぬけといえるものだ(爆笑)
おまえこそ読んでないだろwww
特にちがや、一応法学部出てるのに・・・そんなことだから李信恵に屈服させられるんだよw

破防法
第一条 この法律は、団体の活動として暴力主義的破壊活動を行つた団体に対する必要な規制措置を定めるとともに、暴力主義的破壊活動に関する刑罰規定を補整し、もつて、公共の安全の確保に寄与することを目的とする。
(この法律の解釈適用)
第二条 この法律は、国民の基本的人権に重大な関係を有するものであるから、公共の安全の確保のために必要な最小限度においてのみ適用すべきであつて、いやしくもこれを拡張して解釈するようなことがあつてはならない。
(規制の基準)
第三条 この法律による規制及び規制のための調査は、第一条に規定する目的を達成するために必要な最小限度においてのみ行うべきであつて、いやしくも権限を逸脱して、思想、信教、集会、結社、表現及び学問の自由並びに勤労者の団結し、及び団体行動をする権利その他日本国憲法の保障する国民の自由と権利を、不当に制限するようなことがあつてはならない。
2 この法律による規制及び規制のための調査については、いやしくもこれを濫用し、労働組合その他の団体の正当な活動を制限し、又はこれに介入するようなことがあつてはならない

という法律で、団体の規制に関する法律であって、どの組織を対象とするのかの規定はない。というか、どの団体かを定めることは国民の基本的人権に重大な関係を有するとの認識で、あえて避けてある。なので小池はそのへんまだ分かってるが、こたつぬこは分かっていない。

で、そのための調査を行うのが公安調査庁の仕事だ。したがって破防法が適用される怖れのある団体をどう選ぶかは公安調査庁に委ねられている。とはいえ、たとえば反帝・反オタク主義萌え革命をめざす革萌同を調査しても税金の無駄遣いだと怒られるので、それなりに調査する理由のある団体を選ぶわけだ。というかね、調査団体がどこか法律で決められたらえらいことじゃんw

で、共産党は監視対象に入っているし、それは政府が必要なことだと考え、一部左翼を除けば「税金の無駄遣い」だとは思っていないから今なお調査対象団体に入っているというわけだ。

この手の話のすり替えでごまかせると思ってるのってアホでしょw?

 
 

二月の党拡大、大健闘!(◎_◎;)

ということで二月の党勢拡大
入党決意 319人
日刊紙  412増
日曜版 4891増

なかなか頑張りましたね。三月はたぶんドンと減るでしょうが、今年最後の前進と考えけば、よくやったと言えるでしょう。と言いつつ、五月あたりで大運動やるんかもしれませんが。

ちなみに一月二月のトータルは
入党  576
日刊紙 36減
日曜版 2450増でした。 

電子版は124部増でしたが・・・これ純増なんかですかね?
 

日経新聞、共産党の痛いところをつくw


しんぶん赤旗
日本共産党の植木俊雄広報部長は1日、党綱領に関する誤った記事を掲載したとして日本経済新聞社に抗議し、是正措置をとるよう求めました。同紙は2月22日付夕刊「政界Zооm」欄の「政党綱領で読む憲法観」で、日本共産党の「51年綱領」なるものを取り上げ、「暴力革命を打ち出した」などと書いていました。

 抗議では、「51年綱領」は党の正規の機関が定めた文書ではなく、戦後、旧ソ連や中国の指導部による不当な介入・干渉により生まれた党執行部内の分派が勝手に作った文書だと指摘。「『綱領』などと呼べるものではないことは、わが党がくりかえし明らかにしてきたことだ」と強調しました。

 その上で、61年の第8回党大会で正式に決定した綱領は「武装闘争」や「暴力革命」路線を明確に退け、「日本の政治と社会のどんな変革も、国民多数の合意に基づき、国会で安定した過半数を占めることによって進めていく立場を明らかにした」と指摘。「この立場は2004年に決定した現在の綱領でも明記している」と述べ、同記事の誤りを指摘しました。

 同紙編集局政治部の佐藤理次長が応対し、文書を受け取り、「対応を検討します」と答えました。

 コミンフォルム批判以降の武力革命は事実ですが何か。最初コミンフォルム批判を支持していた国際派のトップは宮本顕治と言います。で最初暴力革命なんかやだよと言っていた所感派はあら不思議、いつのまにやら武装闘争路線に変わっててしまい、共産党は武装闘争路線の人しかいなくなりました。

それで大失敗こいて、その影響は第八回大会までひきづっていた。だから8回大会以後のことを言ってごまかそそうとしているのがバレバレですね。こんな幼稚な嘘すぐバレるのに凝りませんねぇ。恥ずかしくないんでしょうか⁉︎
 

これは笑える!板橋共産党、面白い人を区長に推すw

なかかユニークな人を区長選に推されるようで、楽しみですね。

上念司たん、チュチェ思想研究会から共産党を守ろうと画策w



共産党は、以前から彼らがニセ左翼暴力集団と呼ぶ中核・革マルなどと自分たちは違うと言ってきたし、これまでも共闘することはなかった。近年赤旗記者のレベルが落ちて、たまにそういう人たちが紙面に出てくることもあったのだが、これはポカとしてクスクス笑われる程度のことであった。
SEALDsの運動からも排除しようとしていたのは有名だ・・・実際は、ぱよちんたちがやってたにしても。

しかし、沖縄は少々様相が違ってきている。もともと沖縄共産党は内地の共産党とは毛色が違うところがあって、野党共闘なんか言い出す前から野党共闘を進めて糸数慶子を国会に送るのに協力していたりしていた。

そうした「独自体質」のせいなのか、オール沖縄では中核・革マルなどとの共闘をしてしまっている。オール沖縄は共産党主導の運動ではなく、共産党も多数の反対グループのひとつでしかないから、これは致し方なく、オール沖縄内部では距離を置いているのが実際のところだろう。

そんなオール沖縄は、今、中核派や北朝鮮のフロント団体チュチェ思想研究会などが我が者顔で大手を振っている実態がある。これに立憲民主もかかわっているから始末が悪い。

そんな中、こうやって上念たんが共産党を叩きにかかるのは、共産党にとっても良いことだ。オール沖縄から抜けることはできないまでも、こうやって監視の目があると思えば、共産党も安易な妥協の道はとらないだろうし、池内さおりあたりがポカするのを防ぐことができるだろう。

その意味で、上念たんは、共産党に道を外させないように、そして共産党を守ろうとする、よい仕事をしていますねw
 

共産党はフリージャーナリストに冷たい

はすかっぷたんのもうひとつ。
 いや、これは知らなかった・・・共産党はフリージャーナリストに冷たかったんだ。

池内さおりや宮本たけしに何言っても、のれんに腕押しになるのは明らかだが、こうやって共産党は味方を減らしていき、残るは池内さおりや宮本たけしタイプになって、ますます統制は弱体化していくのですね・・・今からこの痴呆路線を変えていくのは無理かも知れないねぇ。

共産党議員の生活保護活動、こういうところに穴がある。

ハスカップたんから
KSL Kive
不祥事!共産党市議が生活保護希望者の顔写真をSNSに投稿「近々、党にお誘いするお約束」批判受け削除 

日本共産党の服部ひとみ府中市議会議員が、生活保護受給を希望する市民の顔写真をSNSで公開していたことが判明した。問題の投稿は受給希望者の写真に「近々、党にお誘いするお約束」と入党勧誘することも記述されていた。

投稿は既に削除されているが、服部市議からの釈明等はない。生活保護を受けようとする市民のプライバシー侵害のうえ、赤旗購読と入党勧誘に生活保護を利用しているという見方もある。


まぁ、 顔写真公開はプライバシーの意識が足りない議員がうっかりやってしまったってことだろう。それより気をつけなきゃならないのは

「赤旗は最高、素晴らしい新聞だ」と何度も言っていただき握手!

というところだね。 相手の素性が全く分かっていないようだ。こういうこと言って自分から近づいてくるのって、不正受給狙ってる常習犯の可能性もあるわけ・・・かわいそうなので公表していないが、共産党組織は、数年にわたり生活保護不正受給の常習犯のカモにされていたこともあるのだ。善意を逆手にとられることもあるのを、この議員は分かっていない。自分からわざわざ寄ってくる人は警戒しないといけないのだよ。

ちなみに、ちなみに共産党の生活保護の口利きは、ネトウヨが思っているよりずっとしっかり行われていて、行政側からも感謝されている ことが多いのは書いておこう。埼玉の柳下礼子のような党員になって赤旗とらないと「どうなるかわ、かってるわね?」なーんて脅すやからは、共産党でも少数派で、そういう奴を党が見て見ぬふりをしているのが問題ではあるのだけども。

共産党を除くオール沖縄、中核派支持へ



星野文昭という人は、先日捕まった大坂正明らと共に71年の沖縄返還協定批准阻止闘争として中核派が行った渋谷暴動の際、七人で機動隊員を1人めった打ちにして失神させたところにガソリンをかけて火を放ち焼死させた中核派メンバーの1人。逃亡を続けた大坂正明を除く6人は逮捕され、星野文昭は無期懲役になった。

こで、この星野を無罪だとして中核派が運動し、沖縄タイムスに意見広告を出しているのだが、それはいいとして開放を求める人たちの中に稲嶺進がいる!
ほかにも有田芳生、生方幸夫ら立憲民主党議員、糸数慶子・元社大党委員長、チュチェ思想研究会平良研一など、共産党を除くオール沖縄といった風情。てか、糸数慶子は共産党の力も借りて参議院議員にもなってた。
共産党らしき名前はなさそヴだが、これでは共産党を除くオール沖縄は中核派支持ということになる。
ちょっとこれは、シャレにならない。



 

さすがにこれはちょっとデタラメが過ぎるな



あまりにアホ過ぎ。
過去にはそうとられても仕方がない面もないこともないが、今は全然違うよ。今はどんなかといえば、武田邦彦レベルと言えば間違いなかろう。
以上!

ちなみに、 過去にそうとられても仕方がないとかいたが、暴力闘争せざるを得ない局面もあったわけで・・・・たとえばこれなんか読むと、暴力闘争も仕方ないだろと思うぞ。


 

不破哲三の恥ずかしい過去の裏にある中国の改革開放路線

JBPRESS
ベネズエラをかつて絶賛していた共産党が、今になって批判を始めるのは不破のせい・・・当blog読者には、とうの昔から知られていることだが、上念司たんの件もあってか、また蒸し返されることになった。

周知のように、いまベネズエラはチャベス大統領の後を継いだマドゥロ政権のもとで大混乱が発生している。何しろインフレ率が100万%を超えているというのだから、絶望的とも言える状態になっている。
だがこの左派政権を高く評価してきたのが、日本共産党であり、不破氏であった。2009年9月に出版された『激動の世界はどこに向かうのか 日中理論会談の報告』という不破氏の著作には、その評価の高さがこれでもかこれでもかと強調されている。

中略
気の毒なのは、志位和夫委員長である。不破氏の「科学の目」の後始末に追われているからだ。

ということで、その後は北朝鮮の拉致をなかったことにしようとしていたが、小泉訪朝で大恥かいたことも蒸し返されている。
 
で、なぜこうなったのかというと、実は裏に中国の改革開放政策があったことは書いておこうか。
20世紀が終わる頃、中国(中国共産党)はとても困った状態にあった。ソ連崩壊後、改革開放にかじを切らねばならないと分かって実際切っていたのだが、中国共産党は資本主義国とどう付き合ったらいいのか分からなかった。

人口はバンバン増えるし、資本主義国のメーカーと比べて中国メーカーは競争力を持てなかった。食料輸出国になるには人口多すぎ・・・・いったいおれたちはどうやって生きていけばいいのか?本気で不安にかられて困っていたのである。

そんな時、中国共産党の誰かが言いました。こんな時代になっても資本主義国で立派にやってる共産党がすぐ近くにいるじゃないか!そう、それが日本共産党でした。

中国共産党と日本共産党は、毛沢東と宮本顕治の時代に大げんかして関係を絶っていたんですが、背に腹は代えられない。中国共産党はかつて自分たちのより格下だと思っていた日本共産党に頭を下げて資本主義世界で生きていく方法を教えてもらおうとしたのです。

これに小躍りしたのが不破哲三でした。というのは中国共産党と関係改善すると自分の得点になるのもそうだが、中国共産党が頭を下げてきたということだからプライドをくすぐられますよね。で、中国共産党は、不破たんに気分よくいてもらうため、いわゆる「日本共産党の野党外交」のお膳立てをしてくれたんです。

たとえば不破ちんが「チェニジア行きたい」と言うと、中国共産党がチェニジアと折衝して「この人大事な人だからよろしく頼む」とやってたわけです。日本で政権をとったこともなく、政界でも「共産党を除く野党」とされることが多く孤立した弱小政党の党首があっちこっち外国訪問して大事にされてきたのは、中国共産党が裏から手を回してきたからなのです。

しかし、中国共産党もバカじゃありません。知らないから輝いて見えた日本共産党も、実際はただ不破独裁政党で資本主義国で生きていくスキルを知らないこともわかってきました。また、中国は大きな人口を持つことが市場としても資本主義国から魅力的に見られていることや、低い人件費を武器にすれば一杯仕事が来ることも分かり、実際たくさん仕事が来て経済成長も進みました。

すると、不破共産党より自民党・公明党と付き合った方がいいやんとなって、現在中国の要人は日本に来ると日本共産党よりも先に自民・公明党を訪問することになったのです。

ということで、中国共産党の見捨てられた日本共産党なのですが、それでも不破ちんとしてはそんなこと気付きたくないw

世界をまたにかける日本共産党員といえば、野坂参三が有名だが、野坂はスパイだから除名した。すると世界をまたにかける日本共産党員として共産党史に残るのは不破哲三だぁとでも思ったんでしょうな。北朝鮮との関係改善はもちろん、知りもしないでベネズエラをベタ褒めしたりして「日本共産党の野党外交」と、国際的に活躍する不破哲三を歴史に残そうとがんばったはいいが、ドジ踏んだ。

それがこの問題の根本にあるのでしたwww 
プロフィール
キンピーをネットアイドルにする怪
正式名称「キンピーを応援する会」サイト構築運営部による息抜きBlogです。
「キンピーを応援する会」サイトは、2005年7/17日にオープンいたしました。
しかし、息抜きというわりには、おかたいこと書いているな……
蛇足……当運営部には、共産党員はいないので、党中央は党員にぬれぎぬを着せることなきようお願い申し上げます。
連絡先

busayodic@gmail.com

当blogは共産党関係なら何書いても原則削除しませんが、一つだけ、マルチハンドルはご遠慮下さい。毎回違うハンドルネームを使うのは禁止にしております。今後気がつけば、警告した後、改善が見られない場合は書き込みを禁止します。




スパムに頻出するキーワードを使用すると、コメントがはねられることがあります。スパムメールによく使われるキーワードを使っていないのにコメントが拒否される場合は、上記メールアドレスにお問い合わせ下さい<(_ _)>

当blogは赤旗日刊紙購読だけでも年4万以上の経費がかかっております。少しは助けてやろうかと思うおめでたい方は、下記のリンクからアマゾンや楽天などに飛び、お買い物をしていただけると幸いです。
下記リンクから飛んで行くなら、何を買っていただいても当方に手数料が入ります。

少なくない常連さんから「ブログ運営費用と赤字を寄付してやるから、送金先を書け」とのご要望がありましたので、寄付口座を開設しました。



こちら

をクリックしていただくと、クレジットカードで寄付ができます。

支払いに必要な受取人情報
ちょコム登録メールアドレス busayodic@gmail.com

送金口座番号 312786815

振込先氏名 busayo_dic
おすすめリンク









激安?ギフトショップあい はこちら












Recent Comments
Archives
ケータイで見る時にお使い下さい
QRコード
  • ライブドアブログ