日本共産党・民青同盟悪魔の辞典+ キンピー問題笑える査問録音公開中

日本共産党や民青同盟、またやりよった……ぼやきのブログ キンピー問題サイトアドレスはこちら

日本共産党は、完全に中国共産党から無視されるようになりました。

しんぶん赤旗
中国を訪問した安倍晋三首相は26日、北京で中国の習近平国家主席と会談し、「日中関係を新しい時代へ押し上げたい」と述べるなど日中の関係改善をアピールしました。両首脳は、習主席の来年の訪日に向け調整を進めることを確認。一方、歴史問題や尖閣諸島(中国名・釣魚島)をめぐる問題での進展は見られませんでした。

 会談で、習氏は自らが提唱するシルクロード経済圏構想「一帯一路」は日中協力を深化させるモデルケースだとし、日本側の積極的な参加を要請。安倍首相は透明性の確保などを求め、「世界の平和繁栄に貢献することを期待する」と述べました。


数年前、AIIB(アジアインフラ投資銀行) を中国が作ると言っていた時、世界中がAIIBになびく中、日本やアメリカは静観すると言うか、参加を見合わせていたことに共産党や左翼連中はぼろくそに言っていたものです。たとえば志位タンなど

この動きにきわめて消極的な日本政府の対応は、世界とアジアの大きな動きをとらえられない視野の狭さ、もっぱらアメリカの顔色だけをうかがうという自主性のなさが露呈した、あまりにも拙劣なものです。

 アジア諸国はこぞって参加し、韓国、オーストラリアも参加、イギリス、フランス、ドイツなど主要な欧州諸国も参加しています。日本は、「出遅れ」は否めませんが、今からでも参加すべきです。公正・民主的な新しい国際経済秩序を展望した国際金融システムをめざすという立場で、アジアインフラ投資銀行に参加し、ルールづくりに参画していくべきです。 

なんて言っていたものだが、結果はもうあっちこっちで問題起こしまくってて、一帯一路は壊滅まではしないだろうが大幅に縮小を余儀なくされつつある。でもって、習近平たんは日本に助けてくれと要請しているわけだ。日本とアメリカだけがよく物事を見ていたわけだが、そんなことより日本共産党は、もう完全に中国共産党からは無視されるようになったのだなぁとぼくちん的には思ってる。

志位タン
中国共産党との関係に関し、「いま私たちが強い危惧をもっているのは、新しい覇権主義、大国主義が現れてきたことです」と中国による東シナ海、南シナ海の力ずくでの現状変更の動きを指摘。日中平和友好条約第2条には「覇権を求めず、覇権に反対する」と書かれていると述べ、「この精神から言っても今の中国のやっていることはおかしい。日本政府としてもきちんとした外交的な態度が必要だ」と提起しています

ということで、遠慮も何もしなくなった。
こうなった理由は、不破の高齢化とは無縁ではないだろうというか、中刻共産党が資本主義国と付き合っていく自信がまだなかったころ、日本共産党の不破たんを相談相手にしたのをいいことに不破たんが「野党外交」だとか言いだして中国共産党の威光を使って外国訪問をくり返し「沈黙の交流」といった秘密兵器(笑)までくり出し大活躍していた。

 日本共産党も中国共産党に遠慮してチベット問題などでも他国への介入だとして批判を控えていた。それでだいぶ日本国民からも突っ込まれたが、何とか我慢していた。

しかし不破たんが高齢化して外国に行く体力がなくなってきたのと、中国共産党も「日本共産党って、ソ連崩壊後も資本主義国で存在感を示すすごい奴だと思ってたけど、実際はただ日本に化石共産党員がたくさん残ってたからすごそうに見えてただけなんだ」と気が付いて距離を置きだした。

でもって、もう不破の影響力も落ちたというか、不破タンもいい加減自分の過ちに気が付いたのだろうな。(認めないけどw)

ということで、外交断絶とまでは言わないが、中国共産党は日本共産党を無視しだし、日本共産党は中国共産党に遠慮しなくなったわけだ。そして日中共産党の関係は、20年以上前の状態に戻ったとは言わないが、それに近い状態になった。やれやれ・・・w。

言いっ放しはラクだなぁ

しんぶん赤旗
九州電力が太陽光発電事業者に、発電の一時停止を求める「出力制御」を繰り返している問題で、日本共産党の仁比聡平参院議員は26日、出力制御を受けた鹿児島県内各地の事業者を訪問し、状況を聞きました。

で、事業者は好き勝手なことを言っているが、絶対儲かると安易に参入した者の自己責任はどうした?
だいたい、業者の言うことなど、とうの昔から答は出ている

 仁比議員は「出力制御が現実に行われ、『原発ありき』の九電と国の姿勢が自然エネルギーの普及の最大の障害になっていることが鮮明になった。九電と国は市民や事業者の声を受け止め、姿勢を改めるべきだ」とコメントしました。

上記リンクにも答は載っている。何を馬鹿なことをってところだが、仁比たん、よくこうこう無理筋仕事させられるなぁ。党内で恨みでも買ってるのかなぁ。。。

こういう仕事は、どうせ騒いで仕事をしたふりするだけのものなんだから、吉良よし子や池内さおりあたりにやらせときゃよろしい 。そしたら見る方の楽しみも増える。「あ、また炎上してるwww」って。

志位委員長、それじゃ野党共闘ダメじゃんw

しんぶん赤旗
サンデー毎日に志位委員長インタビューが出たと言う記事w

「『野党共闘の新戦術で、安倍政権をこうして追い込む』 志位和夫日本共産党委員長の新『共産党宣言』」―『サンデー毎日』11月4日号が衝撃的な見出しで、志位委員長のインタビューを4ページにわたって掲載しています。「政局とは無縁であった共産党が今やキープレーヤーになりつつある」という聞き手の倉重篤郎「毎日」専門編集委員は、志位氏に野党共闘の展望や安倍政治に代わる政策などを質問。インタビューを終え「ますます目が離せなくなってきた」と感想を語っています。
 
いや、なりつつあったが、もうならなくなりつつありますw 

「今後もとことん野党共闘を目指します」と宣言した志位氏。(1)魅力ある共通公約(2)相互支援・相互推薦(3)政権問題の前向きの合意―の3点がそろえば強力な共闘ができると力を込め、日本共産党として他の野党に真剣な政党間の協議を始めることを呼びかけたことを紹介。「共産党としては3点を主張するが、協議入りの前提にはしない。要は、参院選1人区32の全部で勝とう。野党共闘を本気でやれば勝てる。それを証明したのが沖縄県知事選だった」と述べました。

 「目標はいいが、相互推薦がうまくいくか」と倉重氏。志位氏は、「政権を倒す共闘をつくるためには沖縄のような心が一つになる共闘でなくてはダメだ」「もう一つのポイントは、国民、市民の安倍政権を包囲する闘いがどう盛り上がるか、だ」と回答。安倍9条改憲や消費税10%増税の反対世論の広がりをあげ、「国民の闘いがいろんな分野で発展し、野党よ頑張れ、という声が出ることが、共闘の一番の推進力になる」と述べています。 

沖縄には、県民の意見を二分する基地問題がありますが、他の1人区でそんな問題があるトコばかりじゃありませんね。それに、なにより共産党のほかの野党がもうグタグタで、盛り上がりようがありませんわ。「野党よがんばれ」の声はあるけど、「あまりに情けない」からそういう声が出るわけでw

てか共産党は他党の候補でも上が言ったら応援しますけど、他党の人はどうでしょうね?特に共産党に議席を譲ることになる野党の連中が共産党候補の選挙区でまともに応援してくれると思う方が無理でしょう。

今、もっともまともな野党は共産党になっているわけですが、高齢化著しい、もやは老人党となっている共産党が一番まともに見えるようでは野党共闘も何もありません。自民党1強時代がまだまだ続くと言うことです。
 

なぜ共産党では異論が表に出ないのか

jbpress
いつもの筆坂氏、予想通りに拡大月間の失敗を指摘しているわけだが

問題は、「月間」もそうだが、こんな馬鹿げた方針に党内からいささかも異論が出ないことだ。真剣に今の共産党の危機を考えている党員がいるのなら、異論の声を上がるはずだ。それがないことこそが、共産党にとっての最大の危機と言うべきだろう

 これは全くその通りなのだが、異論があっても幹部は耳を傾けないんだね。だいたいというかほぼ100%都道府県委員会で止められてしまう。なぜなら、都道府県委員会の委員長は、異論を封じるために配属されているからだ。

共産党の地方機関は基本独立採算制である。自分たちの活動費や給料は党費や赤旗の分配もあるが、主に支援者から寄付を集めて作る。夏冬のボーナスは支援者から寄付いていただくお金の中から出るので自分のボーナス増やしたいならそれだけ寄付を集めてくればいいわけだ。もっとも近年は機関にカネがないのでそうでもなくなっているのかもしれないが・・・ 

しかし、都道県委員長はそうではない。彼らは中央委員でもあり給料は中央から出る。 しかも相当な高給だから党に逆らえない。そうして異論は地方機関レベルで封殺されるわけだ。

君主論 - 新版 (中公文庫)
マキアヴェリ
中央公論新社
2018-02-23


君主論だったかな?マキャベリは臣下に忠誠心を持たせるには、自分の元から離れたら絶対に得られないような良い思いをさせてやればいいと言っているが、共産党は、マキャベリの言うことを、まんま都道府県委員長に適用して忠誠心を維持しているわけ。だって共産党の都道県委員長たち、党を辞めてほかの会社や組織に行っても、どこも年収一千万前後もくれないもんな。そりゃ党に忠実になりますよwww

民主集中制ってのは、実は王国の管理術なんですねw




 

共産党、明治改元150年記念式典を欠席

産経新聞
共産党の小池晃書記局長は22日の記者会見で、東京・憲政記念館で23日開かれる明治改元150年記念式典に同党として欠席すると表明した。「150年の前半は、侵略戦争と植民地支配に向かった負の歴史がある。明治以降を丸ごと祝い、肯定するような行事に参加できない」と語った。
 関係者によると、会場には国会議員向けの席が用意される予定。小池氏は式典について「教育勅語の礼賛や、憲法9条改定により戦争する国造りを進めようという安倍晋三首相の強い意思が働いている」と指摘した

今日はもう24日なので、たぶん欠席したのだろう。それにしてもこう言うのみると、アベガーしか言えないのかとwww

それと、やっぱ日本共産党は愛国心ってものが全くないんだなと再確認。ぼくちんは、愛国心と言うのは負の歴史を引き受けることも含めたものだと思っている。たとえば欠点多き親でも、子供は親を認めるみたいな感じ。

そんなことを考える者がみると、別に愛国心持たなくても良いけど、そういう政党が国家の政治にかかわるってどうなんだろ?矛盾を感じないのかね? 

共産党大津市議団、黒塗り文書を撤回させる

朝日新聞
前は公開されていた公文書が、なぜか黒塗り――。大津市議会の共産党市議団は22日、市への情報公開請求で非公開にされた市長らの庁内協議での発言などが、かつて市民が開示請求したときには全面開示されていたと明らかにした。市は「事務処理の誤りだった」と釈明し、市議団に文書を全面公開した。
中略
市民センター改革推進室の担当者は「市民から率直な意見を求めている中で、公開情報が誤解を招いて市民の混乱を招きかねないと判断した。過去の開示状況を精査していなかった」と釈明している。市によると、黒塗りの判断に越市長は関わっておらず、市民部長らが決裁したという。
市議団の杉浦智子幹事長は「憲法14条の平等の原則や知る権利を害する由々しき事態で、単なる事務処理の誤りですまされない重大な問題だ」と主張。「市議会で追及されるのを防ぐ意図があったのだろうか。職員が市長を忖度(そんたく)した結果だ」と批判。越市長に謝罪を求めて申し入れた。 

間違いだったと言うなら間違いなんでしょう。 悪意があって見せないなら、それでも抵抗するはずですから。それに憲法十四条を出してくるのは大袈裟w
ただ背景には市議団に不信感があるのかもしれないね。もととも大津と言えばいじめ事件の時に隠ぺい体質が批判された教育委員会のあるとこで、行政にそういう体質があるのを感じていた可能性はある。
 

九州電力の出力制御を共産党が批判w

しんぶん赤旗
九州電力が太陽光発電を行っている一部の事業者を対象に発電を一時停止させる「出力制御」を実施したことに、「再生可能エネルギー普及のブレーキになる」との懸念と批判が広がっています。出力制御は、電力需要が減って、供給が増えて需給バランスが崩れると大規模停電を起こすおそれがあり、それを回避するための措置だと九電は主張します。しかし、原発4基を動かし続ける一方で、太陽光使用を抑えるやり方は再生エネを広げることを願う国民から見ると納得できません。 

要は、原発憎しのために共産党は大規模停電のリスクを冒せと言っておるわけですね。で、ホントに大規模停電になったら鬼のクビを撮ったかのように批判するとw

 記事中にもあるが、九州では日中の大半の電力を太陽光だけで賄えるほどソーラー設備が増えている。カネに目のくらんだ不良業者でも作れば儲かる状態を作って、あっちこっちで環境破壊をさせ放題で来たわけだ。そしてソーラー業者を儲けさせるために電気代は高くなった。そろそろ政策的に限界が来ていると見た方がいい。

太陽光発電の広がりにともなう出力制御について、九電は4年前から想定していましたが、再生エネを可能な限り生かす努力を怠っていました。例えば、余剰電力を生かすために、本州など他の電力会社に送電する「連系線」のシステムの拡充は本格化していません。電力の大消費地、近畿地方を含む西日本規模で連携する方向などは具体化できなかったのか。出力制御の回避策を十分とっていたとはいえません

そんなもん作るカネ、どこから出すんだよ?そもそも送られる方も九州ほどじゃないにしてもリスクを抱えることになるんだよ?むしろ余裕を活かして安い電気代を生かした工場誘致とか九州の過疎化を止める方向に活かそうと考えるのが筋じゃないかね?

前からそうだけども、共産党ってのはホント技術に弱い。WindowsXPのサポートを続けろと言って馬鹿にされた時代から全く進歩していないw
少しは向上の跡を見せろや・・・
 
 

川西市長選、元共産候補落選

21日の川西市長選では、元共産川西市議で離党した森本たけし氏が落選した。
候補者2人の一騎打ちで、だいぶ差をつけられているので、共産党としても面目は立ったと言ったところか。

京都府大山崎町長選、共産党勝利

京都新聞
任期満了に伴う京都府大山崎町長選は21日投開票され、無所属新人の前町議前川光氏(62)が、無所属現職の山本圭一氏(45)=自民党、立憲民主党、国民民主党、公明党推薦=に競り勝ち、初当選を果たした。

 前川氏は、共産党が支持を表明していた。3公立保育所の堅持を主張し、子育て環境の整備や行財政改革を公約に掲げた。まちづくりを議論する「住民委員会」の設置を中心に、町民が参加する町政への転換を訴えて支持を集めた。 

 まぁ、元自民党の候補ですから共産党だけでなく自民票の一部も取り込んだのが勝因でしょう。共産党がいくら強いとは言え共産票だけでは無理。もっとも、これで京都市東山区の市議選で、共産党は燃えるでしょうねぇ。。「大山崎に続け!シフトチェンジだ!」とか言いそうw

小池晃、蓮舫をお忘れで?

しんぶん赤旗
大学が研究費不足に陥ってるということでいつもの増やせとアベガーw

特別講演した小池晃書記局長は「安倍政権は、大学改革、科学技術政策でも大破綻に陥っている」と強調し、今年の『科学技術白書』でも、日本の科学論文数が10年間で米国に次ぐ2位から4位に転落するなど「研究力に関する国際的地位の低下傾向」と認めていることを紹介。安倍政権が「世界で最もイノベーション(技術革新)に適した国を実現」と豪語しながら、その土台が崩れていることを示しました。 

大学予算削減とか安倍政権よりはるか前からですけど?特にすごかったのは「二番じゃダメなんてすか」とのたもうた蓮舫とかw

 でですね、
その上で、「安倍政権を倒して大学政策を転換し、学問の自由と大学の自治を保障する本当の大学改革を実現しよう」と呼びかけました。その後、参加者からの質問にていねいに答えました

大学の学生自治を潰した戦犯の1人が何か言ってますねw
てか、しばき隊にそんなこと言って欲しくないんですけどもw

 

 
プロフィール
キンピーをネットアイドルにする怪
正式名称「キンピーを応援する会」サイト構築運営部による息抜きBlogです。
「キンピーを応援する会」サイトは、2005年7/17日にオープンいたしました。
しかし、息抜きというわりには、おかたいこと書いているな……
蛇足……当運営部には、共産党員はいないので、党中央は党員にぬれぎぬを着せることなきようお願い申し上げます。
連絡先

busayodic@gmail.com

当blogは共産党関係なら何書いても原則削除しませんが、一つだけ、マルチハンドルはご遠慮下さい。毎回違うハンドルネームを使うのは禁止にしております。今後気がつけば、警告した後、改善が見られない場合は書き込みを禁止します。




スパムに頻出するキーワードを使用すると、コメントがはねられることがあります。スパムメールによく使われるキーワードを使っていないのにコメントが拒否される場合は、上記メールアドレスにお問い合わせ下さい<(_ _)>

当blogは赤旗日刊紙購読だけでも年4万以上の経費がかかっております。少しは助けてやろうかと思うおめでたい方は、下記のリンクからアマゾンや楽天などに飛び、お買い物をしていただけると幸いです。
下記リンクから飛んで行くなら、何を買っていただいても当方に手数料が入ります。

少なくない常連さんから「ブログ運営費用と赤字を寄付してやるから、送金先を書け」とのご要望がありましたので、寄付口座を開設しました。



こちら

をクリックしていただくと、クレジットカードで寄付ができます。

支払いに必要な受取人情報
ちょコム登録メールアドレス busayodic@gmail.com

送金口座番号 312786815

振込先氏名 busayo_dic
おすすめリンク









激安?ギフトショップあい はこちら












Recent Comments
Archives
ケータイで見る時にお使い下さい
QRコード
  • ライブドアブログ