日本共産党・民青同盟悪魔の辞典+ キンピー問題笑える査問録音公開中

日本共産党や民青同盟、またやりよった……ぼやきのブログ キンピー問題サイトアドレスはこちら

民泊問題、共産党に対応できるのか?

しんぶん赤旗
空き家や空き室を宿泊施設として提供する「民泊」をめぐるトラブルは依然後を絶ちません。そんな中、安倍晋三政権は、民泊を事実上解禁する「民泊新法」(住宅宿泊事業法)を6月の国会で成立させました。新法は届け出さえすれば民泊の営業を認めることを基本原則にしたものです。政府は10月末、新法の施行日を来年6月15日にし、必要な措置などを定める施行令や施行規則を決めました。一連の決定は民泊を広げるための“推進宣言”です。地域を置き去りにして、「解禁ありき」で民泊を進めることは許されません。

政府による「民泊」推進のもとで、法律上許可のない「違法民泊」による住民への被害が各地で深刻化しています。

 京都市のある自治会連合会は総会で「民泊の激増は、非常事態」との切実な声を受け「地元町内会などの合意なしに、宿泊施設の開業を許可しない、旅館業法の許可を受けていない『ヤミ民泊』を徹底的に取り締まることを求める」などとした「非常事態宣言」を出す状況になっています。不動産を扱う京都府宅地建物取引業協会も2月に「違法な『民泊』には加担せず、適法で周辺環境に調和した良質な民泊等宿泊施設の提供に協力していく」と表明、業界の新たな動きが注目されています。 

これは共産党としては非常にやりにくい問題だ。なぜなら、民泊をやってもうけようとする連中は、多くが共産党がいつもやってる「自民党ガー」「大企業ガー」じゃなく、庶民だからだw でもって、やっていることは宿泊業界の上前をはねること。たとえば大手のチェーンであるアパグループあたりに泊まる客を奪い取ろうとしているわけ。

民泊による住民被害ってのも「知らない人が出入りするのでこわい」とか「夜中まで騒ぐのでうるさい」程度のこと。そして背景にあるのは、空き室や空き家を持たない(小遣い稼ぎができない)庶民の嫉妬も混じっていたりもするから始末が悪い。

そういう難しいところに穀田が入って行ってもやぶ蛇にしかならず、下手をすると一部住民を敵に回すと言うか、民泊をこっそりやってる一部党員も敵に回すんですけどw?

当然そんなことは穀田も承知なわけで、国会質問して仕事したフリで済ませて本気になって解決にまい進したりはしないだろう。したがってこの問題を、共産党が本気になって解決することもなく、赤旗でこうした批判を載せて仕事をしたフリでごまかすであろうw
 

今の共産党の党員数を維持するには、年間最低1万人は必要である

昨日の赤旗増減のエントリのコメント欄で党員数について議論がなされているが、はっきり言います。年間1万人の入党者がいなければ維持できません。理由はこうです。

2010年の党大会報告
2006年の大会からこっち、34000人の入党者がいたが、純増は1700人のみ。これが当時の状況です。言い換えると、純増分を除いたイーブンなら、32300人/48ヶ月=月平均672人の入党でした。

以来7年間、当時より党員の高齢化は進んでいるはずですから、月平均700人レベルでは間違いなく減ります。現在党員の平均年齢は70歳前後と見られますから、高齢党員は、これからどんどんお亡くなりになるわけです。

となると現状で党員数を維持するにはその1.3倍910人は必要だろうな・・・となるとその12ヶ月分は10920人。となると最低でも1万人はいないと難しいでしょう。そしてこのハードルは年々高まります。さらに5年後になると二万人、三万人必要になるかも知れませんね。

 

10月の党勢拡大、31日の増えてる記事を裏切り大減紙w

10月31日の赤旗

日本共産党本部に連日多くの「しんぶん赤旗」の申し込みが寄せられています。投票日以後だけで100人を超えました。10月全体では30日までに245人に達しています。通常の月の2.6倍の申込数です。

 今回の総選挙で野党共闘の勢力が躍進したことに喜び、日本共産党が市民と野党の共闘でたたかう姿勢を最後まで貫いたことを評価し、信頼を高め、党のことをもっと知りたいと申し込んできているのが特徴です。 

今日の赤旗・10月の拡大実績 
入党者 192人
日刊紙 3531人減
日曜版 10,141人減

でも10月31日の紙面の通り、購読申し込みが相次いでいると書いてあるw

で、情勢の評価としては入党者がべらぼうに減っている。総選挙モードで減ってる可能性もあり、11月に数字は戻るかも知れないが、このままの数字で推移するなら、いよいよ入党させる人もいなくなってきていると判断していいだろう。すなわち高齢党員の死亡に追いつくほど入党者がいないので党員は減り続けると言うことだ。

日刊紙と日曜版の減り具合はけっこうひどい。総選挙直後に減るのはいつものことだが、前回の総選挙直後はこうでした。

日刊紙1844減
日曜版9511減

前回より減らし方が大きいですね。

 

浜矩子センセ、共産党の敗北を認める

しんぶん赤旗
浜矩子センセの言葉
 主要なメディアは「自公圧勝」などと言っていますが、正確には「かろうじて選挙前勢力を維持」というのが実態です。彼らとしては想定外だった立憲民主党が野党第1党に躍り出ました。自分たちに近いところにいる希望の党も取り込んで「改憲勢力の全面勝利」とならなかったという意味では、敗北であったといってもいいのではないかと思います。

毎年日本経済が破綻すると予言した本をだし、出さない時にはリーマンショックかやってきて、今年まだ2017年版の経済破綻本が出ないため、まじに経済が危ないのではないかと高い信頼を置かれている
浜矩子センセの言葉がこれです。

ということは、共産党大敗北ってことでw

なぜ学費無償化で安倍総理踏ん張れとならないのか?

しんぶん赤旗

財務省は31日、教育無償化・負担軽減は財政悪化につながるため「適切ではない」として一部の学生や大学に絞るよう求める提言を財政制度等審議会(財務相の諮問機関)に提出しました。2018年度予算編成に反映させる方針で、自民党が総選挙で公約した教育無償化がさっそく縮小される方向です。

 安倍首相は「人づくり革命」と称して、真に経済支援が必要な子どもへの高等教育無償化や幼児教育の無償化などのため、2兆円規模の政策を実施すると表明しています。 

共産党も言っている学費無償化に自民党安倍総理も前向きになっているところに財務省がノーを突きつけた形だが、 共産党は「それみたことか」とでも思っているんでしょうか?

財務省が反対して縮小されるのなら、批判の矛先は財務省に行くべきで、安倍首相には財務省に負けるな、教育無償価格代を勝ちとれとなるのが当然ではないでしょうか?

それとも、アベガーという具合に、アベ批判することが最も大事で学費無償化が進むかどうかなんか興味がないでしょうか? 

首相指名選挙、共産党の投票先は志位か枝野か?

時事通信

共産党の小池晃書記局長は30日の記者会見で、特別国会で行われる首相指名選挙での同党の対応について、志位和夫委員長に投票することを明らかにした。志位氏が立憲民主党との協議を前提に枝野幸男代表に投票する可能性に言及していたが、小池氏は「現時点で(立憲と)話し合いができていないので、今国会は従来のように志位氏に投票する」と説明した

 
23日に志位たんが首相指名選挙で共産党は枝野を指名すると言ってたのだが、赤い小池はそれを否定していると言う構図。いったいどちらになるのか?

総選挙の余韻の残る中だから 何とも言えないが、共産党が他党の党首を推すなんてことになったら史上初の事件になるような気がする。

追記
コメント欄↓によると、過去に何度かあったようです。 

奥野倫子日野市議除籍の背景に東大全学連脱退があった

共産党の日野市議会議員、奥野倫子氏が除籍になった。本人は離党しようとしたが除籍処分である。
いつものふみたんだけでなく、日野市の方?からも当方に情報が入ってきている。

ご本人のFacebook
私は、地区委員会のある決定に対し、異議を申し立てたところ、その理由となっているある内容について、(私を含め、複数の証人がいるにも関わらず、)「‘’そのような現象はなかった‘’というのが地区の見解だ」として、私のその認識を改めるよう指導が入りました。  
 箝口令がしかれたその内容については、全容を公開すると、共産党全体のイメージまで低下しかねないため、私の口から述べることはできません。
 このような、地区が私の表現の自由を奪うような状況は六年間にも及び、私はこの要求を承服しなかったため、針のむしろに座らされる苦痛を味わいました。
 精神的、肉体的に変調をきたしたところへ、息子の大病が重り、それこそ、気が狂いそうでした。
 (ただし、病院で息子の看病をしていた半年間は、この問題から逃れられる唯一つの安らぎの時間でもありました。)
 前回の市議選は、地区のこの言い分について承服しない限り「候補者から降ろす」と言われ、候補者活動を足止めされたため、議員の仕事を続けたかった私は、告示の二ヶ月前に、泣く泣く合意しました。
 私に対応した常任委員は、私を説得するために、事実に基づかない説明を縷々したわけですから、彼らがその点について否定できない以上、「せめて、その事だけでも、地区として反省する気はないのか?」と問いかけるも、「自己批判する気は全くない」とのことでした。
 なので今回は、自分の正義感を貫くこととし、無所属での立候補を決意した次第です。


何があったのか知らないが、南多摩地区委員会で表ざたには出来ないことがあり、箝口令が敷かれたが、奥野市議はなかったことにすることが出来なかったようである。

で、地区委員会の意向に従わなかったからだろう。共産党は奥野市議に問題があったかのような噂をあっちこっちで振りまいているらしい。そのうち一部はご本人の耳にも届いているのだろうが、党のことを慮って沈黙を貫くつもりのようだ。

いつものパターンと言えばパターンだが、よく調べたら南多摩地区委員会の委員長って、東京大学教養学部自治会の全学連脱退を阻止できなくて左遷された元青学対の田川豊じゃないか!

そりゃ田川が地区委員長やってたらまともな解決は出来ないわ...というより南多摩地区委員会の党員は自分とこの地区委員会が中央委員会から舐められていることを自覚すべきだ。南多摩は使えない奴の左遷先にされているのだから。

東三河地区委員会で何があった?

匿名氏のコメント
東三河地区委員会の串田真吾(元民青県委員長)が下奥奈歩(県議)に追い出されたことについては、何らの発表か総括はあったのでしょうか?  

これ、全く情報がない。
串田氏のTwitterは1月から更新が止まってる。 下奥奈歩氏がそれらしいことを書いているのは見つけられなかった。いったい何があったのか・・・

 

これはひどいw 辛淑玉はここまで共産党に無知なのかw

しんぶん赤旗
総選挙終了したあたりから赤旗には識者wの共産党への応援インタビューが毎日載っている。まぁどうってことない記事ばかりだが、これはひどいぞ辛淑玉たんw。突っ込みどころ満載じゃないかwww

今回の総選挙での共産党のたたかい方は見事であったと思う。議席は減らしたが、日本社会の崩壊を薄皮一枚でつなぎとめたからだ。民主主義を守るために、もてるすべての力をあわせて、野党共闘を走り抜き、立憲民主党を野党第1党として世に送り出した 
Ccox0uKUsAA3M5g






立憲民主党は、共産党が育てたんですかそうですか...って、自分が第一党になることなく他政党を育てるとは、共産党とはすごい政党ですねw

共産党が掲げてきたものは、ともに生きることであり、権力を怖がらずに生きていける社会をつくることであり、8時間働いたら食うに困らず生きていける社会であり、生を受けたすべてのものが、夢や希望を追い求めることが許される社会だ。
 

それは、世界の人々が求めてやまないものであり、いわゆる世界のトップモード(流行の最先端)なのだ。だから着こなす努力は頭だけでなく、粋も表現力も身につけなきゃ。共産党って知れば好きになるよね。知らせるためにはニューメディアを駆使してほしい 

共産党が掲げてきたの共産主義でプロレタリア独裁ですよ。それに権力を恐がってないから君たちは運動できてるんですけどw?
8時間労働など、19世紀から唱えられてきたし、今では業種によっては週休3日4日も実現しています。労働時間の削減と言う意味ではもはや8時間労働制はトップモードではありません。そもそもトップモードは、ニューメディアだなんて20世紀の流行ことば使わないしwww

何もりアホなのは、共産党って知れば知るほど普通の人は嫌いになるんですけど、リンチの隠ぺいして良心の呵責も感じない感性の方には好きになるもんなんでしょうかねw?




 

除名に近い離党をした元共産党市議、新城市長選に出馬

ふみたんより・・・いつもありがとうこざいます。地方選挙監視員たんもありがとう。

ということで毎日新聞

任期満了(11月12日)に伴う新城市長選(10月22日告示、29日投開票)に、同市議の白井倫啓氏(59)が30日、無所属で立候補する意向を表明した。

     白井氏は記者会見で「自主財源を増やし、若者の定住を促進するなどし、子育て・福祉・医療などを充実させる」と述べた。

     同市長選には、現職の穂積亮次氏(64)とNPO法人代表理事の山本拓哉氏(57)もそれぞれ無所属で立候補する意向を表明している。【石塚誠】 

     白井倫啓氏と言えば、2009年に党の意志に反して議会の定数削減に賛成して離島に近い除名をした人。その後も市議を続けていたが今回市長に立候補するらしい。

    ちなみに当時全滅した新城市の共産党議員だが、今は1人いる。 
    プロフィール
    キンピーをネットアイドルにする怪
    正式名称「キンピーを応援する会」サイト構築運営部による息抜きBlogです。
    「キンピーを応援する会」サイトは、2005年7/17日にオープンいたしました。
    しかし、息抜きというわりには、おかたいこと書いているな……
    蛇足……当運営部には、共産党員はいないので、党中央は党員にぬれぎぬを着せることなきようお願い申し上げます。
    連絡先

    busayodic@gmail.com

    コメントは、ライブドアblogの仕様上、一コメント800字まで(以前は400字でした)。スパムに頻出するキーワードを使用すると、コメントがはねられることがあります。スパムメールによく使われるキーワードを使っていないのにコメントが拒否される場合は、上記メールアドレスにお問い合わせ下さい<(_ _)>

    当blogは赤旗日刊紙購読だけでも年4万以上の経費がかかっております。少しは助けてやろうかと思うおめでたい方は、下記のリンクからアマゾンや楽天などに飛び、お買い物をしていただけると幸いです。
    下記リンクから飛んで行くなら、何を買っていただいても当方に手数料が入ります。

    少なくない常連さんから「ブログ運営費用と赤字を寄付してやるから、送金先を書け」とのご要望がありましたので、寄付口座を開設しました。



    こちら

    をクリックしていただくと、クレジットカードで寄付ができます。

    支払いに必要な受取人情報
    ちょコム登録メールアドレス busayodic@gmail.com

    送金口座番号 312786815

    振込先氏名 busayo_dic
    おすすめリンク









    激安?ギフトショップあい はこちら












    Recent Comments
    Archives
    ケータイで見る時にお使い下さい
    QRコード
    • ライブドアブログ