日本共産党・民青同盟悪魔の辞典+ キンピー問題笑える査問録音公開中

日本共産党や民青同盟、またやりよった……ぼやきのブログ キンピー問題サイトアドレスはこちら

説得力のない主張を自慢するって楽しいんですかね?

しんぶん赤旗

共謀罪」法案について行われた16日の衆院法務委員会の参考人質疑で、公明党の国重徹議員は、市民運動団体のひとつである「共謀罪NO!実行委員会」のビラをとりあげ、その攻撃に終始する異常な質問を行いました。

 国重氏は、「会社の幹部を一発殴ってやると話し合い、意気投合したらそのあと実際には何もしなくても共謀罪になる」というビラの内容を取り上げ、「犯罪の成立はありえない」「国民に誤解を与え萎縮効果を与えかねない、著しく不適切な内容だ」などと攻撃。参考人で自由法曹団の加藤健次弁護士は「法案を素直に読み、どこまでありうるかという議論をしている。そこを無視して『ありえない』と断言する議論こそ不誠実だ」と反論しました。指宿(いぶすき)信成城大学教授もビラについて「適切な例示だ」と述べました。ところが国重氏は、「デマで国民の不安をあおり、言論を萎縮させている」などと一方的に言い募りました。 

共謀罪って組織犯罪関係の法律でいちいちサラリーマンの愚痴にまで適用しておれるほど警察はヒマじゃないんですが、それ以前に自分たちの主張に説得力がないって分からないんでしょうかね? 

例示されている二人がたとえば麻薬やってて、会社幹部が「麻薬吸うのやめろ」と言ったのに二人が激高しているなら、確かにこんな場合でも共謀罪は成立するかも知れない。しかし一般論として言えばあり得ないことくらい普通の判断力の持ち主ならわかるわけです。言い換えれば、国重氏のような疑問を持って、共謀罪反対を訴える人たちにうさんくさい思いを抱いている人は多いわけで、それゆえにほとんど無抵抗状態で 衆議院を本日通過しつつあるわけですね。

自分たちがまともな頭の持ち主だと見られていない・・・そんな現実認識を持てないなら、このまま共謀罪は順当に成立するでしょう。そして反対派は「たたかった」実績を自慢する。それって
38ea925d


 






 

共産党、自分が多数か少数かで議会の質問時間制限の態度変わるw



参照先のリンクはこれで、要は自由法曹団が神奈川の共産党質問時間制限に反対しているのに、北九州市では自分たちが多数派だから質問時間短縮に賛成してるってことですね。

 

市民連合と共産党の対談に見る、共産党の「支持されない力」

市民連合
「立憲4党と語る、これからの日本」という特集の日本共産党編
インタビューアーは津田大介たんと元シールズ東海の岡歩美たん 。共産党からは小池晃と吉良よし子。

ページの作り方はとてもキレなものの、たいした内容を言ってるわけではないし、むしろ津田氏の問いかけを上手にかわしているところが目立つが、重要なのはここだろう。

小池 安倍政権があれだけひどいことをやっているのに、支持率が下がらない。その最大の理由は、安倍政権に代わるイメージを、野党が示せていないことにあると思います。野党が責任をもって安倍政権とは違う政治の選択肢があるのだということを、野党共闘によって見せていく必要がある。いろいろな問題を、市民とたたかいながら、学び合いながら、政策を作るということができ始めていると感じています。

うんうん、殊勝な心がけだ。ところがだぁ

津田 共産党は高い理想を掲げられていると思います。その理想は素晴らしいのですが、一方で、「財源は足りるのか?」「現実にはできないのでは?」と考える有権者がたくさんいます。安保法制も、沖縄基地の問題も「現実をみろ」という形で追認してしまう。どうすればそういう人たちに届くのでしょうか?

小池 決して届いていないわけではないと思います。実際に、問題が目の前に突きつけられたときには選挙で結果がでています。例えば沖縄では、選挙で新基地建設反対の明確な民意が示され、沖縄県選出の自民党議員は1人もいなくなりました。福島でも自民党の現職大臣が落選しています。
安倍政権はありとあらゆる手段で嘘とごまかしをやっています。それが通用しなくなったところでは、野党が勝っているのです。僕らの課題はそのごまかしをあばくこと。まだ届いていないというのは、伝えきれていないということです。

そう、共産党の主張は届いている。そして届いているがゆえに「現実を見ろ」と言われているのだ。

 やらねばならないのは届いたから支持される政策である。「現実を見ろ」といわれる政策しか出してこないから支持されないのである。

東京オフ会報告

ということで、本日盛会のうちに終了しました。
会場は非常ににわかりやすい位置にあるのですけど、なぜか迷う人が結構おられて開始時には全参加者の半分しか来ておられない状態でした。で、じゃんじゃん電話がかかってきて「今××にいるんですが」「●○見えますか?」「はい、見えます」「だったら、ムニャムニャ・・・」の繰り返しで往生しましたw

で公開できない情報が多いのですけど、唯一できそうなのは。今年の民青の新歓は全国的に大失敗した模様だと言うこと。なぜ大失敗したのかについては教えてくれた方も把握しているわけではないので不明ですが、民青同盟について初めて知った新入生が検索してうちのBlogや東大教養学部自治会脱退にかかわった某A氏のサイトなどを見ての効果だったら、ますますぼくちん共産党に恨まれるな〜という感じですたw

以上、報告終わり。参加者の皆さん、ありがとうございました。参加者諸兄が書き込むときは本名使っちゃだめよw

共産党赤旗、築地の有毒物質検出を忖度して報道せずw



東京都は先月から築地市場の111地点で土壌ガスを採取し、汚染調査を行っていますが、水産卸売場の建物近くの1か所で採取したガスから0.16volppmのベンゼンが検出されたということです。

 この数値は定量下限値という値を超えているため、都の環境確保条例により最大10メートルの深さまで土壌を調べるボーリング調査を行う必要があるということです。都は、「なるべく速やかに実施したい」とした上で、「ガスは自然に地上に出るものではない上、アスファルトに覆われ、安全性に問題はない」としています。

 築地市場の土壌をめぐっては、2013年に行われた調査で市場の一部から環境基準の2.4倍のヒ素などが検出されたことがわかっていて、調査の結果は小池都知事の市場移転の判断にも影響を与えることになりそうです。(11日21:17)

このニュース、赤旗には当然載っていない。都議選関連の記事で豊洲移転反対の記事が載っているだけだ。さすがは真実を報道する、赤旗の面目躍如といったところかw

それにしても都議選が終わるまでこの件はごたごたしそうだが、こんなことが都知事選の争点になるってのは、ばからしいという他ない。共産党は横でアスベスト処理しているところで魚売れというのだろうか? 

ゼロ戦の飛行にも文句を言うのが共産党w



軍事関連は何でも反対して失笑される日本共産党だが、ここまで来ると爆笑しかないw
今の時代のゼロ戦といえば、アンティークとかクラッシックの域にあるもので、実際博物館に収蔵されている。そんな航空史に残る傑作機が実際に飛ぶのを見たことがある人は戦後70年以上たつ今ではほとんどいない。それを見ることができる貴重な機会だということでみんな喜んでるわけ。

というか、そんなに武器が嫌いなら、武器を描くアニメとか全部文句つけたらいいのにw
水戸黄門から戦隊アニメまで全部禁止せよってやったら、それはそれで尊敬する人も出てきますよ。大多数の人たちからは石投げられると思いますけどw
 

東京オフ開催のお知らせ

このエントリ、しばらくトップに常駐します。

4/9会場案内のメールを送りました。申し込んだのに来ていない人は「こないぞ〜」とメールを下さい。

ということで、二年ぶりに東京オフやります。(最近告知した首都青オフとは別です)

開催日 5月13日(土曜日)
開催時間 18時か18時30分くらいから三時間見当

場所 東京・山手線の駅近のどこかにしようと思っていますが、まだ未定。

会費 4000円から5000円くらい(まだ未定)

特別ゲスト え?まさかまさか、あの人が来られます。
      ひょっとして、吉良よし子かw?
                 
参加要項
事前に
busayodic@gmail.com
に参加希望のメールを下さい。(アドレスはbusayo_dicではなくbusayodicなのに注意)
参加申し込みのメールが来たら二、三日中に「受信したよ」と確認メールを送ります。
皆さんの参加状況を見ながら会場を決めます。
当日直前(1日〜3日前あたり)に会場名と住所、正確な開始時間、そして緊急時の連絡先を書いたメールをお送りします。

人数は希望者が30人前後あたりで締め切ります(それ以上になると大変なんだもん)

ということで、申し込みはお早めに。
 

さんざんほめ称えてたベネズエラに日本共産党説教すw

しんぶん赤旗

日本共産党の緒方靖夫副委員長・国際委員会責任者は9日、都内のベネズエラ大使館を訪ね、セイコウ・イシカワ駐日大使を通じて同国政府と与党・統一社会主義党に、政治、経済、社会的危機が深まっている同国の現状に対する懸念を伝え、事態の平和的・民主的解決をはかるよう日本共産党としての申し入れを行いました。イシカワ大使は、自国政府の立場を説明するとともに、率直な表明に感謝し、申し入れの内容を本国に伝えると述べました。

赤旗を何年も読んできた人は、チァベスのベネズエラを赤旗がさんざ褒め称えていたのをご記憶であろう。チャベスのベネズエラも、今のベネズエラも同じ統一社会主義党だ。

友党として心配するのはいいが、統一社会主義党に対する社会主義をすすめる国としての評価は間違っていたとは思ってないのだろうな・・・これでクーデターか何かで政権交代になったらどういうのだろうか?「ベネズエラ国民の勝利」とか報道したら、大笑いしてあげましょうw
 

 

斎藤和子議員、統計データを見たことないと判明

しんぶん赤旗

財務省が長年、企業の依頼をもとに「貿易統計」の数字を操作していたことが日本共産党の斉藤和子衆院議員の調べで分かりました。日本の輸出入の状況を示す貿易統計は環太平洋連携協定(TPP)や日米経済対話といった通商交渉の前提にもなります。「現在を映す鏡」といわれる統計の恣意(しい)的操作は、政策決定を誤らせる危険な情報操作です。

 貿易統計は、貿易の実態を正確に把握することで、国の政策決定や企業の経済活動に役立てることを目的としています。品目や国ごとに輸出入の金額や量を示しています。

 財務省は、申請のあった企業の情報を秘匿扱いとして貿易統計に含めない“統計隠し”を行っていました。統計に含めると個々の輸出入業者の取引単価などが明らかになる場合があり、それによって損害が生じる恐れがあるという理屈です。

 斉藤氏の問い合わせに同省は、2016年には輸出10品目、輸入19品目で秘匿扱いがあったと回答。個々の品目名は明らかにしていないものの、輸出品目には廃棄物が含まれるとしています。

 輸出入計29品目の秘匿扱いが判明したことで、同省の恣意的な統計操作が長期間、広範囲にわたっていた疑いが鮮明になりました。

斉藤和子議員の話 財務省による貿易統計の秘匿処理は“政府公認の密輸”ともいえるものです。しかも、財務省は他の省庁にもそのことを知らせていません。政府の政策決定を誤らせる重大問題です。

 他の省庁さえ知らない、財務省のホームページにも載っていない秘匿処理扱いを、どうして特定の企業だけ知ることができたのかも疑問です。 

こんなこと貿易統計だけでなく商業統計でも工業統計でも当たり前のように、どっさりと行われていますし、統計表の冒頭では見方の説明として、その旨明記されていますが何かw?

財務省の言う通りで、ある業種に取り組む会社が地域に一社とか二社しかない場合、統計表にそのまま載せると会社の売上や商品の販売高が公表されることになったり、ライバル企業に自分とこの情報を教えることになってしまう。

だから統計表ではたとえば市単位では特定企業の数字がバレる怖れがあり公表できないとなれば、「X」として未公表にして県単位で何十かの会社のデータを合算して特定企業の数字が分からないようになった段階で合算数値を公表するのだ。

斎藤和子議員は、これまで統計表と格闘したことがないのだろう。そして秘書団や国会議員団も統計の詳細な分析などやったことがない。だからたまたま斎藤議員が初めて知った統計操作(笑)に一緒になって、はしゃいでいるのだろう。

まぁ、国会議員が統計データと直接格闘するのはいいとしても、自分の知りたいデータが出てこないからといって国に文句をつけるのはお門違い。自分の無知を晒す恥ずかしい行為です。

そういう時は、プロに聞けばいいんですよ。その業種のプロなら、この地域のこの会社はこのくらいは売っているなんて普通に知ってるし、遠方の会社で知らなくても当たらずとも遠からずの予測はたててくる。

言い換えれば、そういうプロたちに共産党がいかに相手にされていないか、共産党がパイプを持っていないかということをこの記事は示しておるわけです。

大宰ファン氏推薦「集団的自衛権の思想史」




大宰ファンたんの書評
この本を読んで日本の憲法学者、とりわけ東大法学部の憲法講座の関係者(大学教員、内閣法制局職員等)の憲法9条や安保をめぐる学説や理論なるものが、戦後日本の特異な政治的立場や東西冷戦の情勢の中で歴史的に形成されたものであり、決して普遍的でも合理的でもないことがよく分かった。

衝撃的なのは、テレビに出て「安保法制反対」を唱えていた首都大学東京の某(木村草太氏)が、当初は安保法制案を容認していたのに、師匠の長谷部恭男東大教授が反対の論陣を張ると、すかさず露払いに馳せ参じ、「安保法制は憲法違反」と主張する様が暴かれていることだ。きちんとした論理がなく、「さじ加減」でいろいろ変わりうる、欺瞞だらけの憲法学の世界を象徴する出来事だ。

日本は、「表」の憲法(9条)と「裏」の日米安保(在日米軍と自衛隊)のセットで戦後の冷戦時代をサバイバルしてきた。米ソ対決の谷間で、「個別的自衛権」のみが合憲、「集団的自衛権」は違憲という(今から思えば米国に)甘えた無責任な通説が、野党や世論を納得させるという理屈で形成されてきた。それは、本質(「裏」=在日米軍と自衛隊による安全保障)を隠す「イチジクの葉っぱ」(「表」=平和憲法)に過ぎない。一昨年の憲法学者の「安保法制」への異議申し立ては、冷戦後の(特に中国、北朝鮮の軍事的脅威が急激に増す中で)日本の安全保障やその点での国際貢献をどうするかという根本問題を議論せずに、「イチジクの葉っぱ」の形や大きさのみに拘り文句をつけていたわけで、憲法学者の限界、狭量さ、思い上がりを感じる。

結局、安倍政権は「内閣法制局」の理論建てと整合する形に妥協して「安保法制」を成立させたわけだが、冷戦後の安全保障と国際貢献をどうするかという根本問題は残されたままであり、トランプ政権の登場により、今後も日本の政治の焦点なると思われる。

 
出版が2016年の7月ということで、SEALDsが目立ち始めた安保法政反対運動が目立っていた頃に書かれた本のようだ。

以前、松竹伸幸氏の「慰安婦問題を終わらせる」でも少し触れたが、一つのテーマの「思想史」を掘り下げた本を読むと、 論点が整理されると同時に、今の雰囲気に流されることなしに物事を見ることができるようになる。

その意味で、ぼくちんも買うことにしたw 
プロフィール
キンピーをネットアイドルにする怪
正式名称「キンピーを応援する会」サイト構築運営部による息抜きBlogです。
「キンピーを応援する会」サイトは、2005年7/17日にオープンいたしました。
しかし、息抜きというわりには、おかたいこと書いているな……
蛇足……当運営部には、共産党員はいないので、党中央は党員にぬれぎぬを着せることなきようお願い申し上げます。
連絡先

busayodic@gmail.com

コメントは、ライブドアblogの仕様上、一コメント800字まで(以前は400字でした)。スパムに頻出するキーワードを使用すると、コメントがはねられることがあります。スパムメールによく使われるキーワードを使っていないのにコメントが拒否される場合は、上記メールアドレスにお問い合わせ下さい<(_ _)>

当blogは赤旗日刊紙購読だけでも年4万以上の経費がかかっております。少しは助けてやろうかと思うおめでたい方は、下記のリンクからアマゾンや楽天などに飛び、お買い物をしていただけると幸いです。
下記リンクから飛んで行くなら、何を買っていただいても当方に手数料が入ります。

少なくない常連さんから「ブログ運営費用と赤字を寄付してやるから、送金先を書け」とのご要望がありましたので、寄付口座を開設しました。



こちら

をクリックしていただくと、クレジットカードで寄付ができます。

支払いに必要な受取人情報
ちょコム登録メールアドレス busayodic@gmail.com

送金口座番号 312786815

振込先氏名 busayo_dic
おすすめリンク









激安?ギフトショップあい はこちら












Recent Comments
Archives
ケータイで見る時にお使い下さい
QRコード
  • ライブドアブログ