日本共産党・民青同盟悪魔の辞典+ キンピー問題笑える査問録音公開中

日本共産党や民青同盟、またやりよった……ぼやきのブログ キンピー問題サイトアドレスはこちら

横でアスベスト工事している市場の魚、食べたいですか?

しんぶん赤旗
日本共産党の志位和夫委員長が17日、東京都千代田区の東京国際フォーラムで開かれた東京演説会の演説。

基本自民と対決、小池知事とは協調姿勢で都議選をたたかおうとするものだが、小池知事は最後には築地移転を決断すると思うが、そうならない保証はあるのだろうか?

しかし、築地市場の80年あまりの歴史で、有害物質による食品汚染があったでしょうか。一度たりともないじゃないですか。食中毒を起こしたこともありません。80年余の歴史で安全性が証明され、「築地ブランド」として世界中に信頼されているのが築地市場ではありませんか。(「そうだ」の声、拍手) 

食中毒は間違いなく起こっているはず たとえば魚由来のヒスタミン中毒は東京で15年間に35件発生しているが、この中で築地市場から出荷された魚が一切ないと考えられるだろうか?ヒスタミン中毒はそもそも衛生・管理状態がよくても漁獲時には含まれている可能性もあるのだ。

築地再整備は、費用の面でも、工事期間の面でも、営業との両立の面でも、十分に可能であります。都民、専門家の英知を集め、市場関係者のみなさんの合意を得ながら、この道に本格的に踏み出すべきであります。(拍手) 

あ〜もしもし? 築地には原爆マグロが埋まっているし、改修するならたぶんアスベストを扱わなきゃならなくなるよ。もちろん工事するには飛散防止措置をとるだろうけど、アスベスト触っているすぐ横に魚が置いてあるって不安にならないのでしょうかw?地価が汚染されてるなんてもんじゃない。アスベスト除去工事しているすぐ横で魚売ってるんですよ。ぼくちん、マジ恐くてそんな魚買いませんw

ま、それにしても都民の食の安全なんか全く考えていないことが分かりますね、日本共産党は。

 

掛川市でも1人離党1人落選で共産党の議席ゼロに

地方議員関係は、常連のふみタンの下請け掲載屋と化している当blogであるがw、またもや静岡県掛川市で共産議席が壊滅した。

2013年の選挙では2人当選していたが、16日投票の選挙では政党役員の肩書きだった鷲山喜久氏が無職無所属となって当選。もう1人の渡辺久次氏が落選と言うことで共産党は2議席を失った。党役員の職をなくして無職となっていることから離党されたのだろう。

鷲山氏について調べたが、blogやSNSはされないタイプの人らしく、離党した経緯は不明である・・・ま、住民目線か党目線かで揉めたのだろうけど。

 

富山市議選、2人当選で現状維持

政務活動費で大問題になった富山市議会、共産党は前回3人擁立2名当選だったのが、4名擁立2名当選という結果となった。

定数が40から38に減って、候補者は44人から58人と増えた。当選者の1人はトップ当選の4300票近く取っている反面、落選者の中で上位に共産党候補者がいて、ボーダーは2525票。落選候補は、2人であと600票ほどあれば全員当選も夢ではなかった。典型的な票割りの失敗である。

もっとも以前の長崎みたいに全員落選にならないだけマシではある。 

宝島から日本共産党ムック発売



名もなき後援会員たんの書評
さて、宝島社別冊宝島から「日本共産党 思想と正体」が発刊されました。中身はSAPIOや週刊ダイヤモンドや日共本プラス週刊誌で書かれてることをまとめた感じで田原総一郎や長谷川幸洋…ニュース女子っぽい章もある感じでした・
ちょっと違うのは池内さおり、あさか由香、香西かつ介がツイッターで炎上したことをミニコラムで載せたくらい?池内はしょっちゅう記事なってるから珍しくないか

 
まぁ共産党について張らない人が読むにはいい本かも知れない。ニュース女子っぽさというのは、普通のメディアでは言わないことを言っているという意味なら、買いかも。


日本共産党が「押し紙」批判するなんて、何の冗談だw?



共産党も部数が少ないとは言え全国紙で毎月月末ともなると中央委員会から地方機関にケツ叩きのFAXが入る。ひどい時には毎日のように点検と呼ばれる部数確認の電話がじゃんじゃん入ってくるとか。

地域の党員も頑張るけどもいくら努力しても増えない時はあるものというかずっと減紙傾向なわけで。どうしても数字を作りたいときには「浮き部数」を申請して読者拡大ができたということにして難を逃れる。

しかしこれやると架空読者の購読料も自分が払うことになるので、これは減紙するというタイミングを見計らってどさっと減紙申請→これで日曜版なら一ヶ月万単位の減紙なんて月も出てくる。

 赤旗の出張所長を務めたことがある清水ただしが、そういう事情を知らないはずがない。良く素知らぬ顔でこんなことが言えるものだとかえって感心してしまったwww

 

邑南町議会議員選挙、大和磨美氏当選し共産候補落ちる

邑南町選挙速報 
ということで、選挙直前に離党→除籍処分となった邑南町議大和まみ氏が当選し、共産党候補は落選した。邑南町は共産議席1議席だったが、これで共産議席は消滅したことになる。 

大和候補は、前回418票、13番目でで当選。今回は318票、14番目である。共産候補は216票で当選には100票以上足りなかった。惨敗もいいとこである。

 

エキタス、新宿で組合その他、総力挙げて主催者発表1500人

しんぶん赤旗
「貧困なくせ、今すぐ最賃上げよ」。最低賃金の大幅引き上げを求めて15日、全国各地でいっせいに大宣伝、デモが取り組まれました。「いますぐ時給1000円、めざせ1500円」「地域格差なくし、全国一律最低賃金制の確立」をアピールし、大きな注目が寄せられました。 

今回のデモではAEQUITASが労働組合などの旗、のぼりを解禁したことで既存左翼運動とは違うとアピールすることをやめた注目のデモだったわけだが、全労連、国民春闘、AEQUITAS、その他「労働組合の枠を超えた」様々な組合がよってかかって主催者発表1500人だから、集まった人数は少々どころか、かなり少ない。

雇用情勢は、現在人手不足状態で時給1000円はほっといても行きそうな情勢だし、おそらくこのまま運動は縮小していくのだろう。


 

赤旗に情報提供で出勤停止処分、裁判所が正当と認める

京都新聞

共産党機関紙「しんぶん赤旗」の取材に応じたことを理由に、路線バスを運行する「帝産湖南交通」(滋賀県草津市)が懲戒処分を下したのは不当として、同社の元労働組合委員長の50代男性が処分の無効確認などを求めた訴訟で、大津地裁は13日、原告の請求を棄却した。

 元委員長は赤旗の記者からパート運転手の労働問題に関する取材を受け、2014年8月に「運転手が3日間連続の長時間労働をした翌日に、心筋梗塞で入院した」などとする記事が掲載された。

 会社は翌年2月、記事の内容が間違っており、誤った情報を記者に提供して報道させ、社の信用を著しく損なわせたとして、出勤停止10日の処分にした。訴訟で元委員長側は、証言は事実で、記事内容の責任は記者が負うべきで、取材に応じただけでは懲戒理由にならないと主張した。

 判決理由で山本善彦裁判長は、運転手の勤務実態などから、記事内容は虚偽であると認定。「会社の信用を大きく左右する事項について、外部の記者に虚偽の情報を提供した」として処分の妥当性を認めた。

 原告側弁護士は「虚偽と認定されたことも不服であるし、記者に情報を伝えただけで処分理由になるのはおかしい」と話し、控訴を検討するという。 

 提訴したのは2015年4月だから、2年越しのたたかいの結果、負けたことになる。労働組合委員長は、事実をしゃべったが赤旗が曲解してウソ旗になった。自分に責任はないとしたのが認めらなかったと言うことだ。

それにしても、この事件も、赤旗の立場としては大々的に紙面を使って報道すべき内容だが、たぶん裁判所の言うとおり曲解した記事を書いたのだろう。不当だ!と大々的にやっていないことで事情はお察しというところか。

スプートニク(元モスクワ放送)日本語放送75周年

スプートニク

ロシア(ソ連)が日本に向けて日本語で直接報道をし始めてから、今日でちょうど75年になった。その歴史は、今ご覧頂いているスプートニクのサイトともダイレクトにつながっている。おかげさまで新しい読者もどんどん増え、今までの経緯をご存知ない方も多い。この機会に、ロシアから日本における報道の歴史について振り返ってみよう。

冒頭で筆者は「直接報道」と書いたが、その歴史のほとんどはラジオであった。1929年、ソ連の通信・電信当局はドイツ語、フランス語、英語でのラジオ放送「モスクワ放送」を開始。世界初の国際ラジオ局となった。その後中国語など複数の主要言語が追加され、ついに1942年4月14日、「モスクワ放送」の日本語放送が始まった。その頃の主要な放送内容はソ連対ドイツの戦況だった。日本語放送は本来、もっと後から始まるはずだったが、1941年12月の日本によるハワイ・真珠湾攻撃のために予定が早まったと言われている。「日本がナチスドイツの側につき、ソ連と戦闘することを避けねばならない」と考えたソ連指導部は、日本への情報宣伝を一刻も早く始める必要があったのである。

日本語で放送するからには日本語の原稿も、アナウンサーも必要である。日本人初のアナウンサーになったのは福岡県出身の元炭鉱労働者、緒方重臣さん。彼は自ら「ムヘンシャン」という通り名を名乗っており、職場の仲間は彼の本名を知らなかったという。スターリン時代は身の安全のため、本名を隠して働くことは珍しくなかった。彼の呼び名の由来や数奇な運命については、こちらの番組をお聴きいただきたい。ニュース原稿をロシア語から日本語に訳していたのは野坂龍さん。彼女は後に日本共産党議長となる野坂参三氏の妻で、当時はモスクワにあるホテルに滞在していた 

リンク先にあるが、緒方重臣氏はクートベ出身だが、共産党員であったことは一度もないとは驚いた。野坂龍も当時モスクワ一流のホテルに滞在していたが時期が時期だけに暖房も十分ではなく毛布をかぶって翻訳していたとか当時の苦労がしのばれる。

 スプートニクの日本語放送も何度もなくなる危機を迎えたが生きながらえてきたとか。





ということでおっさんたちは、これでも買ってモスクワからの短波をきいていた頃を懐かしもうw
ちなみの当時のぼくちんの愛機はソニーのICF-6800 。これをtwitterに書いたら「このブルジョアめ!」とボコられたw・・・確かに友人知人の中では一番高価なマシンですた。




 

最近共産党を離党した首長多いね・・・

毎日新聞
曽於市の五位塚剛市長(62)は、選挙公約の市長退職金辞退のため、関連の条例改正案を17日開会の市議会に提案する。市などによると、可決されれば、首長の退職金辞退は県内初となる。7月30日の任期満了に伴う退職金から適用する。

中略

五位塚市長は13年7月の市長選で、共産党市議を辞職して無所属で立候補し、市長退職金の廃止などを訴えて初当選した。その後、共産党を離党し、今夏の次期市長選には無所属で2期目を目指し出馬する意向を既に表明している。市長選にはこの他、現職市議が立候補の動きを見せている。 

地域の事情で他政党の支援も受けるときなど、共産党員が党の推薦などを得ずに無所属として立候補することは少ないけどそれなりにある。 それはそれでいいのだが、先の秋田湯沢市長鈴木氏といい、ただでさえ少ない党員首長が2人もほぼ同じ時期に党から離脱するというのはちょっと異常である。

中央から党員首長を締め付ける何か命令でも飛んでいるんでしょうかね?わかりませんけど・・。


プロフィール
キンピーをネットアイドルにする怪
正式名称「キンピーを応援する会」サイト構築運営部による息抜きBlogです。
「キンピーを応援する会」サイトは、2005年7/17日にオープンいたしました。
しかし、息抜きというわりには、おかたいこと書いているな……
蛇足……当運営部には、共産党員はいないので、党中央は党員にぬれぎぬを着せることなきようお願い申し上げます。
連絡先

busayodic@gmail.com

コメントは、ライブドアblogの仕様上、一コメント800字まで(以前は400字でした)。スパムに頻出するキーワードを使用すると、コメントがはねられることがあります。スパムメールによく使われるキーワードを使っていないのにコメントが拒否される場合は、上記メールアドレスにお問い合わせ下さい<(_ _)>

当blogは赤旗日刊紙購読だけでも年4万以上の経費がかかっております。少しは助けてやろうかと思うおめでたい方は、下記のリンクからアマゾンや楽天などに飛び、お買い物をしていただけると幸いです。
下記リンクから飛んで行くなら、何を買っていただいても当方に手数料が入ります。

少なくない常連さんから「ブログ運営費用と赤字を寄付してやるから、送金先を書け」とのご要望がありましたので、寄付口座を開設しました。



こちら

をクリックしていただくと、クレジットカードで寄付ができます。

支払いに必要な受取人情報
ちょコム登録メールアドレス busayodic@gmail.com

送金口座番号 312786815

振込先氏名 busayo_dic
おすすめリンク









激安?ギフトショップあい はこちら












Recent Comments
Archives
ケータイで見る時にお使い下さい
QRコード
  • ライブドアブログ