日本共産党・民青同盟悪魔の辞典+ キンピー問題笑える査問録音公開中

日本共産党や民青同盟、またやりよった……ぼやきのブログ キンピー問題サイトアドレスはこちら

日本共産党の社会主義国評価の歴史w

JBPRESS
天安門から30年、さらに悪化した中国の人権侵害
という筆坂秀世氏の記事、 タイトルのような内容は最初の方だけで、後半は

日本共産党は、社会主義国への評価を、何かあるごとにくるくると変えてきた。

ということで、コロコロ変えてきたことを批判する内容である。 
戦前やコミンフォルム批判の頃までは、まぁある種仕方がない面もあるにせよ、七回、八回大会以降の評価は完全に日本共産党の責任のみで行われるわけだから、この批判は正当である。

しかし、そういうことは党内でホント語られていないし、討議されてきたような気配もない。いや、疑問に思ってた人は何人もいただろうけどそういう人たちの意見は民主集中制によって封じられてきたのだろう。

 

投資はダメ→働けだったら、もっと怒るだろうなw

しんぶん赤旗
 金融庁の金融審議会は3日、老後の備えを口実に若年期からの金融商品への投資を奨励する報告書をまとめました。少子高齢化で公的年金給付は減少が続くとして「自助」を強調。危険があるから投資を避けるのは「豊かな生活のための有力な選択肢の一つを放棄してしまう」とあおっています。

つーぐあいに、共産党は投資を推奨しないわけだが、じゃどうすればいいのかと言うと年金ガー(笑)なのだろう。その年金は低金利で運用できないのでGPIFがリスク張って運用しているわけたが、これも共産党は批判する。

だったら、「高齢者は動けなくなるまで働け」しか選択肢はなくなる・・・。 たぶん共産党的にはそれでいいのだろう。だって70歳80歳の高齢者にポスター張りなどの仕事が出来ることは党活動で試され済みの・・・w

地味に効くツイート(笑)

そういえばYouTuber小池晃どうなった?

しんぶん赤旗
参議院選挙での日本共産党躍進へつなげようと、JCPサポーターの「市民とともにたたかうワークショップ」が1日、大阪市に続いて、東京・党本部で開かれました。首都圏から集まった約40人は、小池晃書記局長・参院比例予定候補、吉良よし子参院議員・同東京選挙区予定候補を交えて意見を出し合いました
中略
小池氏は、サポーターから出された意見に感謝をのべ、以前の会議での提案をうけて、動画サイト「ユーチューバー小池晃」に挑戦していることを報告。「批判だけでなく“共産党はこう前向きに変える”と本気で希望を語っていきたい」とあいさつしました。 

そういえは、そがなこと言ってたよなぁ〜(ってどこの方言やねん?)と思い出して、検索してみると <
ありました!YouTuber小池晃のページがwww 

スタート動画で、いきなり「YouTuberって何?」から来るところなどサービス満点(笑)
もっとも最近の動画になるほど視聴数は減っているわけで、これは時間が経てば増えていくのか、それともスタート二ヶ月で飽きられたのか、ちょっと判断がつきかねる。

YouTuber小池晃の正否は、半年ほどしないと分からないだろう。
 
改訂 YouTube 成功の実践法則60
木村 博史
ソーテック社
2018-04-21

天安門事件30周年、赤旗も報道。

しんぶん赤旗
ということで 、わりとしっかり報道している。
興味深いのは、30年前の天安門事件を糾弾する紙面の掲載された記事で、 ソ連崩壊にもろ手を挙げて賛成したのと同様の、(独善的ではあるが、筋は通していた)日本共産党らしい記事であると言えるだろう。

ちなみに以下の本はおすすめ。天安門事件関係者の30年、人生いろいろだ。





日本共産党は太陽光発電業者の味方ですw

しんぶん赤旗
日本共産党の田村貴昭議員は31日の衆院環境委員会で、九州電力が原発再稼働を進めながら、太陽光発電などの再生可能エネルギー事業者に発電の一時停止を求める「出力制御」を行っていることを批判し、「太陽光発電の接続検討申し込みや接続契約申し込みが減少してきたのは、出力制御が背景にあるのではないか」と追及しました。

九州電力は、需給バランスが崩れ大規模停電(ブラックアウト)を起こしかねないとして、太陽光発電などの停止要請を昨年秋から行い、今年4月からは30回(日数)とほぼ2日に1回の割合で出力制御を行っています。

田村氏は「出力制御が常態化している」と指摘。昨年11月と比較すると、太陽光発電の接続検討申し込みが265万キロワットから123万キロワットに下がり、接続契約申し込みも300万キロワットから233万キロワットに下がっているとして「事業者が売電できない状況が続き、再エネ普及の意欲をそいでいる」とただしました。

以前報道もあったが、九州電力管内では太陽光発電が増えすぎて出力制御を行っているわけだ。太陽光バブルに踊りまくった会社は今生き残りの正念場に入っているというか、耐えられないと倒産という状況だろう。

九州電力としては安定供給のために制御したいし、太陽光発電業者は作れば儲かる太陽光で金儲けしたい。日本共産党は電力の安定供給よりも太陽光発電業者の意向に沿うことの方が大事だと言うことだ。

太陽光発電業者の利潤はどこから出ているのか、一度真剣に考えるべきだろう。

共産党、いつもの「真実の報道」にうろたえるw

胃酸過多たんから教えてもらった、静岡県委員会が静岡新聞にかみついた件w
どう見ても反論機会なんか提供されたら恥かきまくるわけだけど、最初から静岡新聞が応じないと思ってのことだろう。ここで静岡新聞には屋山太郎VS静岡県委員長という論争記事をやって欲しかったwww

それにしても定番過ぎて下らんw

静岡新聞編集局長 様             2019年5月1日

                       日本共産党静岡県委員会

屋山太郎氏「論壇」による日本共産党へのデマ攻撃に抗議するとともに

紙面での反論機会の提供を求める

 静岡新聞4月24日付けの屋山太郎氏「論壇」は、「野党が政権をとるに当たって不可欠なのは『共産党との絶縁』である」としたうえ、その理由として「政党原理が民主主義とは違う」と決めつけている。しかしこれは事実に反するとんでもない言いがかりである。日本共産党は戦前戦後97年間、一貫して国民の自由と民主主義の権利確立のために活動してきた唯一の政党である。

 以下、氏の論拠のでたらめさを指摘して、反論のための紙面を提供するよう厳しく求めるものである。

 屋山氏は、日本共産党の政党原理が民主主義と違うと指摘する論拠として、「民主集中制」と「暴力革命の方針」をあげているが、全く事実に反する決めつけであり、根拠のないものである。

 第一に、「民主集中制」とは党規約において党の運営原則を定めたもので、方針と人事を含めて党員の意見を集めて決定し、みんなで決めたことは尊重して実現するために、みんなで力を尽くすというものである。それは、党内の民主主義を基礎にしたものであり、国民にたいしても統一した方向で責任ある役割を果たす近代政党として当然の運営原則である。屋山氏のいう「独裁手法」とは縁もゆかりもない。

 第二に、政党行動の規範が「暴力革命」ということも根拠のない全くの言いがかりである。日本共産党は結党以来、党の正規の方針として暴力革命などという方針を採用したことは一度もない。「敵の出方論」というのも、選挙で選ばれて政権に就いた時に、これに従わない勢力による暴力的破壊活動にたいして、政府がこれを取り締まるという問題を指摘したものである。暴力革命の方針だというのは、全くの言いがかりである。日本共産党は、国民多数の支持で議会の多数を得て、政治革新を進めるという綱領路線に立って活動している。

 反論の掲載を拒むことは、国民に真実を知らせる報道機関としての役割を放棄するものであることを通告し、重ねて紙面での反論の掲載を強く求めるものである。 

おおっ、護衛艦が非武装だったとは知らなかったよw

しんぶん赤旗
日本共産党の志位和夫委員長は30日、国会内で記者会見し、安倍晋三首相とトランプ米大統領が海上自衛隊の護衛艦「かが」を視察(28日)した際、同艦の改修によって「離れた領域」の脅威から守るのに役立つとトランプ大統領が述べたことについて、「非常に重大な発言だ。護衛艦の改修は空母化そのものであり、歴代政府が憲法上認められないとしてきた武器の保有に他ならない」と批判しました。 

宮本たけしか池内さおりが言っているのかと思いきや、志位たんでした。
いやぁ、ぼくちん、護衛艦が武器を保有していなかったとは知りませんでしたwww
もってたら憲法違反なんですね www

・・・・・・というか、もうこんな寝言で議論するのやめましょうよ。 あほらしい。

「多数者」と「多数派」の違いについて

月刊Hanada2019年7月号
花田紀凱責任編集
飛鳥新社
2019-05-24


話題になった「97歳、日本共産党は認知症だ」の記事を読む。書いていたのは旧民社党系の人で、内容は当blogの読者には先刻ご承知の話しか載っていない。

でも、ひとつだけ言っておく。
共産党の言う「多数者革命」の「多数者」と「多数派」はどこが違うのか?多数派なら革命など無用ではないかと書かれている件、ちょっと突っ込んでこうw

かつて日本共産党には「多数派」という分派がありました。宮内勇らが、いつまで経ってもスパイを排除できない共産党指導部に反旗を翻して作った分派で、事実上袴田里見1人だった指導部の何百倍・何千倍も「多数派」はいたのてす。しかし、コミンテルンは袴田を支持したから何百倍大きくても分派として切られてしまったのでつ。。。

なので「多数者」と「多数派」の区別をする理由は一応あるのですよw
共産党を認知症だと書く人の文脈とは別の意味ではあるのですけど。

 

奥野日野市議、再び党とバトルモード

奥野倫子日野市議のfacebook
通りすがり氏から教えてもらったが 、要するに共産党は臨時に雇用された元副市長の河内氏なる人物が問題になっているが、それを共産党は臨時雇用の市職員全員の問題と曲解して、ハンターイとやっているようだ。これに奥野議員が

彼らにとっては、初めから「反対のための反対」ですから、苦しい論理展開にならざるを得ないわけですが、このやり方は、流石に酷すぎます。
彼は私を離党に追いやった時も、こんな風に嘘の上塗りをして、我が身を守ろうとしました。
なので、「本丸は問わないから、せめて、嘘に嘘を重ねたことだけでも自己批判して欲しい」と伝えたのですが、
地区指導部が自己批判をして求心力を失うようなことだけは、党のためにも絶対にしないのだそうです。
党のため?自分のためでしょ?

いつものように学習しない連中が日野市議団のようである。

にしても、奥野さんって、ぼくちんが想像していた以上に大物議員と言うか、周囲の人望がある方だったんだなと・・・共産党は惜しい人材を放出し、敵にしてしまった・・・
 
プロフィール
キンピーをネットアイドルにする怪
正式名称「キンピーを応援する会」サイト構築運営部による息抜きBlogです。
「キンピーを応援する会」サイトは、2005年7/17日にオープンいたしました。
しかし、息抜きというわりには、おかたいこと書いているな……
蛇足……当運営部には、共産党員はいないので、党中央は党員にぬれぎぬを着せることなきようお願い申し上げます。
連絡先

busayodic@gmail.com

当blogは共産党関係なら何書いても原則削除しませんが、一つだけ、マルチハンドルはご遠慮下さい。毎回違うハンドルネームを使うのは禁止にしております。今後気がつけば、警告した後、改善が見られない場合は書き込みを禁止します。




スパムに頻出するキーワードを使用すると、コメントがはねられることがあります。スパムメールによく使われるキーワードを使っていないのにコメントが拒否される場合は、上記メールアドレスにお問い合わせ下さい<(_ _)>

当blogは赤旗日刊紙購読だけでも年4万以上の経費がかかっております。少しは助けてやろうかと思うおめでたい方は、下記のリンクからアマゾンや楽天などに飛び、お買い物をしていただけると幸いです。
下記リンクから飛んで行くなら、何を買っていただいても当方に手数料が入ります。

少なくない常連さんから「ブログ運営費用と赤字を寄付してやるから、送金先を書け」とのご要望がありましたので、寄付口座を開設しました。



こちら

をクリックしていただくと、クレジットカードで寄付ができます。

支払いに必要な受取人情報
ちょコム登録メールアドレス busayodic@gmail.com

送金口座番号 312786815

振込先氏名 busayo_dic
おすすめリンク









激安?ギフトショップあい はこちら












Recent Comments
Archives
ケータイで見る時にお使い下さい
QRコード
  • ライブドアブログ