日本共産党・民青同盟悪魔の辞典+ キンピー問題笑える査問録音公開中

日本共産党や民青同盟、またやりよった……ぼやきのブログ キンピー問題サイトアドレスはこちら

共産党議員がエロゲ弾圧?くま川鉄道記念切符販売中止

くま川鉄道
くま川鉄道特別応援切符が発売予定だったのが中止になったと言うのだが、興味深いツイートを見つけた。 

ニュースがまだ出ていないようで詳細は不明なのだが、記念切符の絵柄を書いた人がエロゲ関連の仕事をしていた人なのが問題視されたのだろうか?

共産党も政治塾をやってみたらw?

産経新聞

東京都の小池百合子知事が立ち上げる政治塾「希望の塾」が10月30日に開講することが分かった。同塾のホームページ(HP)が開設され、小池氏が塾長として「これまでに見たことのない政治、東京大改革に向けて、ともに歩みを進めて参りましょう」などとメッセージを寄せている。

 HPによると、講義内容は都政改革に関する具体的テーマや地方自治制度、議会・選挙制度など。第1期生の募集の一次締め切りは20日で、18歳以上、日本国籍を応募資格としている。受講料は5万円で、女性と学生に割引がある。 

この手の「塾」は政党の候補者になりえるタマ探しで、金を取るのも本気でやる気があるのか試すためで、塾で儲ける気なんてさらさらないことは誰でも知ってるが、共産党はこうした塾をたぶんやったことがない。

共産党の政治家は、全て党員になってから選抜・教育されるのでそもそもこうした塾は必要ないのだけど、候補者に不足する地方機関が多いのは事実だし、外部から人材を募るのも悪い選択ではない。そうした人たちを塾で教育し、党員にして候補者にする選択肢があってもいいではないか。

が、実際にやっても「共産党から政治家になりたい」と思っている人材がどれほどいるだろうか?
それが党本部もわかっているから、塾をやらないのかも知れないねw



 

1月解散説、もしやられたら民進党だけでなく共産党も死ぬ

ニュースポストセブン
1月解散説が持ち上がっていることについて

「首相がこのまま解散しなければ、アベノミクスの成果もあがらず、拉致問題など外交も手詰まりで、世論の批判が高まることが予想される。だからそうなる前に解散の時期を探っている。

 それでも、もし、新代表選出で民進党の支持率が上がっていれば、さすがに解散を躊躇せざるを得なかったはずです。しかし、現実は逆になった。この臨時国会で与党はここぞとばかりに蓮舫代表の二重国籍問題を追及してイメージダウンを仕掛けて解散の地ならしをしてくるでしょう」

 民進党の若手からは早くも1月解散の場合、「壊滅的な敗北になる」という悲観論があがっている。

 安倍首相はさぞや笑いが止まらないに違いない。 

1月に解散したら、とってもよくないのは共産党も同じ。 だって1月に党大会やるってもう決めているんだもん。

共産党の党大会は他の政党と違って相当大掛かりなもの。毎回決議案の内容を事前に配布して党員の意見を募って意見集約をする。この手続きだけでも膨大なものだ。党大会が2年から三年に一回ひらくことになっているのに、近年四年に一回になっていたのは大きな国政選挙とかぶると準備ができないためその間隙を縫って開かれていたから。

そんな党大会が総選挙と同じ1月開催となれば、確実に党員はオーバーヒートしてしまう。
もちろん、オーバーヒートしてしまったからと言って共産党が大きく議席を落とすとは思わないと言うか、近年の共産党の勝利は選挙活動が弱まっていても議席を伸ばしていたわけで、下手すりゃ蓮舫問題のおこぼれで議席をかえって増やすかも知れない。

 し・か・し、党の弱体化には全く歯止めがかかっていないわけで、財政問題も悪化はしても改善はない。あるとすれば何度も言ってる日刊紙の休刊と政党助成金の受け取りしか以外にはないがどちにもやりそうにない。

さて、どうなるんでしょうか? 

志位委員長、健忘症を発症か?

しんぶん赤旗
今の自民党が昔の大政翼賛会ぽくなっているという、いつもの内容に、安倍たんの所信表明演説で自民党議員が総立ちになって拍手したことを「異常で異様な光景だ」とか言いながら

共産党の志位委員長も「23年間国会にいるが、こんな光景は初めて。国会の上に自衛隊を置く。首相の号令で全員起立。これは危うい」と。多くが抱いた不快さ。それは70年余を過ぎて政治の場によみがえった歴史の亡霊を見た気持ちの悪さでしょう。
 
 

も一つ書いておこう
前の自民党にはまずいとなったら退くだけの「のりしろ」というか「ゆとり」というか、政策に幅があった―。長く自民政治と対決してきた日本共産党の不破哲三さんも昨年の記者クラブの講演で語っています。“今の自民党はすっかり変わった。モノカラ―(単色)の政党といってよい”▼政治的には対極の立場に身を置いてきた2人が同様の印象をもつ安倍自民党。 

自民党も共産党のような政党になったことを批判してどうするの?w 

志位たん、安倍初心表明演説批判で自分語りをする

しんぶん赤旗

日本共産党の志位和夫委員長は26日、国会内で記者会見を行い、安倍晋三首相の所信表明演説についての感想を問われ、「自分にとって都合の悪いことは一切語らず、隠し通す。大変不誠実な内容だったと思います」と厳しく批判しました。

 志位氏は、安倍首相が演説で安保法制=戦争法に一切ふれなかったことについて、「安保法制は強行から1年、全面的な運用段階に入りつつあります。南スーダンでの発動ということもいま言われています。ところが今日の所信表明で、ただの一言も安保法制について語りませんでした。自分にとって都合の悪いことは一切語らず、隠し通す。大変不誠実な演説でした」と述べました。 

志位たんは議論が終わり、採決したら賛成が多くて反対は共産党ほか少なく、安保法政は成立したという事実を語らず、全面的な運用段階に入ったと言っているわけですね。 すなわち、すでに終わっている話をオレが蒸し返そうとしているのに無視するとは何事かと怒っているわけですね。お母さんに、おもちゃ買ってと売り場で泣き叫んでいる子供みたいですね。

おもちゃ買って〜と、子供がお母さんに訴えるのは悪いことじゃないですが、志位たんは天下の公党の党首であります。そんな立場の人が言うべきは、安保法制廃止を訴え、国会で多数決をとり賛成多数で廃案に追い込むことです。それができないからってこういう言い方をするのは、もはや自分語りでしかありませんなw
 

SAPIOにょって赤旗の昔の天皇報道がサルベージされる。

ニュースポストセブン


SAPIOの共産党が嫌われる特集の小出し記事・・・こんだけ小出しにされると買いたくなるじゃないかwww
 
昔の赤旗で昭和天皇をどれほど悪し様にののしっていたのかを書いている。 

さらに、これが昭和天皇崩御の報道になると、紙面は激烈な言葉で埋めつくされる。1989年1月8日付の見出しには、「人権抑圧と侵略戦争を推進 天皇が死去」「天皇制は社会進歩に逆行 天皇の死去で識者が談話」「内容も運営も憲法じゅうりんする代替わり儀式」といった言葉が並んでいる。

六面と七面の見開きでは、「1926年・1989年 戦前・戦後の天皇裕仁の63年」と題した大特集があり、「暗黒政治と侵略戦争の責任者」「対米従属の国家体制の『象徴』」といった見出しが並ぶ。

 昭和天皇批判の報道は連日続き、1989年1月10日付では一面で「天皇裕仁の死去と日本共産党の立場 宮本顕治議長に聞く 日本歴史上最大の惨禍もたらした人物」と題された記事が載り、宮本・日本共産党議長(当時)が〈日本歴史上最大の惨禍を日本国民にあたえた人物が、支配勢力のいわば最大の礼賛、哀悼のなかで世を終わるということの矛盾ですね〉と述べている。

そんな言われ方をしていても、皇室はてんかん持ちだった共産党都議会議員の万引き事件を「てんかんの発作」 として擁護して、実際その通りだったことがわかって結果として党を救ったこともありましたなぁ。

全学連、更新なしで、もうすぐ一年

全学連ニュース
全学連のホームページが無くなって、Blogだけになってからかなりたつが、年数回の更新は行われていた。しかし昨年十月に更新があったきりで、もう九月も末である。

無くなっているわけではないと思うが・・・ 

共産党は「もんじゅ」を続けないと日本の核開発疑惑が強まると言ってますw

しんぶん赤旗・きょうの潮流
もんじゅの廃炉含めた再検討の件だが、すごいことを言っているw

政府の原子力関係閣僚会議が、もんじゅについては「廃炉を含め抜本的な見直しを行う」との方針を確認しました。もんじゅの廃炉が検討対象なら、プルトニウム循環を中心にした核燃料サイクル政策の破たんを意味します。世界から、大量のプルトニウムを保有する日本に対する核兵器開発の疑惑の目も強まります▼にもかかわらず閣僚会議は核燃料サイクルを推進する新計画も発表しました。内外に破たんを取り繕う姿でしかありません。

 
CkuRUVpUoAcd0sC いったいどこの国が、日本の核開発疑惑など言っているのでしょうかw?
それに、もんじゅを廃炉にしたら核開発疑惑が持ち上がるなら、そうした疑念をはらすために続ける努力しないといけませんよねw?

てかね、赤旗編集部は根本的に日本語を理解する力が不足しているんじゃないでしょうか。アホすぎです。

公明党が共産党批判ブックレットを刊行

公明党ニュース
革命政党色を押し隠し、“ふつうの党”の顔つきをするスマイル・ソフト路線を押し進める日本共産党の素顔、ホンネを徹底追及した公明ブックレット(32)「日本共産党の矛盾と欺瞞」【写真】が発刊された。

選挙目当ての野党共闘や自衛隊をめぐる“人殺し”発言などを批判した公明新聞記事とともに、月刊「公明」に連載された「日本共産党史の“暗部”」や、単行本「公明党50年の歩み」に掲載された公・共「憲法論争」の内容などを収録。共産党の本質が分かる決定版となっている。共産党の安保政策の矛盾を突く「欺瞞に満ちた共産党の安保政策」などの書き下ろし原稿も掲載されている。

定価400円(税別)。購読申し込みは「公明出版サービス」(https://komeiss.jp新しいウィンドウで開く)、電話での申し込み・問い合わせ(平日の午前9時から午後5時まで)はtel:0120.959.947まで。 

アマゾンでは出てこないので、直接公明出版サービスに申し込まないと買えないようだ。ブックレットなので


ほどののボリュームもないだろう。したがってあまり触手も動かない。

高江で共産党、マッチポンプの大活躍

しんぶん赤旗

沖縄県国頭郡東村と国頭村にまたがる米軍北部訓練場のヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)の建設と工事用資材の搬入道路の造成工事で樹木の違法な大規模伐採、赤土対策の手抜きなど国の“やりたい放題”の実態がわかりました。その様子がわかる空撮写真を本紙は22日までに入手しました。

 

国頭村安波地区のN1地区の二つのヘリパッドは樹木の伐採がほぼ終わった状態ですが、赤土流出防止柵の設置や裸地の被覆などの措置がされてなく県赤土流出防止条例違反が明らかです。

 東村高江地区の通称「N1裏」からH地区を結ぶトラックによる資材搬入道路の造成が、森林管理署との事前協議と異なる大量の樹木を伐採しながら急ピッチで進んでいることがわかります。

 搬入道路は、これまで「環境に配慮する」として工事用モノレールの敷設を予定していた通路予定地を9月に入って突然、トラックによる搬入道路に変更。道路幅も沖縄防衛局が県に報告していたのは3メートル幅でしたが、実際には並行して走る旧村道と同じ6メートルに拡大されました。伐採量は事前協議よりも倍増しており違法です。搬入道路は県への説明とは異なるルートのうえ、赤土のまま放置されているのがわかります。


と言う感じなのだが、共産党が支持する連中が工事車両を通さず、ヘリでの建機搬入を強いられている状況で工事が進められていることなど一切無視。

北部訓練場の返還に反対し、沖縄の基地負担を重いままにしようとしている共産党は、片方で工事妨害している側につき、自分たちの妨害のために工事が遅延していることを叩くと言う・・・
あんたたち。いったいどこのヤカラですの? 
プロフィール
キンピーをネットアイドルにする怪
正式名称「キンピーを応援する会」サイト構築運営部による息抜きBlogです。
「キンピーを応援する会」サイトは、2005年7/17日にオープンいたしました。
しかし、息抜きというわりには、おかたいこと書いているな……
蛇足……当運営部には、共産党員はいないので、党中央は党員にぬれぎぬを着せることなきようお願い申し上げます。
連絡先

busayodic@gmail.com

コメントは、ライブドアblogの仕様上、一コメント800字まで(以前は400字でした)。スパムに頻出するキーワードを使用すると、コメントがはねられることがあります。スパムメールによく使われるキーワードを使っていないのにコメントが拒否される場合は、上記メールアドレスにお問い合わせ下さい<(_ _)>

当blogは赤旗日刊紙購読だけでも年4万以上の経費がかかっております。少しは助けてやろうかと思うおめでたい方は、下記のリンクからアマゾンや楽天などに飛び、お買い物をしていただけると幸いです。
下記リンクから飛んで行くなら、何を買っていただいても当方に手数料が入ります。

少なくない常連さんから「ブログ運営費用と赤字を寄付してやるから、送金先を書け」とのご要望がありましたので、寄付口座を開設しました。



こちら

をクリックしていただくと、クレジットカードで寄付ができます。

支払いに必要な受取人情報
ちょコム登録メールアドレス busayodic@gmail.com

送金口座番号 312786815

振込先氏名 busayo_dic
おすすめリンク









激安?ギフトショップあい はこちら












Recent Comments
Archives
ケータイで見る時にお使い下さい
QRコード
  • ライブドアブログ