日本共産党・民青同盟悪魔の辞典+ キンピー問題笑える査問録音公開中

日本共産党や民青同盟、またやりよった……ぼやきのブログ キンピー問題サイトアドレスはこちら

7•17大阪オフ、決行します!

以前から何時決めるんじゃと何度も問い合わせのあった7•17大阪オフ決行します。

日時
7月17日、18時か19時開始。
場所
大阪市北区某所(まだ決めていません)

しめきり
7月10日

特にサプライズゲストなどは来られませんが、参加したい方はご連絡下さい。

7月1日追記
18日変更案も出ていますが、いかがでしょう?
現状申し込み4人(検討中1人)ですが、18日でもいいなら変えます


7月2日追記
変更せず、7月17日、18時か19時開始とします。
理由は、18日、幹事のぼくちんが動けないからです。

7/4追記
参加者はみなさんマスク付けてこられるでしょうが、再びコロナの流行の兆しがあるためフェイスシールドを着用していただきます。フェイスシールドはこちらで用意します。


オール沖縄大ピンチ、議長職を野党に取られる。



6月30日、県議会の本会議場に並んだオール沖縄の県議たちに衝撃が走った。
 議長選の開票の結果、オール沖縄が推した与党会派の県議が落選したからだ。しかも、破ったのは、同じ与党系の会派「おきなわ」(3人)代表の赤嶺昇県議だった。県議は48人。このうち赤嶺氏は26票、与党候補は22票だった。赤嶺氏が自民や公明などの県政野党から票を得ていたのは明らかだった。
 「動きを察知できなかった」。与党県議の一人は赤嶺氏と野党の動きをつかめなかったことに唇をかむ。 

一ヶ月前から一部では予想されていた動きで、 それがとうとう現実化したということで、オール沖縄は難しい局面に入った。小池晃は、こんなこと言ってたが、民意は逆転しつつある。
 

都知事選であれだけ大負けしても民意は我にありという晃くんだから、こんなところで突っ込まれてもカエルの面にションベンだろう・・・でもそれでいいのかね?

都知事選、小池晃の負け惜しみ




都知事選、共産党の赤い小池の言葉 
同じく宇都宮氏を支援した共産党の小池晃書記局長は党本部で「都の25小選挙区すべてで宇都宮氏の選対が市民と野党によってつくられ、次の総選挙に向けた共闘をさらに前に進める上でも大きな力になるのではないか」と述べた。小池氏の再選については「信任されたなどと思わないでいただきたい。コロナ対策などの論戦を回避した。小池都政が支持されたとは夢にも思っていただきたくない」と批判した。 

緑の小池が支持されたと言えるかは、確かに疑問もあるかも知れない。他に有力馬がいなかったから消去法で緑の小池になった可能性は否定できない。

しかしだね、さんざ宇都宮氏の足を引っ張っといて今ごろ何を言っているのだw?
 

都知事選、野党共闘が宇都宮の足を引っ張り惨敗



 

ということで、宇都宮たん当選するとは思わなかったが、野党が黙っておればもう少し善戦できたはず。
反省が必要だ。 

東京都知事選・開票を見ながら雑談

といっても、おそらく宇都宮けんじは開票直後1分以内で瞬殺されていると思いますけどw
敗因は、たぶんこれが一番大きい。
 

予想通り、瞬殺でした。

マルクスに共感する学生が増えても、共産党には見向きもしない



田上孝一さんとおっしゃるマルクス哲学者執筆の記事
私が大学を卒業し、哲学研究を志して大学院に入学したのは1989年のことである。言うまでもなくベルリンの壁が崩壊した年であり、その二年後にマルクスと常に結び付けられていたソビエト連邦が崩壊したのである。まさにマルクスの名は地に落ち、マルクス及びマルクス主義は歴史の遺物として屑籠に放り投げられんとするご時勢だったわけである。

そんな時に、卒業した大学の院ではマルクスが本格的に研究できないからと、別の大学に進学した私は、客観的には相当偏屈な人物ということになるだろう。しかも日本ではマルクスは通常、経済学の枠で研究されているので、哲学、特に倫理学研究をすることにこだわってあくまで哲学専攻枠でマルクスを主要な研究対象に選んだ私は、今思えば全くの向こう見ずだった。 

そんな田上先生は学生から化石みたいに思われて、批判されることも多かったのだが、25年経つとアラ不思議!学生から文句を言われなくなったばかりか、マルクスに共感する学生が増えてきたのだとか。

そうなった理由はひとつは、ソ連が過去の歴史になり、ニュートラルにマルクスを見るようになったのに加えて、 日本のワーキングプアのおかれた状況が疎外として理解されるなどの原因が考えられるそうだ。

そんな時代になると若者が大挙して赤旗を読み、入党に列をなすようになっても不思議ではないが、そんなことは起きていない(たまには来るみたいだけどw)もはや日本共産党は共産主義の政党ではないことを見透かしているようだ。

6月の党拡大、実質的後退


「党員拡大を中心とする党勢拡大特別月間」の初動だった6月のとりくみの結果は、党員拡大では、全都道府県で入党者を迎え、第28回党大会以降最高の473人が入党を申し込みました。「しんぶん赤旗」読者の拡大では、日刊紙256人増、日曜版683人増、電子版140人増となり、5月につづいて前進をかちとりました。

 党員拡大は、残念ながら現勢では後退の見通しとなっていますが、全党は、新型コロナへの対応で事実上抑制してきた党員拡大のとりくみを起こすために大きな力を注ぎ、変化をつくりました。それをやりながら、独自の努力を強めて、読者拡大での連続前進をかちとりました。「党員も、読者も、前進を」――この努力と成果は、「特別月間」成功にとってきわめて重要な意味をもつものです

500人程度の入党者数では、後退は止められないと党が認めたわけだが、1000人、4桁はきわめて難しいでしょうね。

というか、忘れてたけど今月から純増・純減発表するのかと思ってたら、なしなのにがっかり。現勢の前進を目指すのに現勢の純増・純減がわからないっていったいなんなのだろうか?
あまりにひどくて発表できないのではないか?そう勘ぐられても仕方ない。

池内さおりのダブスタ、また指摘される



下着売りか選挙かの違いはあるけど、どちらも決して強制されて下着姿しているわけじゃないですよね〜。鳥越応援していたのよりは、まだマシにしてもw

いや、それ覇権主義じゃないから。



独裁の間違いじゃね?

結城りょう府中市議、除籍処分



結城亮市議会議員の除籍について

結城亮府中市議会議員が6月25日に、突然、「離党」をブログで明らかにし、新会派結成を表明しました。その内容は、日本共産党党員として、綱領と規約を守る立場を自ら放棄したものです。

日本共産党調狛府中地区委員会は29日、党規約第4条に定める党員の資格を明白に失ったものとして、結城議員を党から除籍することを決定しました。

結城議員の歴史認識などは、党の立場とは全く相いれないものです。

また、結城議員には、ただちに議員を辞職することを求めました。

日本共産党の公認候補として、みなさんの支持を得て当選した議員がこのような事態になりましたことを、心からお詫びいたします。

2020年6月29日

日本共産党調狛府中地区委員会

 鳥越応援していた口でよく言うよw
 
プロフィール
キンピーをネットアイドルにする怪
正式名称「キンピーを応援する会」サイト構築運営部による息抜きBlogです。
「キンピーを応援する会」サイトは、2005年7/17日にオープンいたしました。
しかし、息抜きというわりには、おかたいこと書いているな……
蛇足……当運営部には、共産党員はいないので、党中央は党員にぬれぎぬを着せることなきようお願い申し上げます。
連絡先

busayodic@gmail.com

当blogは共産党関係なら何書いても原則削除しませんが、一つだけ、マルチハンドルはご遠慮下さい。毎回違うハンドルネームを使うのは禁止にしております。今後気がつけば、警告した後、改善が見られない場合は書き込みを禁止します。




スパムに頻出するキーワードを使用すると、コメントがはねられることがあります。スパムメールによく使われるキーワードを使っていないのにコメントが拒否される場合は、上記メールアドレスにお問い合わせ下さい<(_ _)>

当blogは赤旗日刊紙購読だけでも年4万以上の経費がかかっております。少しは助けてやろうかと思うおめでたい方は、下記のリンクからアマゾンや楽天などに飛び、お買い物をしていただけると幸いです。
下記リンクから飛んで行くなら、何を買っていただいても当方に手数料が入ります。

少なくない常連さんから「ブログ運営費用と赤字を寄付してやるから、送金先を書け」とのご要望がありましたので、寄付口座を開設しました。



こちら

をクリックしていただくと、クレジットカードで寄付ができます。

支払いに必要な受取人情報
ちょコム登録メールアドレス busayodic@gmail.com

送金口座番号 312786815

振込先氏名 busayo_dic
おすすめリンク









激安?ギフトショップあい はこちら












Recent Comments
Archives
ケータイで見る時にお使い下さい
QRコード
  • ライブドアブログ