日本共産党・民青同盟悪魔の辞典+

日本共産党や民青同盟、またやりよった……ぼやきのブログ

2020年10月・情報提供、雑談スレ

建てるの忘れてました<(_ _)>
 

日本共産党の未来だよなこれ・・・

「官邸がTV監視」ぶはは、これがスクープwww



こうしたことから、ネット上では、同様に政治や芸能でスクープ記事を放ち続ける「週刊文春」と並べて、「日本には週刊文春と赤旗以外の報道機関は存在していないの?」「赤旗へ出向して取材力を鍛えよ」など新聞やテレビを皮肉ったツイートも目立つ。「NHK受信料を払わずに赤旗に切り替えたい」という書き込みもあった。 


テレビ番組を文字起こししたら監視だってwww
公開情報を文字にしただけで監視になるならテレビ番組メモする人はすべてテレビを監視しているわけだ・・・今日のおかずのレシピを文字化しても監視になるんだねw

まぁ、こういうことは共産党も裏ではやってるんじゃないかな?いや、やってないかも知れないな・・・やってたらもっと国民から笑われない政策立案や行動をするだろうw 

民青の危機に対し、目標年間2000人拡大



みんな同じこと言ってて、読むのがつらい。

特別月間が終わった直後に党勢拡大の大運動か?


一方で、党勢拡大の現状はどうなっているでしょうか。

 18日の時点で、入党申し込みは180人で9月の同じ日と比較して7割、入党の働きかけは1175人で5割弱にとどまっています。「赤旗」読者拡大は日刊紙・日曜版とも8割台の到達です。

 率直に言って、現状は、党員現勢での大幅後退、「赤旗」の大量減紙の危機にあると言わなければなりません。

 幹部会決定は、二つの新しい挑戦をよびかけました。一つは“次の総選挙で政権交代と野党連合政権を実現すること”、いま一つは“「月間」でなくても党勢拡大で毎月前進を続ける党へと成長すること”です。しかし、現状のままで推移すれば、二つ目の挑戦は、幹部会決定実践の最初の月である10月から頓挫することになりかねません。「中心」と位置付けた党勢拡大でずるずると後退するなら、「特別月間」で積み上げた貴重な成果を失い、総選挙勝利の保障もつくれないという事態にも陥りかねません。

 同時に、「特別月間」が終わったこの10月にも引き続き前進できれば、党の歴史でもやったことのない、「月間」が終わった後の継続的前進という快挙を実現することになります。幹部会決定で掲げた目標、新しい発展方向をやりぬく展望は間違いなく大きく切り開かれます。

 全党のみなさん。ありとあらゆる手だてをとって、この10月の党勢拡大で必ず前進をかちとろうではありませんか

特別月間に必死にがんばった党員諸兄に言うことがこれですよ。
日刊紙の休刊が近いと言う人は日に日に増えている感触があるけど、ホントそうなりそうな感じ。 


 

吉岡正史たんのダブルブーメランw




Q20 共産党お抱えの興信所もあるそうですが…

 A20 査問の根拠を調べるため、党中央委員会は外部法人として作った興信所も使って身元調査をします。筆者の査問の時、査問を担当した幹部が誤ってこちらに興信所が作った資料を「突きつけて」くれてわかりました(笑)。後で自分に関する調査報告書に記された興信所名と住所を基に登記簿謄本でそこが党員経営の法人と確認し、査問する側を「党内問題(筆者の査問)を党外(外部法人)に持ち出したあんたたちは規約違反だ!」ととっちめました。結果、除籍されましたが、その後も何年かは、しばしば尾行されましたね。尾行する者にかつての同僚の姿もチラホラ見かけましたが(笑)。身内の党員の素行調査のために興信所を作り、尾行や調査を行うという共産国家の秘密警察ごっこをやる体質がなくならない限り、日本共産党が民主主義社会でのまともな政党とはいえないと思います



文科省の前川喜平前事務次官=依願退職=は、組織的天下りの仕組みを認識した上で、仲介役のOBと協力。文教協会には、次の天下りのため代表理事のポストが空くか確認していました。

 脱法的なOBルートを現職官僚と天下り官僚が支えている形です。どうやってOBルートが作られたのか、天下り団体の実態は―など真相究明が必要です。

 日本共産党の宮本岳志衆院議員の調査で、文科省から大学への天下りは09年以降、のべ133人に上ることが判明。退任後2カ月以内の再就職は90人近くいて、省庁のあっせんの有無などの究明が求められます。 

「#私が日本共産党に入った理由」というハッシュタグ



twitterで上記青いところ(ハッシュタグと言う)をクリックしたら有名無名関係なしにいっぱい出てくる。斜め読みしてて一番面白かったのが上記の西山あさみ元名古屋市議(コペンねーちゃんw)

赤旗、11年ぶりに書籍広告の検閲を復活



いやあ、びっくり。11年ぶりの復活である。
 私が書いた『安倍政権は「倒れた」が「倒した」のではない——野党共闘の可能性を探る』だが、「赤旗」19日付に広告を出そうとしたら、広告制作会社の担当者より、「赤旗」から「19日付への掲載は見送りたい」との連絡があったとメールで知らせてきた。メールによると「赤旗」が言っている理由は以下。
「本がまだ確認できていなかったそうで送ってほしい」「その後、判断させていただきたい」
 本の内容次第で判断するということだ。このやり方って、出版社にとっても不満が出るものだが、「赤旗」にとっても得策ではないということで、ここ10年ほどはやられていなかった。
 だって、「このページのこの記述があるから広告は出せない」となったら、「じゃあ、そこを黒塗りすれば出せるのか」「言われるとおりに直せばいいのか」ということになる。つまり、検閲につながっていくようなやり方で、共産党はそんなことをするのかと思われてしまうやり方からだ


むかしからやってましたよね。こういうのとかの広告拒否とか

 

 

自衛官の大学入学拒否をデマと言うデマ


は氏のコメント

デマと言っているが、 過去に都立大や京大で自衛官入学拒否のためにたたかった人達の否定は止めろ。 

51年防衛白書
防衛庁では、職務上の必要から、隊員を国内の大学院等において研修させているが、受験の際その辞退を求められたり、願書が返送されたりするといった事例は、昭和39年から46年までの間に、延べ約50人に及んだ。最近は表面上少なくなっているが、これはトラブルの予想される大学には出願を避けている等の理由によるものであり、今なお、希望の学校、科目等を自由に選べない実情にある


どっちがデマやねん。
それから10年後 

日本学術会議の共産党枠



東京外国語大学教授 篠田英朗たん

安保法制懇を通じて、安保法制成立の基盤となったのは、国際政治学者や国際法学者たちであった。日本学術会議でのプレゼンスが小さい層だ。これに対して、日本学術会議では、安保法制に反対した法学者の方々の比率が大きい。中でも相当数が民主主義科学者協会法律部会(以下「民科」と記す)という共産党系の組織に属する方々である

210人の日本学術会議会員は3部に分かれ、人文・社会科学系の会員は70人枠の第1部に属する。その中で法学者は例年2割の15人程度を占める。その法学者の3分の1(以上)の4〜7人が「民科」に属する者であるのが通例である。

こうした伝統と構成を持つ日本学術会議が、2015年の安保法制をめぐる喧騒後に、「1950年声明」の伝統に訴える運動を起こしたのは、むしろ必然的であった。なお今回、3人の「民科」の法学者が会員任命を拒否されたので、上記の比率は、法学者11人に、公開情報で確認できる限りでは「民科」枠は1人に、激減となった。 
プロフィール
キンピーをネットアイドルにする怪
正式名称「キンピーを応援する会」サイト構築運営部による息抜きBlogです。
「キンピーを応援する会」サイトは、2005年7/17日にオープンいたしました。
しかし、息抜きというわりには、おかたいこと書いているな……
蛇足……当運営部には、共産党員はいないので、党中央は党員にぬれぎぬを着せることなきようお願い申し上げます。
連絡先

busayodic@gmail.com

当blogは共産党関係なら何書いても原則削除しませんが、一つだけ、マルチハンドルはご遠慮下さい。毎回違うハンドルネームを使うのは禁止にしております。今後気がつけば、警告した後、改善が見られない場合は書き込みを禁止します。




スパムに頻出するキーワードを使用すると、コメントがはねられることがあります。スパムメールによく使われるキーワードを使っていないのにコメントが拒否される場合は、上記メールアドレスにお問い合わせ下さい<(_ _)>

当blogは赤旗日刊紙購読だけでも年4万以上の経費がかかっております。少しは助けてやろうかと思うおめでたい方は、下記のリンクからアマゾンや楽天などに飛び、お買い物をしていただけると幸いです。
下記リンクから飛んで行くなら、何を買っていただいても当方に手数料が入ります。

少なくない常連さんから「ブログ運営費用と赤字を寄付してやるから、送金先を書け」とのご要望がありましたので、寄付口座を開設しました。



こちら

をクリックしていただくと、クレジットカードで寄付ができます。

支払いに必要な受取人情報
ちょコム登録メールアドレス busayodic@gmail.com

送金口座番号 312786815

振込先氏名 busayo_dic
おすすめリンク









激安?ギフトショップあい はこちら












Recent Comments
Archives
ケータイで見る時にお使い下さい
QRコード
  • ライブドアブログ