日本共産党・民青同盟悪魔の辞典+ キンピー問題笑える査問録音公開中

日本共産党や民青同盟、またやりよった……ぼやきのブログ キンピー問題サイトアドレスはこちら

東京オフ、12月開催

当エントリ、しばらくトップに常駐します。期間中何度か追加訂正もします。

2019年12月7日夜、東京にてオフ会します。

会場は今のところ未定。

時刻はだいたい17時から19時くらいに開始、会費は飲み放題で5000円ほど覚悟しといてください(実際はもう少し安く考えてます)

申し込みは、
続きを読む

日本共産党に若い世代が続々入党しているそうですwww



若い世代がいま日本共産党を知り、相次いで入党しています。
おお!月何人入党していますか?月1000人?2000人?楽しみですね。 で、そんなに入ってるなら

中部地方で夏の参院選後に入党した大学1年生2人は苦学を余儀なくされていました。そのうちの一人は、家庭が経済的に苦しく仕送りがありません。授業料は免除されていますが、四つのバイトをかけもち、バイト収入月5万円を家賃、食費に充てる生活。もう一人も下宿代を浮かせるために毎日往復4時間もかける長距離通学です。 

こういう人たちは時間的余裕がないのですから、選挙で投票だけお願いして、党員になりたいと言われても断らないといけませんね。もっと経済的に余裕のある人でないと党員にしちゃいけないと言うか、党員にしてしまうと党活動に時間をとられてますます貧困に追い込むことになりますよ・・・党員獲得ノルマのために名前だけ欲しいのなら別ですが、若者が相次いで入党しているのでからノルマなんて楽々達成ですので、ここは積極的に断りましょう。

ということで、党員諸君!党大会に向けた大運動など必要なさそうです。若者が相次いで入党しているんですから、もうすぐ高齢党員諸兄は赤旗配達や集金をはじめとした党活動から開放されますね。
え?何寝ぼけたことを言ってるのかだって?だって真実を報道する赤旗が報道しているのですよ。赤旗がウソを書くとでもw?
 

共産党北海道委員会がツィキャスを始めました。



放送は終わっているが、下にライブとして放送内容らしき動画がある。
畠山和也たんほか二人が最低賃金と労働組合についてしゃべっているのだが、コンビニのノルマとか、働きに出る高齢者が増えてパークゴルフ(ってなんだ?)の仲間が減った高齢者の話とか、もう世の中の何を見ているのかと.....w

コンビニは今ノルマどころが人がいなくて東大阪の某店では24時間営業やめさせてくれともめてるのは多くの人が知っている。もめてなくても今やコンビニで外国人労働者が働いているとか普通だ。
高齢者がなんちゃらゴルフに出てこなくなって働いている?けっこうなことじゃないてすか!何ちゃらゴルフとか老人会みたいな活動なんかやりたくないと言う高齢者は多いし、働いてりゃぼけないというか、日本の労働人口の減少に打てる対策は女性と高齢者が働くことなのは自明のこと。

誰でも60歳まで働いたら後は悠々自適なんて時代はかつてなかったし(できたのは大企業勤務とか一部の人だけ)、これからもそういう時代は来ない。もっと現実と時代の変化をよく見ましょう。

せめてこれくらい読んでる人をリスナー(視聴者)対象にしないと、アホしか共産党相手にしてくれないよ。
日本人の勝算: 人口減少×高齢化×資本主義
デービッド アトキンソン
東洋経済新報社
2019-01-11

 

吉良佳子、スーパー堤防建設に反対した過去の政策が発掘される



まぁ〜こんな大災害が来るとは思わなかったと言ってしまえばその通りだしスーパー堤防はまだすべて完成しているわけでもない。なので反論はまだできるのだけど、この時期に発掘されるのは・・・・かつての炎上クイーンだから痛くも何ともないかもw

永年党員証もらってても党は辞められるようだ。

永年党員証
永年記念ファイル某所から永年党員証と記念ファイル?の写真が送られてきた。赤いのの中身はビニール袋ファイルだそうなので。。。クリックしたら拡大します。

1987年入党から30年、2017年に永年党員になられた方のものだが、永年党員になってもこれを返したら党を辞めることができるようだw


70歳はまだからだが動いても、80越えると動かないわけで、それでも活動してくれと懇願されても動かん体は動かない。
 

大運動がうまくいかないので「集中期間」やります


ということで党大会までの大運動が目標達成見込み薄なので

小池晃「大運動」推進本部長は15日、党本部で「10月目標達成、全支部総決起をはかる集中期間」(10月16日〜11月5日)の成功をよびかける訴えを行い、党内通信で全国に中継されました。「訴え」は次の通りです。

ということなのだが、背景にあるのは
宮城県の仙台東地区の佐藤克之地区委員長は、地区委員長アンケートで「60年安保から70年安保あたりに入党された経験豊富な同志が支部の政治的にも実践上も大黒柱だが」「ここ数年で党組織が一気に瓦解していく危機感がある」と率直に語りつつ

ということで、ここで踏ん張らないと本当に党組織が瓦解する危機感がある。しかし

「しかし前進できる客観的条件が情勢と今の党の方針の中にあることを実感している」「政治の変化を望み、わが党の連合政権路線に期待する声は老若男女を問わず満ちているのを感じている。その中で法則通りに党建設の独自追求がきちんと位置付けば、前進できるのではないか」と語っています。

 佐藤地区委員長が語るように、今までにない動きが広がっています。市民と野党の共闘で力をあわせてきた方、ジェンダー平等社会をめざすとりくみをすすめてきた方、JCPサポーターとして頑張ってきた方の入党が相次いでいます

 「しんぶん赤旗」が100万部を割ったことの報道が衝撃を広げ、“党と「しんぶん赤旗」を守ろう”という激励と購読も広がっていま

というなら、なぜ集中期間をやらなければならないのか、突っ込まれて答えられる党幹部はいないだろう。

この党大会がおわったあとには、解散総選挙が控えているかも知れない情勢だが、反動は大きそうですね。
 
 

韓国・チョグック法相辞任



日本のHanadaの文在黄朝鮮労働党秘密党員疑惑の特集から火が点いて、とうとう不正やりたい放題のチョグック法相の辞任までやってきました。韓国でも保守派の巻き返しが続いており。文在黄大統領はますます追いつめられつつあるようです。

月刊Hanada2019年11月号
花田紀凱責任編集
飛鳥新社
2019-09-26

 

福岡にオトコ高橋千鶴子がいたw



この人のようですね



高橋千鶴子、前日の無知ツイートを削除する



いや、誰も不安になんか思っていないのよ。
元教師で、現職の国会議員で国土交通委員なのに、そして何年も前から何度もダムの放流が行われていたのに、何も学ばなかった無知を笑われ、責められているのです。 

高橋千鶴子、文句垂れる前に国土交通の勉強しろw



高橋千鶴子プロフィール
秋田県能代市出身、大館桂高校から弘前大学で青森県人に。私立高校教師、県議1期経て2003年から比例東北で日本共産党衆議院議員。現在6期目。2011年3月11日、東日本大震災と原発事故。被災地歩き、福島県内外で避難している人々と会い、国会論戦重ねる。農林水産→厚生労働→現在国土交通委員。復興特委員。現場の声届け頑張る。 

TAMO2師匠も書き込んでこられているが、これまで大雨が降ると、何度もダムの放流が行われてきたわけだが、千鶴子たん体脂肪ほどに知識は蓄えていないと言うか、国土交通委員にあるまじき知識の欠如に呆れてモノが言えない。
元教師が勉強しないでどーすんだよ? 
プロフィール
キンピーをネットアイドルにする怪
正式名称「キンピーを応援する会」サイト構築運営部による息抜きBlogです。
「キンピーを応援する会」サイトは、2005年7/17日にオープンいたしました。
しかし、息抜きというわりには、おかたいこと書いているな……
蛇足……当運営部には、共産党員はいないので、党中央は党員にぬれぎぬを着せることなきようお願い申し上げます。
連絡先

busayodic@gmail.com

当blogは共産党関係なら何書いても原則削除しませんが、一つだけ、マルチハンドルはご遠慮下さい。毎回違うハンドルネームを使うのは禁止にしております。今後気がつけば、警告した後、改善が見られない場合は書き込みを禁止します。




スパムに頻出するキーワードを使用すると、コメントがはねられることがあります。スパムメールによく使われるキーワードを使っていないのにコメントが拒否される場合は、上記メールアドレスにお問い合わせ下さい<(_ _)>

当blogは赤旗日刊紙購読だけでも年4万以上の経費がかかっております。少しは助けてやろうかと思うおめでたい方は、下記のリンクからアマゾンや楽天などに飛び、お買い物をしていただけると幸いです。
下記リンクから飛んで行くなら、何を買っていただいても当方に手数料が入ります。

少なくない常連さんから「ブログ運営費用と赤字を寄付してやるから、送金先を書け」とのご要望がありましたので、寄付口座を開設しました。



こちら

をクリックしていただくと、クレジットカードで寄付ができます。

支払いに必要な受取人情報
ちょコム登録メールアドレス busayodic@gmail.com

送金口座番号 312786815

振込先氏名 busayo_dic
おすすめリンク









激安?ギフトショップあい はこちら












Recent Comments
Archives
ケータイで見る時にお使い下さい
QRコード
  • ライブドアブログ